現金化サービスの換金率を高くするポイントを紹介します!


キャリア決済枠を現金化する上で一番重要なポイントは換金率ですよね?

既にお分かりかと思いますが、換金率とは、お申し込みされた金額に対して、何パーセントの割合で現金に換金出来るかを表したパーセンテージとなります。

例として、弊社のドコモユーザーに対する換金率の場合、10,000円のお申し込みに対して7,000円のご入金、50,000円のお申し込みに対して35,500円のご入金となります。

10,000円に対しては換金率70%、50,000円に対しては71%と、お申し込み金額が高くなればなるほど、換金率も高くなる仕組みとなります。

その事を踏まえた上で現金化サービスを利用する際の換金率を高くするポイントを紹介したいと思います。

キャリア決済で利用出来る決済枠の上限を確認する

キャリア決済枠を確認する

まず、ご自身の携帯電話に設定されているキャリア決済枠の上限を確認しましょう。

どの位の範囲で決済枠を利用出来るのかしっかり把握しておかないと、後の金銭トラブルに繋がり兼ねません。

キャリア決済現金化サービスは誰でも手軽に利用出来ますが、その分、計画性を持ったゆとりある利用を心掛けましょう。

一度に申し込む金額を増やす

現金化の換金率について

上記でも説明致しましたが、現金化サービスは、申し込む金額が高くなればなるほど、それに比例して換金率も高くなる仕組みとなります。

そのため、キャリア決済枠を現金化する際は、細かく何度も申込手続きをおこなうより、金額の高い状態で一度に申込手続きをおこなった方が換金率は高くなります。

例)ドコモユーザーの場合

10,000円(申込金額)×70%(換金率)=7,000円(入金額)
10,000円毎に月5回の現金化 / 7,000円×5回=35,000円

50,000円(申込金額)×71%(換金率)=35,500円(入金額)
50,000円を月1回で現金化 / 35,500円×1回=35,500円

比べて頂ければお分かり頂けますが、10,000円を5回に分けて現金化するより50,000円を一度に現金化した方がご入金額は500円高くなります。

このように、細かく月数回に分けて現金化するより、一度にまとめて現金化した方がお得だと言う事が言えますよね。

携帯電話を2台所有されている方は合わせて利用する

スマホ、iPhone2台持ち

スマホやiPhoneを2台持ちしている方は少なくありません。

プライベート用、ビジネス用で分けている方や通話専用、データ通信プランで分けている方、iPhone端末、アンドロイド端末で各1台ずつ所有している方などライフスタイルに合わせて使い分けされている方が目立ちます。

携帯電話を2台所有されている方がキャリア決済枠を現金化する場合、2台の決済枠を合わせてご利用頂くと換金率が高くなり、通常よりお得となります。

例)ドコモを2台所有していた場合

ドコモ1台目 / キャリア決済枠上限:30,000円
ドコモ2台目 / キャリア決済枠上限:30,000円
現金化出来る決済枠の合計:60,000円

別々にキャリア決済枠を現金化した場合の換金率は72%ですが、このように決済枠を合わせて利用する事で75%に引き上げる事が出来ます。

もし、2台を同時に現金化したい場合は、お申し込みフォーム内にある備考欄に「2台で現金化を希望」とご記入頂ければすぐにご対応致します。

ですが、現金化する携帯キャリアの組み合わせで注意点があります。

2台合わせた現金化に対応出来るキャリアの組み合わせは以下の通りとなります。

① ドコモ+ドコモ
② au+au
③ ソフトバンク+ソフトバンク
④ ワイモバイル+ワイモバイル
⑤ ドコモ+au
⑥ ソフトバンク+ワイモバイル

こちらの6通りの組み合わせであれば、決済枠を合わせた現金化をご利用頂けます。

キャリア決済枠を合わせた現金化をご利用頂く場合、組み合わせの確認を事前におこなう事をおすすめ致します。

最後に

弊社クイックチェンジでは、お客様に少しでも高い換金率でお振り込み出来るよう、最善の努力を致します。

ご不明な点、ご相談など御座いましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

弊社スタッフが親切・丁寧に分かりやすくご回答致します。

今後とも弊社クイックチェンジのキャリア決済現金化サービスを宜しくお願い致します。


サブコンテンツ

このページの先頭へ