連休明けの金欠は大問題!お金を使いすぎたときにはキャリア決済現金化

連休明けの金欠に頭を悩ませたことのある人はたくさんいますよね?

それもそのはず。

連休中に遊びに出かけると財布の紐は自然と緩くなり、予想外の出費がでることも多数。

連休明けにお金の計算をしたら考えている以上に資金が減っていることも・・・

ですがこのような事態はある程度予測できることです。

ここでポイントになるのは、金欠に陥ってしまった場合の対策を用意できていたのかということ。

このポイントこそ金欠に陥るか陥らないかの分かれ道になるんです。

そこで今回の記事では、連休明けの金欠に役立つ一時的な金策方法から、即日で現金を工面できるキャリア決済現金化について解説していきます。

連休明けの金欠で困った場合の対処法として役立ててください。

連休後は金欠になりやすい。年末年始やGW、お盆休みは要注意!

欧米ほどバケーション休暇は多くないですが、日本にもそれなりに多くの休日が設けられています。

お正月にゴールデンウィーク、お盆にシルバーウィーク、それぞれの祝日と土日が重なることで大型連休になることもあるでしょう。

しかし連休といっても素直に喜べるのかといえばそうとも限りません。

ずっと自宅警備員になって引きこもっているのならいいのですが、まとまった休みが取れるとイベントとして旅行に出かけたり、普段できないような自分癒しの時間に使ったり、お出かけスポットに足を延ばしてみようとする人も多いはず。

もちろん思い出ができますし、心も体も満たされることが多く楽しい休日となるものですが、いかんせん「お金」がかかります。

できるだけお金を使わないように節約を心がけても、お出かけマジックにかかって気持ちも財布の紐も緩みがち。

「今日だけだから」「もう来れないから」など、自分に言い聞かせるような言い訳を心の中で唱えながら財布を開いてしまうことも少なくないですよね?

家にいるような感覚でゆっくりお金の計算をする時間もなく、楽しいイベントの中で過ぎていく休日のその後、「こんなにお金使ったの?」と青ざめてしまう経験をした人もたくさんいることでしょう。

お金を使いすぎた

ですが使ってしまったものは取り戻せませんし、楽しんだ分のお金を払い戻すこともできません。

後悔するような出費をしてしまったことに後から気付いたとしても後の祭り。

「この程度なら後からどうにでもなるし大丈夫!」と大雑把などんぶり勘定をしがちなイベントでは、予想以上に出費がかさむこともよくある話なのです。

連休明けになって現実に戻されたそのとき、目の前の金銭状況は一気に金欠に陥ってしまう状況を招く布石になり得ます。

イベントを中心とした計画ではなく年間を通した金銭管理を徹底する。

この意識を持つことがマネーライフを充実させるコツになるのです。

お金を気にしすぎるとせっかくの連休がつまらなくなる

生活がある以上、節約を意識することは良いことです。

しかしお金のことばかり考えてしまい度の過ぎた節約をしてしまうと、せっかくの楽しいイベントもつまらなくなってしまいます。

そこでしか食べられないご当地グルメや名産品、その場所でしか経験できないこと。

節約を考えるあまり楽しみを徹底的に我慢するようでは、何のために旅行やイベントに出かけるのか分からなくなってしまいます。

気を引き締める意識は絶対的に必要ではありますが、やり過ぎな節約は元も子もなくなる結果を引き寄せてしまうでしょう。

つまらないことにお金と気力と体力を使ってしまえば、後に残るのは「後悔の念」ばかり。

旅行、イベントで得たはずの楽しい思い出や心と体の癒しも忘れてしまうくらいに・・・

コレって本当に意味がありませんよね。

だったらずっと家の中で過ごし、イベントで失うものをすべて温存したほうがよっぽど有意義な休日になります。

しかしそこで問題になるのは、「休日なのに何もできなかった。」「休日なのになにもしなかった」という後悔の念。

連休は使い方によって良かったと思える結果と何かしら後悔を抱えてしまう結果の2択になります。

自分の人生をコントロールできるのは自分だけ。

連休だからと浮かれすぎずに計画的な過ごし方を意識することで、よりよい休日を楽しむことができるようになります。

もちろん遊びに行けば想定外の出費がでることもしばしば。

それを含めた管理ができるようになればベストですよね?

