今現在モバイル業界では、携帯電話で簡単に決済手続きをおこなえる「携帯キャリア決済」が注目を集めています。

スマホやiPhoneから誰でも手軽に決済手続きをおこなえるため、年齢問わず幅広い世代の人達から人気を得ています。

その利便性の高さから今後さらに携帯キャリア決済の需要が高くなることが予想できますよね。

またその携帯キャリア決済を上手く利用することで決済枠を現金化することもできます。

と言っても「現金化=携帯キャリア決済の応用」とご理解ください。

面倒な手続きを一切おこなうことなく、誰でも簡単にキャリア決済枠を現金化することができるため、急な出費でピンチのときに必ず役立ちます。

そこで今回は、携帯キャリア決済機能の詳細から携帯キャリア決済現金化の仕組みまで詳しく解説。

こちらをご覧頂ければ、携帯キャリア決済について理解を深めることができる他に、携帯キャリア決済現金化の全容も把握できますのでぜひ今後の参考にしてください。

携帯キャリア決済は最新の決済サービス

携帯キャリア決済とは、モバイル端末で代金を支払うことができる最新のオンライン決済サービス。

ネットショッピングはもちろん、電子書籍やオンラインコンテンツの支払い、iTunesやGoogle playの課金などさまざまなシーンで利用できます。

これまでの決済はクレジットカードからの引き落としがメインでしたが、ユーザーの中には「クレジットカードの情報を登録したくない!」、またクレジットカードを持っていない人も少なからずいらっしゃいました。

ですが携帯電話一つで支払いできるキャリア決済の普及により、モバイルコンテンツの支払いもクレジットカードからキャリア決済にシフトしているように思います。

ガラケーがメインだった頃には予想すらできなかったサービスですよね。

時代のニーズに合わせた最新のオンライン決済サービスとして、携帯キャリア決済が年々需要を高めているといえます。

携帯キャリア決済が人気の理由

携帯キャリア決済は何故人気なのか?

その理由は次のふたつ。

それでは早速みていきましょう。

携帯電話料金との合算払い

携帯キャリア決済が人気を得ている理由のひとつに「代金の支払いサイクル」があります。

キャリア決済を利用した場合、代金の請求は翌月の携帯電話料金と合算されるため、買い物する度にコンビニで支払い手続きをおこなう必要はありませんし、銀行まで振込みに出向く手間も掛かりません。

また利用した分の代金は全て翌月の携帯電話料金と合わせて清算することになるため、支払い自体を忘れるといったリスクも少ないです。

安全性や利便性が非常に優れていることから、スマホ、iPhoneで気軽に利用できる携帯キャリア決済が人気を集めているのです。

決済枠が少額で利用しやすい

ふたつ目の理由はキャリア決済で利用できる限度額にあります。

携帯キャリア決済の限度額は、クレジットカードのような二桁を超える決済枠ではなく、日常生活でもっとも利用しやすい最大10万円までの決済枠となります。

そのため使いすぎる心配はありませんし、もし使いすぎたとしても何とか工面できる範囲内で収まります。

クレジットカードのように「限度額全て=自分のお金」と錯覚することもありません。

使いすぎて払えなくなるリスクが少ないことも携帯キャリア決済が人気を得ている理由のひとつになります。

各携帯電話会社が提供するキャリア決済とは?

