auかんたん決済がAppleコンテンツの決済に対応


auかんたん決済とはauが提供しているキャリア決済機能なのですが、そのauかんたん決済が日本で初めてAppleコンテンツの決済に対応しました。

そのため、コンビニでiTunesコードを購入し、その度に金額をチャージしていた方は、今後、そのような手間を掛ける必要はありません。

お持ちのiPhoneから簡単に金額をチャージする事が出来ます。

iPhoneユーザーにとっては朗報ですね。

ただ、au利用者の中には、かんたん決済自体を知らない方、使い方の分からない方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、auかんたん決済がAppleコンテンツに対応するメリット、auかんたん決済をAppleのコンテンツ決済に対応させる設定方法を紹介したいと思います。

決済対応コンテンツ

今回、App Store、Apple Music、iTunes、iBookの商品がキャリア決済から購入出来るようになりました。

そのため、月々の携帯電話料金と合わせてアプリの購入代金、音楽のダウンロード料金、電子書籍の代金を支払う事が出来ます。

今までは、クレジットカードかiTunesコードより、必要な金額をチャージしていたと思いますが、これからは支払い方法の中から「キャリア決済」を選ぶだけですぐに決済手続きをおこなえます。

また、iCloudの追加容量購入も対象となっているようです。

auのiPhone利用者は、月々の携帯電話料金と一緒にコンテンツ利用料を支払えるため、非常に便利ですよね。

auかんたん決済を利用するメリット・デメリット

上記でもお伝えしましたが、iTunesコードを購入しなくても良いと言う点は間違いなくメリットになります。

コンビニに出向かなくても簡単に金額をチャージ出来るため、非常に便利に利用出来ますよね。

また、ゲームアプリの課金や音楽のダウンロードにも役立ちますね。

ゲームアプリの場合、アイテム課金やキャラクターのガチャなど好きなときにおこなえますので、ゲームにストレスを感じる事がなくなりますし、音楽のダウンロードに関しては、久々に聞きたくなった、欲しくなった音楽を忘れないうちにダウンロード出来るため大変便利です。

ただ、使い過ぎには注意して下さい。

簡単に決済手続きをおこなえると言っても、後々、代金を支払うことになります。

安易に課金しすぎると、翌月の支払いで大変な目に遭う事にもなり兼ねませんので、ご自身の許容範囲を超えない利用を心掛けて下さい。

初期設定方法

auかんたん決済をAppleコンテンツ購入に利用するためには、事前に設定しておく必要があります。

ただ、設定と言っても誰でも簡単におこなえますので安心して下さい。

下記にて画像付きで解説致しますので、是非参考にして頂ければ幸いです。

【ステップ①】
次の順にタップして下さい。
「ホーム画面の設定」⇒「iTunes & App Store」⇒「Apple ID:~」

auかんたん決済設定1

【ステップ②】
次の順にタップして下さい。
「Apple IDを表示」⇒「お支払情報」

auかんたん決済設定2

【ステップ③】
お支払い方法で利用する決済種類が表示されますので、その中にある「キャリア決済」にチェックをし、ご利用中の携帯電話番号を入力して終了をタップして下さい。
そうするとSMSで確認コードが送られてきますので、そのコードを入力すれば初期設定が完了します。

auかんたん決済設定3

他のキャリアは?

ドコモやソフトバンクはどうなるのか気になるところですが、今現在はauだけの対応となります。

ただ、ソフトバンクは「今後対応する可能性があります。」と公表しているため、今すぐではないにしても、近い将来、Appleコンテンツの代金をソフトバンクのキャリア決済から購入出来るようになると思います。

ドコモに関しては、今のところ何も公表されていません。

ですが、他の2キャリアが対応すれば、ドコモも対応する事になると予想出来るため、今すぐじゃないにしても、今後、全てのキャリア決済からAppleコンテンツの決済をおこなえるようになると思います。

決済の便利さ、手軽さからiPhoneの需要がさらに高まりそうですね。


サブコンテンツ

このページの先頭へ