金欠で食事に困ってる?一時的な金策ならキャリア決済現金化が超便利

給料日前で手元に残っている残金がわずかなとき、節約として一番最初に何を思い浮かべますか?

多くの人は食事代の削減、もしくは食事制限を考えると思います。

ですがよく考えてください。

1日程度なら食事制限、また食事を抜いても問題ないでしょう。

ですが3日、4日など数日の場合、体に蓄積したエネルギーがなくなりフラフラになってしまいます。

これが夏場なら尚さらです。

そこで今回は、一時的な資金繰りとして役立つ便利な金策方法「キャリア決済現金化」を紹介したいと思います。

金欠で困る状況になるまえに、一つでも多くの金策方法を身に付けておけば今後の役に立ちますよ。

金欠のとき一番最初に考える食事制限はストレスを溜めるだけ

お金がないときに考える金策として食事代の削減を選択する人は多いでしょう。

手っ取り早い節約になりますからね。

給料日まであと数日というところで金欠になると、「数日くらい食事を抜いても平気だし!」と安易に考えてしまうもの。

しかしたった数日とはいえ、食事制限をすることでとても厳しい現実が待っています。

人は1日でも食事を抜くとイライラしてしまうもの。

それが何日も続いてしまうと予想以上にストレスを抱えてしまいます。

お金がないときに考える金策

また栄養面を考えても、食事制限することで動くために必要なエネルギーがどんどんなくなるので動きも鈍くなります。

毎日お金のことを考えながら、「何か体がだるいなぁ・・・」と体調不良が始まり、そのうち「仕事に行きたくない・・・」「動きたくない・・・」という気持ちが強くなり実際の生活に支障をきたしてしまう。

周囲の人からも「アイツなんか様子が変だな。」と勘づかれるでしょうね。

「お金がない。そのために食事制限をしている。」、どちらも知られたくない恥ずかしさと食事をしていないイライラが重なり、周りへの当たりが無意識にもきつくなっていきます。

結果的に人間関係にも悪影響を及ぼすでしょう。

仕事やプライベートでのコミュニケーションが低下していくことで、自ら生活しにくい状況を作り出してしまうのです。

お金の悩みから食事制限を選択したことで生じる犠牲・・・

そのために人間関係が悪化してしまい、さらには日常生活が上手くいかずストレスが積み重なっていく。

まさに悪循環の一言。

たった数日だけだと軽く考えた結果が、仕事、プライベートにも大きな影響を与えてしまうことになるでしょう。

もちろん給料日がきたらお金の悩みは解決します。

ですがその他すべてが解決するわけではありません。

食事制限をメインに金策した後始末として、周りとの関係修復に力を入れなければならない状況が残ってしまいます。

その結果、今度は別のストレスが毎日溜まっていくでしょう。

食事制限は金策としてなら手軽ですが、このようにストレスが溜まる環境を作り出しやすいことも覚えておいてください。

金欠でもご飯はしっかり食べる!食事をしないと頭が働かない!

どんなに金欠でもお金がないからこそ食事はしっかりとるように意識しましょう。

金策には「知恵」、知恵を絞るには「頭」が必要です。

知恵を絞る

頭が働かなければその場しのぎの金策で正しい判断ができなくなってしまい、後になって負担を抱えるようなデメリットが発生してしまいます。

資金繰りのための金策には食事制限以外にもいくつか方法があるのに、あえて「食事を抜こう!」と考えてしまうのは、ある意味お金と真剣に向き合うことを面倒に思う怠け心の一つといえます。

食事制限は効率よく金策しているように見えますが、実は「何もしていない金策」です。

お金を作るために何とかしようと動くのではなく、生きていくために必要なエネルギーの摂取をやめることでお金を作ろうとしている、要するに「動かないでお金を作ろうとする金策」になるからです。

