一人暮らしの金欠は大問題!困ったときはキャリア決済現金化で即日金策

一人暮らしの金欠は大問題ですよね?

生活に直接影響がでる非常事態ですから、何とか金策しなければいけません。

ですが知人や両親には頼みにくいのも事実。

即日で現金を用意できる方法なんて都合よく見つかるわけありません。

というのは一昔前までの話。

今では都合よく即日で現金を用意できる方法があるんです。

そんな便利なサービスとは「キャリア決済現金化」

携帯電話に備わっているキャリア決済枠を現金化する新しい金策術。

予期せぬ事態で金欠に陥ってしまったときでもすぐに利用できる便利なサービスのため、一人暮らしをしている人たちにとっても強い味方になってくれるはず。

今回の記事では、一人暮らしで金欠になったときに考えるべきこと、またキャリア決済現金化の活用方法まで詳しく解説していきます。

一人暮らしは自立の証!ただしピンチを自分で乗り越えることも必要!

社会人になり一人暮らしを始めてようやく自立したことになります。

実家暮らしでお金を家に入れている人は、あくまで「親の作った環境」に甘んじている部分があり、完全な自立とは言えません。

金欠になっても電気、ガス、水道が止められる可能性もありませんし、ピンチなときには家に入れるお金を少なくしても大丈夫。

また食事を用意してもらえたり、洗濯などの家事をしてもらえたり。

一人暮らしではありえない恩恵を受ける機会がたくさんあるため、自分一人で生計を立てているとは言いづらい環境です。

それに比べ一人暮らしは何でも自分でやらなければならない状況であり、すべての責任が自分一人にのしかかってくる環境。

家事などの必ず家でやらなければいけない作業はもちろん、お金のやり繰りも自分で考えながらおこなわなければいけません。

しかも仕事を抱えながら。

そのため周囲から見ても、「一人暮らし」を始めることでようやく一人前になったと認められる空気があります。

一人暮らしで一人前と認められる

ただし「一人暮らしをきちんとできている場合」に限ります。

時には急な出費や金銭管理の甘さから金欠になることもあるでしょう。

それは一人暮らしをしている多くの人が経験することであり、誰でも一度は通る道。

そのピンチを乗り越えてこそ自立した証明になるのです。

ピンチになる度に金策に走り、その場しのぎを繰り返すような生活では「生活を回せていない=自立していない」ということになります。

金欠時に親に泣きついているようでは実家暮らしと大差ありません。

自分で招いた金欠ピンチを自分の力で乗り越え、今後の生活の立て直しができる。

ここまでできなければ自立したとは言えないのです。

一人暮らしの金欠は学生も社会人も関係ない!誰にでもピンチは訪れる!

メインの行動が学業であり、アルバイトできる時間が少ないことから、金欠になる一人暮らしの学生もいることでしょう。

しかしお金を稼ぐという仕事メインの生活になっても、お金に困ってしまう社会人はたくさんいます。

一人で生活しているということは、環境に関係なく金欠ピンチになってしまう可能性が誰にでもあるということなのです。

学生の一人暮らしはお金に困りやすいというのはまだ分かるとして、仕事メインで生活している社会人の一人暮らしでも、金欠になるのはどうしてなのかと疑問に思う人も少なくないはず。

その答えは簡単。

社会に出ることによって生活水準が上がってしまうからです。

生活水準

仕事に必要なスーツを定期的に購入したり、人間関係をスムーズにするためにも付き合いで飲み会に参加したり、「毎日一生懸命働いているんだから・・・」と自分へのご褒美を用意したくなったり。

周りに対して見栄を持ちたくなることもあるでしょう。

このように社会人は学生時代より出費が増えるケースが多いのです。

自分自身の収入と欲求のバランスが取れずに金欠になってしまうことも珍しい話ではありません。

一人で生計を立てていくということは、「一人でお金を管理する」ということ。

すべての責任が自分にある状況でお金の使い方を徹底する「金銭意識」「自己管理」

この二つの考え方を持つことができなければ、学生、社会人に関係なく誰でもお金に困る状況に陥る可能性があるのです。

一人暮らしの金欠時は食費を切り詰めるしか対策はないの?

一人暮らしに必要最低限のお金は「家賃」、「光熱費」、「食費」、「携帯代」です。

その他に周りとのコミュニケーションのために必要な「付き合いの交際費」、自分のモチベーションを上げるための「買い物」、「趣味」などにお金を使ってしまうこともあるでしょう。

給料といっても事前に「使うお金」「使えるお金」の仕分け管理ができなければ、生活に必要な最低限のお金まで趣味や自分の欲求を満たすものに使ってしまう傾向が見受けられます。