ですが実際に管理しようとしても日々の生活の中では先の予定が立てにくく、管理そのものが難しいのも現実です。

それでもできるだけ時間を作って計画を立ててみてください。

連休のイベント、毎月の生活費、最低限の貯金など、「使うお金」「使えるお金」を決めておくのです。

お金の管理

ポイントは「使えるお金の余力」も含めて計画を立てること。

旅行やイベントでは必ず余分な出費がでてしまうものです。

そのため余力を含めた計算を事前におこなっておくことで、後々「なんでこんなにお金がないの?」という非常事態を避けることができるようになるのです。

余力分を使わなければ儲けもん。

そのまま貯蓄に回すこともできれば、他の出費に充てることができる追加の余力にもなってくるのですから。

連休後の一時的な金欠は仕方ない!ピンチに役立つ金策方法とは?

いざというときに現金を作る手段はいくつかありますが、状況によっては難しくなるものもあります。

そこであくまで参考までに、金欠でピンチのときに切り札となる金策方法をメリット・デメリット含め紹介していきたいと思います。

「自分にはどの金策方法が適しているのか?」この点を考えながらご覧ください。

親に頭を下げて借りる

金欠のとき真っ先に浮かぶのは「親からの支援」である人は多いですね。

しかし家族と言ってもそれぞれに生活があります。

もちろんお金をすぐに用意できない場合もあります。

自立できていない状況に怒られることもあれば状況次第で縁を切られてしまう危険性もあるため、それなりの覚悟が必要になる金策です。

親しい友人に借りる

親友であっても他人は他人。

一時的な金欠時には助けてくれる可能性も期待できますが、お金の貸し借りがあった場合、今までの関係は継続できないという覚悟が必要になってくるでしょう。

口に出さなくとも主従関係ができてしまったり、友人からの信頼をなくしてしまうケースも珍しい話ではありません。

売れる物を売って現金化する

高価な品物やマニアが欲しがるレア商品を持っているのであれば、現金化することで金欠に陥るようなピンチを乗り越えることもできるでしょう。

しかしせっかく手にしていた価値あるものを手放してしまうことで、後から後悔してしまうこともあります。

可能な職場であれば給料の前借をする

小さな個人経営の職場であったり前払い制度がある会社であれば、前借を金策の一つとして利用することができます。

ですが今の時代、なかなか対応してくれる職場はありません。

クレジットカードのキャッシング機能を使う

クレジットカードには商品を購入するだけでなく、現金を引き出せるキャッシング機能が備わっています。

即金が用意できる方法なので金策の一つになるでしょう。

ただしすべてのクレジットカードでキャッシングできるとは限りません。

限度額が上限に達しているのであればもちろんのこと、キャッシング機能が使える設定になっているかどうかでも変わってきます。

キャッシング機能がない場合、申請をすることで利用可能になる場合もありますが、その際には再審査が必要になるため時間がかかってしまうことから即金を用意することはできません。

カードローンや消費者金融を頼る

まず審査が必要になるため現金を手にするまでに時間がかかります。

書類審査の他に職場への在籍確認もあります。

金融ブラックリストに載っている場合や何かしら各業者の審査基準から外れてしまえば審査も通らないので、ただただ時間の無駄になってしまうリスクも発生するでしょう。

貯蓄型の保険から引き出す

保険にはいくつかの種類があります。

中には保険機能がありながら貯蓄もできるタイプがあるので、貯蓄型保険に入っているのであれば引き出すことも可能。

ただし貯蓄型にもさまざまな種類が存在し、いつでも引き出しができるもの、また決まった額が溜まるまで引き出せないものなどがあり確実な金策とは言えません。

光熱費の支払い延滞

最終手段になりますが光熱費をいったん未払いにする方法もあります。

次回の再請求時に支払いをすれば電気ガス水道などが止められることはありません。

ただし再請求をうっかり未払いにしてしまうことで、生活に支障がでてしまうリスクはあります。

またクレジットカード決済では利用できませんので要注意です。

キャリア決済現金化を使う

大手携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)を使用している場合には、キャリア決済を現金化する方法で現金を作ることができます。

支払いは翌月の携帯電話料金と合算になるため、支払い自体を忘れることもなく利用しやすい金策になります。

即金を望むならキャリア決済現金化一択!即日対応の安心サービス!

