お金を即日で用意する一番の方法を徹底検証!


急な出費に対してどうしても今日中にお金を用意したい。
そんな悩みを一度は抱えたことがあると思います。
一般的に思いつく方法としては「現金化」「消費者金融」「銀行からの借入」の3つだと思います。
ですが、それぞれにはメリットもあればデメリットもあります。
一体どの方法が一番簡単で確実なのか弊社独自の目線で検証致しましたので今後のご参考にして下さい。

携帯キャリア決済現金化

銀行からの借入

法人個人問わず一番代表的な方法になります。
法人の場合は融資、個人の場合はカードローンが一般的ですね。
法人の融資に関しては当然時間は掛かってしまいますが、個人の場合、ローンを利用するためのカードを最短当日に発行出来るため、すぐに利用する事も可能です。
思い描くイメージとしては「銀行=低金利で安心」ではないでしょうか。

たしかにそうだと思います。

銀行と言うだけで安心感がありますし、金利も消費者金融と比べるとかなり低く設定されています。

「銀行での金利=約14%
「消費者金融での金利=約18%

また、銀行は総量規制の対象外で借りる事が出来るため、収入の1/3を超える金額でも問題なく借入出来ます
消費者金融には貸金業法が適応されますが、銀行には銀行法が適用されるため規制の対象にはならないと言う事です。
そのため、消費者金融での借入を断られる専業主婦や学生の方でも銀行であれば借入出来る可能性があります。

ただ、借入前の審査はかなり厳しいです。

今現在の借入状況、以前の借入状況、返済延滞中や金融事故の情報などこれらの情報が1つでもあれば審査は通りません。
また、審査項目の中に「安定した収入がある方」ともあります。
勤務先の情報、雇用形態などから判断されることが多いですが、申込金額に対しての今現在の収入などからも判断されます。

低金利で安心感のある銀行からの借入ですが、総量規制の対象外である分、借入までの敷居は高いと言えますね。

携帯キャリア決済現金化

消費者金融の利用

CMでお馴染みのアコム、レイク、アイフル、プロミスなどが消費者金融と言われていますね。
銀行系ローンに比べると比較的借入しやすく、融資までのスピードは速いと言うメリットがあります。
また、無担保・保証人不要で借入出来る点も嬉しいですよね。
銀行で借入出来なくても消費者金融なら借入出来る方も多数おりますので、即金と言う事であれば一度申込んでみても良いかも知れません。

ただ、もちろんデメリットもあります。
重要な点として下記の3点を上げさせて頂きました。

●金利が高め
●返済が長期化する場合もある
●計画的に返済しないと元金が減らない

無担保・保証人で借入出来ると言う事は、消費者金融側で回収不能になるリスクがあります。
そのため、銀行より金利は高めに設定されています。

返済に関しては、毎月の最小支払い額と言う設定がありますが、こちらは低く設定されているので、借入金額の減り方がかなり緩やかで完済するまでに時間が掛かってしまうため、余計に利息を払う事になります
実際、お金に余裕のないときには嬉しいサービスなのですが、余裕のあるときは積極的に借入の元金を減らさないといつまでも返済金額が減らないまま長期的な足かせになる場合もあります。

また、消費者金融は貸金業法の総量規制の対象にもなってしまうため、年収の3分の1以上の借入が出来ないと言うデメリットもあります。
つまり収入のない専業主婦は消費者金融からお金を借りる事が出来ないと言う事です。

もちろん銀行からの借入と比べればメリットもありますしデメリットもあります。
審査などの敷居は銀行に比べるともちろん低くなっていますが、金利が高く返済も長期化する可能性があるため、利用の判断は慎重になってしまいますね。

携帯キャリア決済現金化

携帯電話やクレジットでの現金化

銀行から借入や消費者金融の利用は「借金をする」と言う意味合いです。
ですが、現金化は「お金に換金する」と言う意味になります。

申込者は業者側で指定する商品を購入し、その購入商品を業者側に買い取ってもらい、申込者の指定する入金先に買取代金が振り込まれると言う流れです。

メリットとしては審査がないと言う事です。

既に携帯電話やクレジットをお持ちの方が利用するため、改めて審査をする必要はないですよね。
また、現金化業者は金融サービスの提供ではなく買取サービスの提供になりますので、「融資」ではなく「買取」となります。
入金されるまでのスピードが速い点もメリットになります。
手続きは全てネットで完結するため、申込みから入金まで早いと15分前後で完了します。
急いでいる方に適したサービスですね。

デメリットを上げるなら携帯電話やクレジットに設定されているショッピング利用枠でしか現金化出来ないと言う点です。
「ショッピング枠=現金化枠」となるため、ショッピング枠が10万円の場合は現金化も10万円までとなります。
そのため、必要な金額に届かない場合もあるので、その点がデメリットとなります。

携帯キャリア決済現金化

如何でしたでしょうか?
それぞれのメリット、デメリットを解説しましたが、一番簡単で確実なのは「携帯電話やクレジットでの現金化」になるのではと思います。
お金を即日で用意するためには、やはり審査のない現金化が一番と言う事になりますね。

お問い合わせはお気軽に

LINEからのご連絡も可能です。
友だち追加数

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

メールアドレス (必須)

質問内容

この内容で送信する


サブコンテンツ

このページの先頭へ