ドコモが携帯電話の不正利用対策で2段階認証を導入


フィッシング詐欺などによる被害を防止するため、ドコモがセキュリティコードを利用した2段階認証を導入しました。
これで全ての被害に対応出来ると言う事ではないのですが、安全性が今までより格段に上がる事は間違いないですね。

そもそも2段階認証とは、今までのID、パスワード確認の後、さらに追加してセキュリティコードによる確認をおこなう事で、今まで以上に安全にログインするための仕組みとなっています。

ドコモのdアカウントで設定したID、パスワードを使いログインする事で色々なサービスを利用出来るのですが、フィッシング詐欺などの被害に合い、設定してあるID、パスワードが外部に漏れてしまった場合、第三者に不正利用されてしまう危険があります。
ですが、2段階認証を利用する事によって、ID、パスワードでの確認に加え、お手持ちの携帯端末に送られるセキュリティコードでの確認が追加になります。

少し手間が掛かってしまいますが、これによりセキュリティコードが届かない第三者による不正ログインを防止する事が出来ます。
また、セキュリティコードの有効期限は、携帯端末に送られてから10分と短めの設定になっているため、その点もセキュリティ面に関する一つの利点となりますね。

ドコモ携帯電話2段階認証

今現在は強制的に設定される事はありませんので、必要な方はお使いの携帯端末よりdメニューにログインして頂き、2段階認証を「利用する」に設定すれば、その後、ID、パスワードで確認した際に、次の画面でセキュリティコードの入力を求める2段階認証が表示され、携帯端末情報を登録すれば次回以降のセキュリティコード入力作業は省略されます。
もちろん2段階認証によるセキュリティコードを毎回入力する事も可能なので、皆様のご都合に合わせた設定が好ましいですね。

こちらはごく稀なのですが、2段階認証の設定をしていない方や「利用しない」に設定している方でも、ドコモ側で利用状況を総合的に分析し、安全にご利用頂くために必要と判断すれば、2段階認証によるセキュリティコード入力画面を表示し、本人確認をおこなう場合があります。
この場合も、上記と同様に初回のみセキュリティコードの入力を求める2段階認証画面が表示されるのですが、次回以降はセキュリティコードの入力を省略出来ます。
必要であれば、毎回セキュリティコードの入力を求めるように設定する事も出来ます。

ドコモ携帯電話2段階認証

2段階認証手順① / 通常のログインと同様にID、パスワードでログインしてください。
2段階認証手順② / ドコモから送られたセキュリティコードを確認して下さい。
2段階認証手順③ / 2段階認証画面にセキュリティコードを入力して下さい。

アプリやネット通販を頻繁に利用する方は設定しても良いかと思います。
特にアプリ利用者ですね。
スマートフォンやiPhoneの普及に伴い、たくさんのアプリが公開されていますが、その全てが優良アプリではありません。
昔と違い、今現在はアプリの中にフィッシングサイトが紛れている確率が非常に高いです。

少しの手間暇でセキュリティ面が向上するのなら今のうちに2段階認証を設定しておくのも良いかも知れませんよ。


サブコンテンツ

このページの先頭へ