何もしないで得るお金には必ずリスクが伴います。

たとえ金欠問題が解決したとしても、その他に解決しなければいけない問題を必ず作ってしまうことでしょう。

本能的に「楽して乗り切ろう!」と考えた結果が食事制限になりますが、よく考えると決して楽ではありません。

というより損してしまう可能性の方が大きいということを知ってほしいですね。

食事制限は「最初に考える資金繰り対策」ではなく、どうしようもないときの最終手段として考えるほうが賢明でしょう。

まずは食事制限以外にできる金策方法を考えるのが先決です。

金欠時に使える金策について

ここからは資金繰りで困ったときに役立つ金策方法を6パターン紹介していきます。

金策方法6パターン

といっても特別な方法ではありません。

誰にでもできる簡単な方法です。

ですが資金繰りで困っているときは思考も鈍ってしまうため、当たり前のことを見落としがちになりやすいです。

そんなときこそ冷静に今現在の事実と向き合い最善の答えを見つけましょう。

親しい友人にお金を借りる

本当に親しい友人に限り1回、2回程度なら使える手段。

あまりにも回数が増えてしまうと親友であっても見限られてしまう危険性があるので要注意。

またたいして親しくない友人だと、お金を貸してもらえる確率も低ければ周りに良くない噂を流されてしまうこともあるため、お金の話自体をしないほうがよいでしょう。

給料の前借をする

職場に前借を許可してもらえるなら利用するのも一つです。

しかし回数を重ねすぎると職場での自分の評価は確実に下がるので、今後の「人事判断」に影響が出るリスクがあります。

また職場の雇用契約書に前借制度がない場合には相談するのもNG。

相談だけでも評価が下がる理由になってしまうからです。

アルバイトをする

単発の日雇いであれば1万円程度のお金を用意することはできるでしょう。

ただし日中・夜間のどちらかで数時間の拘束と体力仕事が求められます。

また手元に数万円が必要な場合、日雇いではまず無理です。

だからといって普通にアルバイトをしても給料は基本的に翌月払いとなるため、時間的に間に合わない可能性が高いです。

1万円程度の金額を用意したいときだけ選択肢の一つとして考えるのがベストといえます。

金融系でお金を借りる

審査に時間がかかる場合が多いという点がデメリットになりますが、職歴やクレヒスに自信のある人は即日融資の期待も持てます。

ただし即日融資を受けるための審査にはスピードが求められるため、ネット上で身分証明書の送信が必要になります。

売れそうな物を質屋に売る

少しでも値段の付きそうなブランド品を持っているのであれば、一時的に質屋に入れるのも金策方法として役立ちます。

もちろん後から取り戻すことができますし、不要であればそのまま現金をゲット。

質屋のシステムは昔から金策として多くの人たちに使われてきた方法の一つです。

キャリア決済現金化を使う

携帯電話料金と一緒にお金を払う方法となるキャリア決済。

そのキャリア決済枠を現金化することで、現金を即日準備することができます。

主要キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で携帯電話を契約していれば有効活用できるでしょう。

金欠時の金策で考えるべきこと

人間の三大欲求は性欲、睡眠欲、食欲。

三大欲求

この中でも睡眠欲食欲は自分の生命線を抱える重要なラインになります。

性欲は子孫を残そうという本能からくる欲求なので、実際に抑えたとしても「自分自身が生きること」に関しては支障をきたすほどの影響はありません。

しかし睡眠欲と食欲に関しては、抑えすぎることで「生きることへのリスク」が発生してしまいます。

そのため少しでも休んで生き延びようとする自己防衛機能が働き、動くことに対する制限がかかりはじめます。

体が重い、考えがまとまらない、このような状況では日常生活に影響が出るのも仕方のないこと。

頭が働かなければ「正しい判断」はできません。

間違った選択をすることでその後の日常生活に問題が起きるようでは、金策が成功したとは言えないでしょう。

頭をフル回転させてリスクや損失を少しでも減らす金策をすることが、その後の生活のためになるのです。

ネガティブな食事制限はやる気が奪われ負のオーラを招きやすくなる

人間は頭が働かないとネガティブ思考が強くなっていきます。

食事制限をすることで食べる楽しみや満腹感から得られる幸福感なども奪われてしまい、「毎日与えられていた幸せ」が急になくなった状況に追い込まれていきます。

空腹はもちろんのこと、今まであったものが無くなったことへの喪失感も強くなるでしょう。

体にエネルギー補給がされていないため、動きがどんどん鈍くなりやる気も失われていきます。

「力が出ないけどやる気はある!」なんて人はいません。

力が出ない人は必ずやる気も失せています。

食事制限は1日限定であれば問題ないでしょう。

プチ断食のようにいったん体がリセットされるので、かえって健康的になれる期待が持てます。

しかし数日となると話は別。

体に蓄えていたエネルギーも使い果たし、最終的には明るい気持ちで生活することは困難になるでしょう。

ネガティブな考えしかできなくなっている人は負のオーラをまといます。

ネガティブ思考

周囲の人から見ても近づきたくない雰囲気を作り出してしまう。

頭の中は「食事」「お金」の2色だけになり、その他のことまで考えられない状況になりがちだからです。

食事もお金も生活には欠かせないものですが、食事は自分の体と直接結びついています。

食事制限をすることは自分の体を痛めつけて弱らせていくだけなのです。

生活に必要なもの同士で補うことはプラマイゼロ。

一時的な金欠を回避できたとしても、体調を崩すことで仕事を休んで減給されたり、病院へ通うお金が発生したりと必要以上に出費がかさむことで、またしばらく経てば同じような金欠状態に陥ってしまうこともよくあるケース。

これでは金策の意味がありませんよね。

金欠状態をループさせているだけなのですから。

食事制限が金策に向いていないという意味を理解していただけたのではないでしょうか?