各携帯電話会社が提供するキャリア決済は以下の通り。

ご自身がお使いの携帯電話で利用できるキャリア決済を把握しておきましょう。

ドコモが提供するキャリア決済

ドコモの提供するキャリア決済は「ドコモ払い」、「ドコモ口座」の2種類。

ドコモ回線を契約しているスマホ、iPhone、タブレットであれば問題なく利用できます。

ドコモ払いの場合、決済枠は10,000円~最大100,000円に設定されていますが、契約年数や利用状況によって各自決済枠が異なるので注意してください。

ドコモ口座の決済枠は20,000円の設定になります。

spモード決済もキャリア決済の一種ですが、spモード決済はオンラインコンテンツ専用の決済方法になるため、ネットショッピングなどで利用することはできません。

ただしspモード決済を利用できるということは他のキャリア決済も利用できるということになります。

目的に合わせた使い分けをすることでより便利に利用できるでしょう。

auが提供するキャリア決済

auの提供するキャリア決済「auかんたん決済」。

au回線を契約しているスマホ、iPhone、タブレットであれば問題なく利用できます。

auかんたん決済の決済枠は10,000円~最大100,000円。

ただし利用者の契約状況によって決済枠の設定は異なりますので注意してください。

携帯端末の契約年数が2年未満の人は最大50,000円前後の決済枠と考えておいた方が良いでしょう。

ソフトバンクが提供するキャリア決済

ソフトバンクの提供するキャリア決済「ソフトバンクまとめて支払い」。

ソフトバンク回線を契約しているスマホ、iPhone、タブレットであれば問題なく利用できます。

ソフトバンクまとめて支払いの決済枠はドコモやauと同じ10,000円~最大100,000円。

もちろんソフトバンクも利用者の契約状況によって決済枠の設定は異なりますので注意してください。

auと同様に携帯端末の契約年数が2年未満の人は、最大50,000円前後の決済枠と考えておいた方が良いでしょう。

ワイモバイルが提供するキャリア決済

ワイモバイルの提供するキャリア決済「ワイモバイルまとめて支払い」。

ただしワイモバイルはソフトバンクの子会社になるため、サービス内容はソフトバンクまとめて支払いと同じです。

決済枠に関してもソフトバンクまとめて支払いと同様に10,000円~最大100,000円になります。

「ソフトバンクまとめて支払い=ワイモバイルまとめて支払い」と覚えておきましょう。

注意事項ですが、ワイモバイルまとめて支払いからソフトバンクオンラインショップでデジタルコードの購入はできません。

この点がソフトバンクまとめて支払いとの唯一の違いになります。

携帯キャリア決済の仕組み

携帯キャリア決済を利用する上でもっとも重要になるのは、代金の締日、支払日、決済枠リセット日です。

携帯キャリア決済を安全に利用するためにも、代金の締日、支払日、決済枠リセット日は必ず把握しておきましょう。

ドコモ払い、ドコモ口座

ドコモ払い、ドコモ口座の締日、支払日、決済枠リセット日は次の通り。

  • 代金の締め日 / 当月末締め
  • 代金の支払日 / 翌月の携帯電話料金と合算
  • 決済枠リセット日 / 翌月1日(月初)

例)決済枠が50,000円で11月に10,000円を利用した場合

11月末の締め日に10,000円が確定し、翌月12月の携帯電話料金と合算して代金を支払うことになります。

また翌月12月1日には11月に利用した決済枠が戻るため、新たに50,000円を利用することができます。

auかんたん決済

auかんたん決済の締日、支払日、決済枠リセット日は次の通り。

  • 代金の締め日 / 当月末締め
  • 代金の支払日 / 翌月25日払い
  • 決済枠リセット日 / 翌月1日(月初)

例)決済枠が50,000円で11月に10,000円を利用した場合

11月末の締め日に10,000円が確定し、翌月25日に携帯電話料金と合算して代金を支払うことになります。

また翌月12月1日には11月に利用した決済枠が戻るため、新たに50,000円を利用することができます。

ソフトバンクまとめて支払い

ソフトバンクまとめて支払いの締日、支払日、決済枠リセット日は次の通り。

  • 代金の締め日 / 10日、20日、月末の3パターン
  • 代金の支払日 / 【締め日が10日の場合 / 翌月6日】【締め日が20日の場合 / 翌月16日】【締め日が月末の場合 / 翌月26日】
  • 決済枠リセット日 / 1日、11日、21日の3パターン

例)締め日が10日の場合

ソフトバンクまとめて支払い決済パターン1

例)締め日が20日の場合

ソフトバンクまとめて支払い決済パターン2

例)締め日が月末の場合

ソフトバンクまとめて支払い決済パターン3

ワイモバイルまとめて支払い

上記でもお伝えした通り「ソフトバンクまとめて支払い=ワイモバイルまとめて支払い」となります。

そのため代金の締日、支払日、決済枠リセット日もソフトバンクまとめて支払いと同じ設定になります。

ワイモバイルまとめて支払いの締日、支払日、決済枠リセット日はソフトバンクまとめて支払いを参考にしてください。

携帯キャリア決済現金化とは?