金欠になった場合、一刻の猶予もないくらい追い込まれてしまうこともあるでしょう。

とにかく金策は時間。

優先順位が時間となるため、できるだけ早く即金で対処できる金策が必要になってきます。

しかし数ある金策の中から即日で現金を用意できる方法を考えても、現実的には難しいものです。

そんな中、唯一即金でお金を用意できるのが「キャリア決済現金化」です。

場所も時間も選びません。

もちろん審査や面倒な手続きも一切ナシ。

他の誰かに金策していることを知られることもなく、即日で対応してもらえる安心感もメリットですね。

キャリア決済現金化

ただし利用できる携帯キャリアには限りがあるので、もし大手携帯キャリア以外の携帯電話を使っている場合、キャリア決済を利用できる携帯電話に切り替えることで事前準備が完了します。

携帯電話料金の未払いや遅延などがある場合、キャリア決済自体を利用できないので支払い状況をクリアにしておくことも忘れないようにしてください。

せっかく安心して即金ができる金策でも、いざというときに使えなければ何の意味もありません。

無職でも学生でも、誰でもすぐに現金を即日で用意できるため、「使えるようにしておく」だけでも保険になるでしょう。

連休後の金欠はよくある話。事前に解決策を用意しておこう!

自由な時間が増える連休は、気持ちの緩みからお金を使いすぎてしまうこともよくあります。

なるべくお金を使わないように意識することも大切ですが、より良い人生を楽しむためにも金欠になったときの解決策を用意しておく。

この点が非常に大切なポイントになります。

金策の準備は万が一の保険!

また金欠時の保険があるだけで気持ちに余裕が生まれます。

気持ちの余裕

人間とは不思議なもので、余裕があることで気を引き締められるケースもあるんです。

もちろん余裕があることで調子に乗ってしまい、さらなる金欠に苦しんでしまう人もいますが、余裕がある状態を「ただの余裕」ではなく「金策」だときちんと意識できる人は、無駄に使いすぎる行為を未然に防ぐことができるのです。

どんなことでも先に準備していた人が勝つ世の中。

「ピンチに応じて対応すればいいや!」「何とかなるさ!」と軽い気持ちで過ごしている人ほど金欠スパイラルに陥ってしまい、少しの金欠から毎月金欠になっていく悪循環に呑み込まれてしまいます。

何度もピンチを迎えてはいけません。

ピンチになる状況をどのように防ぐかを考えると、やはり事前準備の有無が大きく影響してくるでしょう。

今回紹介したキャリア決済現金化を金欠時の対策として考えておくのも、ピンチを回避する事前準備になりますよ。

金策の一つとして、また万が一の保険としてキャリア決済現金化を是非とも検討してみてください。

お申込みはこちら

LINEからのご連絡も可能です。
友だち追加数

お知らせ:ワイモバイル、UQモバイルではキャリア決済現金化に対応することができません。ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願いいたします。

振込手数料、入金反映時間に関しては各金融機関の入金反映時間よりご確認下さい。尚、各金融機関の営業時間に準ずるものとします。

お名前(必須)
フリガナ(必須)
電話番号(必須)
メールアドレス(必須)
利用端末(必須)
決済種類(必須)
初めてのご利用ですか?(必須)
申込金額(必須)
金融機関名(必須)
支店名(必須)ゆうちょ銀行の場合は店番、記号のどちらかを入力して下さい。
口座番号(必須)
振込名義(必須)
ご質問・ご要望ご質問、ご要望などがあれば記入下さい。

私は18歳以上です。

上記の内容で宜しければチェックを入れて送信ボタンを押して下さい。



クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部は、キャリア決済現金化に関するさまざまな知識、携帯電話のお役立ち情報をいち早くお伝えするために日々活動しています。こちらの記事に対し、ご意見、ご要望など御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。お送り頂いた内容を確認した後、次回の更新時に反映させて頂きます。