欲求を抑えられずに後先考えることなく使ってしまうパターンですね。

金遣いが荒い

そうなった場合、後から困るのは「必要最低限の生活費」です。

家賃や光熱費、携帯代は毎月必ず支払いが必要。

未納で止められると生活に支障をきたします。

そのため一人暮らしで金欠になった場合、最も手を出しやすい金策が「食費の切り詰め」でしょう。

食欲を我慢すればある程度のお金が用意できる方法なので、給料日前に食事制限で金策をおこなった人もたくさんいるはず。

しかし食事を我慢する金策は、簡単にできる金策のようでとても安易な金策になります。

食事制限することで体調不良を起こし、学業や仕事に支障をきたす事例は数知れず。

数日程度なら問題ないかもしれませんが、毎月無茶な食事制限を繰り返すようになれば、いつかその代償を体で支払わなければならないリスクが発生します。

このようなことから、長い目で見たときに一人暮らしの金欠対策に食事制限を考える人も、自立ができていない人の部類に入ってしまいますね。

生活の基盤となる住まいや携帯電話の確保、仕事での収入確保、そして健康な体の確保ができてこそ、自立した人生を歩んでいると言えるのです。

どれか一つでも欠けるようでは、一人暮らしをしていても「一人暮らしを成り立たせている」ことにはならないのです。

どうしても金欠になるようなピンチが訪れたら安易に食事制限と考えるのではなく、その他の方法で金策を考えましょう。

給料日前でお金がないならキャリア決済を現金化してお金を作ればいい!

毎月のやり繰りをしっかりしていたつもりでも、時には給料日前で金欠に困ってしまうこともあるでしょう。

一人暮らしをしている人は、毎月のお金の使い方一つでいつでも金欠ピンチに陥ってしまうリスクと隣り合わせです。

もちろん日頃から少しずつ貯蓄をしていざというときに備えるのも大切ですが、いざというときに安心してすぐに使える金策術を用意しておくことも重要な対策の一つ。

金策する方法を考える

実際に金策術を使う環境にならなかったとしても、「いざというときに金策できる!」という状況は安心材料になります。

万が一に備えた対策があることで安心感が生まれ、その安心感が強い支えとなり、より豊かな人生を歩ける保険にもなるんです。

信頼関係が壊れてしまう可能性が考えられる「知り合いからの借入」、審査にかかる時間や審査落ちのリスクがある「金融業者からの借入」

そんなリスクを抱えた金策術よりもデメリットが少なく、誰でもすぐに利用できる金策術として「キャリア決済現金化」があることを覚えておきましょう。

最短10分から30分程度の短い時間で現金を振り込みしてもらうことができる画期的な金欠解消法。

しかも誰にも知られることなく、支払いは翌月の携帯電話料金と合算ということで支払いを忘れる心配もナシ。

給料日前の金欠時に即日利用できる金策術としてこれほど便利なサービスは他にないでしょう。

万が一の切り札としていつでも使えるように準備しておくことをおススメします。

キャリア決済現金化の利用方法について教えます!

フリーターや専業主婦の人たちでも簡単に利用できることからサービス自体の人気が高いキャリア決済現金化。

実際にどのような手順で利用するのか気になりますよね?

そこで簡単ではありますが、キャリア決済現金化の利用方法について説明したいと思います。

難しいことはありません。

携帯電話の操作が苦手な人でも簡単に手続きをおこなえるのでおススメですよ。

  1. ステップ①:主要キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の携帯電話に備わっているキャリア決済で指定商品の購入

  2. ステップ②:購入した商品を買取業者に買取ってもらう

  3. ステップ③:買取代金を振り込んでもらって金策完了

  4. ステップ④:支払いは翌月の携帯電話料金の請求に合算される

キャリア決済現金化を利用する上での注意点として、携帯電話料金の未納や延滞がないことが挙げられます。

またキャリア決済の限度額は最大50,000円~100,000円となっていますが、各自の契約状況によって異なるため、事前に限度額を確認しておいた方がよいでしょう。

キャリア決済現金化は一時的な資金繰り!計画性を持った生活を心掛けよう!

「一時的な金策」はあくまで一時しのぎ。

その場しのぎの資金繰りであることをしっかり自覚しなければ、「万が一でも大丈夫!」という安心感が余計な余裕を生んでしまい、頻繁に手を出してしまう危険性も十分考えられます。

一時的な資金繰りは生活を立て直すための最終手段であり、目的はその後の生活で金欠にならないようにするための「一時的な対策」であることを自覚しましょう。

キャリア決済現金化は一時的な資金繰り

資金繰りが毎月必要になるということは、生活の立て直しができていない状況であり、自立した一人暮らしにはなりません。

資金繰りをすることでなんとか生活を継続できていることから、「これも一つの自立した生活だよね?」と思い込んでしまう人もいますが、その考えは間違っています。

金欠にならない生活を一人でできるようになってこそ、初めて自立した生活を送っていると言えるのです。

人は慣れやすい生き物なので一時的にも資金繰りができてしまうと、「また使えばいいや!」などの甘えが出てしまいがち。

その甘えが後を引いてしまい、毎月の金銭管理に緩みが出てしまうと金策しなければいけない額も自然と増えていき、いつしか大きな借金を抱えてしまう人も少なくありません。

資金繰りができないような状況になってから後悔しても遅いのです。

金策できている今だからこそ、生活の立て直しができるチャンスでもあります。

一時的な資金繰りをしなければいけない状況になったそのとき、できるだけリスクの少ない金策を選び、その上で「もう二度と金欠で困ることがないようにする」といった意識改革を持つことで、ようやく生活を立て直すスタートラインに立てるのです。

今後の生活を見据え、計画性をある有意義な毎日を送ってください。

クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部は、キャリア決済現金化に関するさまざまな知識、携帯電話のお役立ち情報をいち早くお伝えするために日々活動しています。こちらの記事に対し、ご意見、ご要望など御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。お送り頂いた内容を確認した後、次回の更新時に反映させて頂きます。