携帯キャリア決済現金化とは、携帯電話に備わっているキャリア決済から購入した商品を業者に買取ってもらい、その買取代金を指定口座に振り込んでもらうオンライン買取サービス。

要はゲームソフトやDVDを店舗に買取ってもらう感覚と同じですね。

キャリア決済を使って購入する商品は業者によって異なりますが、基本的には電子マネーが多いです。

ただし電子マネーと言っても複数の商品が販売されているため、どの電子マネーの買取が可能なのか業者に確認する必要があります。

適当に電子マネーを購入し買取ってもらおうとしても、その業者が購入した電子マネーの買取に対応していなければ無意味になってしまうため、先走った購入は控えるようにしましょう。

クイックチェンジの携帯キャリア決済現金化

弊社クイックチェンジは携帯キャリア決済現金化の専門店です。

クイックチェンジでキャリア決済を現金化するメリットは次の通り。

毎月キャンペーンを開催

お客様に少しでも高い買取率でキャリア決済を現金化していただくためにも、弊社クイックチェンジでは毎月キャンペーンを開催いたしております。

内容はさまざまですが主に買取率アップがメイン。

商品の買取レートは日々変動いたしておりますが、クイックチェンジでは日々の買取レートから臨機応変にパーセンテージを計算し、買取可能な限界のパーセンテージまで数字を引き上げております。

自社の利益だけでなく、お客様に少しでも高い買取率でキャリア決済を現金化していただくためにも、日々の買取レートの確認作業を随時おこなっております。

キャリア決済の高額現金化に対応

弊社クイックチェンジはキャリア決済現金化業界の中でもトップクラスの買取率を誇っております。

他社様の場合、申込金額によって65%前後の買取率になるケースもありますが、弊社クイックチェンジの買取率は、申込金額5,000円以上で買取率70%から。

また合わせてキャンペーンをご利用いただくことで更に買取率は高くなります。

実際に他社様と比べるとお分かりいただけますが、キャリア決済現金化業界の中でも間違いなくトップクラスの高買取率設定となります。

複数のキャリア決済に対応

各携帯電話会社の提供している複数のキャリア決済に対応しています。

ご相談いただければ最適なプランをご案内いたしますのでご安心ください。

キャリアを選ばず手軽にキャリア決済を現金化できる点もクイックチェンジの魅力になります。

全ての手数料が無料

5,000円以上のご利用で振込手数料などの余計な費用は全て弊社がご負担いたします。

後から余計な手数料を差し引くようなトラブルも一切ありません。

お客様には事前にお伝えした金額をご入金いたしますのでご安心ください。

受付時間は24時間365日

携帯キャリア決済現金化をご利用されるお客様の中には、急な出費や資金繰りで急いでいる人も多くいらっしゃいます。

そのためお申込みの受付に関しては24時間365日おこなっております。

年末年始やゴールデンウイークでもお申込みを受付ていますのでお気軽にお声掛けください。

24時間入金可能

2018年10月からスタートしたモアタイムシステムにより、24時間体制でのお振り込みサービスが可能になりました。

もちろん土日祝日でも対応可能です。

お急ぎの人や即金を希望する人はお気軽にご相談ください。

お申込みはこちらから

    LINEからのご連絡も可能です。
    友だち追加数

    お知らせ:ワイモバイル、UQモバイルではキャリア決済現金化に対応することができません。ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願いいたします。

    振込手数料、入金反映時間に関しては各金融機関の入金反映時間よりご確認下さい。尚、各金融機関の営業時間に準ずるものとします。

    お名前(必須)
    フリガナ(必須)
    電話番号(必須)
    メールアドレス(必須)
    利用端末(必須)
    決済種類(必須)
    初めてのご利用ですか?(必須)
    申込金額(必須)
    金融機関名(必須)
    支店名(必須) ゆうちょ銀行の場合は店番、記号のどちらかを入力して下さい。
    口座番号(必須)
    振込名義(必須)
    ご質問・ご要望 ご質問、ご要望などがあれば記入下さい。

    私は18歳以上です。

    上記の内容で宜しければチェックを入れて送信ボタンを押して下さい。



    クイックチェンジ編集部
    クイックチェンジ編集部
    クイックチェンジ編集部は、キャリア決済現金化に関するさまざまな知識、携帯電話のお役立ち情報をいち早くお伝えするために日々活動しています。こちらの記事に対し、ご意見、ご要望など御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。お送り頂いた内容を確認した後、次回の更新時に反映させて頂きます。