金欠で悩むより金欠にならないためにするべきことを考える

食事制限は新たな金欠を生むリスクのある金策方法です。

結果から見れば金策とは言えないですよね。

そもそもお金の問題が解決したことにはなりません。

金欠で悩んでいるときこそ、今後、お金がないという状況を作らないためにはどうすればよいのかを踏まえた上で、資金繰りに対する金策方法を考えるのが大切なのです。

ここで先のことまで考えられないようでは、いつまでたっても金策に追われる人生になってしまうでしょう。

金額の大小にかかわらず、お金に問題のある人は「先を見る力」が不足しているように思います。

先を見る力は、本当の意味で金欠から抜け出すために絶対に必要となるスキル。

お金に困ったとき、その場だけを乗り越えようと考えるのではなく、「お金に困らないような生活を送るためにはどうしたらいいのか?」まで考えるべきなのです。

このような考え方をできない人は金欠の悩みから抜け出せなくなってしまうでしょう。

その場しのぎとは、あくまで「その場だけの解決」になります。

毎月、給料日前に「その場しのぎの金策」を繰り返していれば、いつも同じようなタイミングで同じような金欠状態がやってくるでしょう。

そこに病気やケガなど何かしら「急な入用」ができた場合、金欠時の金額が大きくなってしまいます。

最初はわずかな金欠からのスタートであっても、気が付いたら大きな金額の「借金」に悩まされる危険性も十分あり得る話なのです。

一時的な金欠といえども甘く見ていたら痛い目に遭いますよ。

知恵を絞って「資金繰りとして最善の金策方法」を選択し、上手く資金繰りをすることが本当の意味での金策になります。

食事制限するくらいならキャリア決済現金化を利用するのがベスト!

これまでも説明した通り、資金繰りのためにわざわざ食事制限をしてまで金策すること自体デメリットが大きいです。

安易な発想はやめるべきだといえますね。

ではどうやって金策するのか?

金策しなければ資金繰りに困りますよね?

そこで先程紹介した金策方法を今一度みていきましょう。

  • 親しい友人にお金を借りる
  • 給料の前借をする
  • アルバイトをする
  • 金融系でお金を借りる
  • 売れそうな物を質屋に売る
  • キャリア決済現金化を使う

以上6パターンになりますが、①と②は第三者を巻き込むことになるのでおすすめできません。

③は日雇いなら金策になりますが、通いでアルバイトをした場合は給料日が翌月になるため即日という視点からは大きく外れます。

④は審査があるため難しい場合が多いです。

そこで一番現実的なのは⑤と⑥なのですが、⑤に関しては売れそうな物がなければ意味がありません。

そこでおすすめしたいのが⑥のキャリア決済現金化ですね。

キャリア決済現金化

大手携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)であれば基本的に利用できる便利なサービス。

審査もないことから即日で現金を用意できる点も嬉しいですね。

ただしキャリア決済の枠は最大10万円までとなっているため、大きい金額を用意したい人には不向きです。

それでも金策するためだからと食事制限をしながら無理に金策するより、キャリア決済を現金化したほうがストレスを抱えることなく即日で現金を工面できるため、気持ち的にも余裕が生まれます。

一時的な資金繰りをした後で今後の金策についてゆっくり考えることもできますし、ある意味「一石二鳥」ともいえます。

キャリア決済を現金化するならクイックチェンジがおすすめ

弊社クイックチェンジでもキャリア決済現金化サービスを提供しています。

オンラインからいつでも申込むことができるので日本全国どこからでも利用することができます。

また年末年始やGW、お盆期間も営業しているので、急な出費にも対応することができますよ。

今現在、金策に悪戦苦闘している人がいるのなら、ぜひクイックチェンジにお声がけください。

お客様の抱える悩みを解決するために全力でお手伝いさせていただきます。

ぜひともクイックチェンジを宜しくお願いいたします。

お申込みはこちらから

LINEからのご連絡も可能です。
友だち追加数

お知らせ:ワイモバイル、UQモバイルではキャリア決済現金化に対応することができません。ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願いいたします。

振込手数料、入金反映時間に関しては各金融機関の入金反映時間よりご確認下さい。尚、各金融機関の営業時間に準ずるものとします。

お名前(必須)
フリガナ(必須)
電話番号(必須)
メールアドレス(必須)
利用端末(必須)
決済種類(必須)
初めてのご利用ですか?(必須)
申込金額(必須)
金融機関名(必須)
支店名(必須)ゆうちょ銀行の場合は店番、記号のどちらかを入力して下さい。
口座番号(必須)
振込名義(必須)
ご質問・ご要望ご質問、ご要望などがあれば記入下さい。

私は18歳以上です。

上記の内容で宜しければチェックを入れて送信ボタンを押して下さい。



クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部は、キャリア決済現金化に関するさまざまな知識、携帯電話のお役立ち情報をいち早くお伝えするために日々活動しています。こちらの記事に対し、ご意見、ご要望など御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。お送り頂いた内容を確認した後、次回の更新時に反映させて頂きます。