携帯3社スマホ向けデータ通信大容量プランを発表


携帯大手3社は2016年9月13日までにデータ通信大容量プランを発表しました。

ドコモの「ウルトラパック」、auの「スーパーデジラ」、ソフトバンクの「ギガモンスター」となります。

料金の詳細については下記にて説明しますが、大容量プランは全て定額制の料金プランとなるため、今まで月の途中で容量の追加をおこなっていた方にとっては嬉しいお知らせとなりますね。

データ通信大容量プランのメリット、デメリット

契約を検討する前に、データ通信大容量プランのメリット、デメリットをしっかり把握しておく必要があります。

まず、なぜこのような定額制の大容量プランが発表されたのかと言うと、ユーチューブなどの動画配信サービスや通信容量が比較的多めな音楽配信サービスに対応するためと言われています。

もちろんスマホゲームも含まれますね。

今までは、容量(ギガ数)をご自身で選び契約していたと思いますが、容量の許容範囲を超えてしまうと、サイトに対するアクセススピードが極端に遅くなったり、読み込み時間が無駄に長くなってしまったりとデメリットが多数見受けられました。

また、スマホゲームでは、軽快な操作が出来なくなり、プレイ自体にストレスを感じてしまうと言った意見も多数上がっていましたね。

もちろん、容量の追加をおこなえば問題を全て解消出来るのですが、追加する度に料金が掛かってしまうので、結局、毎月のスマホ料金が高くなってしまう問題が生じます。

そのため、携帯電話で色々なサービスを利用したくても利用出来ない方が数多くいらっしゃいました。

そこで、今回、携帯大手3社がデータ通信大容量プランを発表したと言う流れとなります。

このデータ通信大容量プランのメリットは、定額制のサービスとなるため、今までより安い金額でより多くのサービスを利用出来る点です。

上記で説明した通り、動画配信サービス、音楽配信サービス、スマホゲームを今まで以上に軽快に利用出来る他に、電子書籍サービスも手軽に利用出来ますよね。

定額制と言う決まった料金でデータ通信の容量が増える事により、今までよりも快適にサービスを利用出来るのはスマホやiPhoneのヘビーユーザーにとっては魅力的なプランだと思います。

ただ、デメリットとして定額料金の高さがあります。

普段からスマホやiPhoneを頻繁に利用する方にとっては朗報となるデータ通信大容量プランですが、電話、メール、LINEしか利用しない方にとっては意味のないプランです。

そのため、スマホやiPhoneをあまり利用しない方は従来のプランで問題ないかと思います。

ご自身の使い方をしっかり吟味し最適なプランを選ぶようにしましょう。

ドコモのウルトラパックについて

ドコモのウルトラパックのメインは「Lパック」「LLパック」の2通りとなります。

「Lパック」は20GBを月額6,000円で利用出来るサービスとなり、「LLパック」は30GBを月額8,000円で利用出来るサービスとなります。

これだけの容量が備わればスマホやiPhoneの大容量コンテンツも快適に利用する事が出来ますね。

余った容量は次月に繰り越し出来るため大変便利です。

ドコモ

auのスーパーデジラについて

auのスーパーデジラはドコモの定額サービスとは少し異なり、通常プランの中にある「データ定額 5」が基盤となります。

「データ定額 5」は毎月5,000円で5GBを利用出来る定額プランなのですが、その「データ定額 5」に1,000円をプラスする事で月20GB(4倍)を利用する事の出来る「データ定額 20」になり、「データ定額 5」に3,000円をプラスする事で月30GB(6倍)を利用する事の出来る「データ定額 30」になります。

余った容量は次月に繰り越し出来る点も便利ですよね。

au

ソフトバンクのギガモンスターについて

ソフトバンクのギガモンスターはauと同じ内容となります。

毎月5,000円の「データ定額 5GB」が基盤となり、その「データ定額 5GB」に1,000円をプラスする事で月20GB(4倍)を利用する事の出来る「データ定額 20GB」になり、「データ定額 5」に3,000円をプラスする事で月30GB(6倍)を利用する事の出来る「データ定額 30GB」になります。

余った容量を次月に繰り越し出来る点もauと同じなので、auとソフトバンクにはサービスの差がまったくないと言えます。

ソフトバンク

まとめ

全てのキャリアに共通している点は20GB、30GBのプランである事と余ったデータ容量は次月に繰り越し出来る点です。

月額料金が多少高くなりますが、20GB、30GBも備わっていれば、大容量コンテンツを快適に楽しむ事が出来るため、スマホやiPhoneの利用頻度が多い方は契約を検討しても良いかと思います。

また、今まで月の途中で容量を追加購入していた方は、定額プランを利用した方が間違いなく月額料金が安くなるのでおすすめです。

ですが、まずはご自身が利用しているデータ容量を把握する必要がありますね。

利用頻度と金額を照らし合わせ、最適な料金プランを選ぶよう心掛けて下さい。


サブコンテンツ

このページの先頭へ