子育てはお金がかかる!どうしても困ったらキャリア決済を現金化しよう

「子育てはお金がかかる!」とよく聞きますが、子育ては本当にお金がかかります。

予期せぬ急な出費も多いため、ある程度の貯蓄が必要不可欠となりますが、貯金に回せるほどお金に余裕のないケースが多いのも事実。

資金繰りに頭を悩ませてしまうこともあるでしょう。

そんなときに役立つ金策方法としてキャリア決済現金化が存在します。

携帯電話とネット環境さえあれば誰でも利用できる優れたサービス。

今回の記事では、急な出費で困っているときでもすぐに利用できるキャリア決済現金化について詳しく紹介していきます。

キャリア決済現金化を利用したいと考えている人はこちらの記事を参考にしてください。

子育てに大切なのはお金?時間?答えは成長過程で変わるんです!

少子化社会と言われる原因の一つとして世帯収入の減少が大きな要因となっている現代。

それでも子供を授かり、家庭を切り盛りしている人たちも大勢います。

できちゃった婚で子供を授かる家庭もあれば、計画的妊娠や不妊治療を経て子供を授かる家庭もあるでしょう。

最初からある程度の蓄えを持った状態で子育てできる環境がもっとも望ましいですが、現実問題としてなかなか難しい話です。

「子供の1人や2人くらい何とでもなる!」

と思って子育てに励んでいる家庭が1番最初にお金の大変さを実感するのは、おそらく子供が中学生になった頃からでしょう。

子育てに大切なのはお金か、時間か・・・。

時間とお金

答えは「両方」。

なぜなら成長過程でその必要さが変わってくる現実があるからです。

小学生までの子育てに必要なのは「時間」。

子供に必要なのは幼少期における親との心の繋がりと中学生以降に必要となるお金の2つ。

この2つがあって初めて「子育ての成功」といえることを把握しておきましょう。

お金のことばかり考えてしまい、心の成育に必要な「幼少期の親との時間」を欠いてしまうと、親子間の信頼関係が薄くなり、自分勝手な思考で生きる人間に育ってしまいます。

また中学生以降であっても、子供との時間を大切にするあまり、お金の用意ができないことで親子間の信頼ができていたとしても、社会に出るときに必要な「学歴」「習い事を通した経験」などの武器が欠けてしまい、1人立ちできない可能性や、社会人としての生活が厳しい人間として育ってしまう可能性も大きくなってしまいます。

親の役目は子供との信頼関係を築きながら社会に送り出すことであり、それこそが使命となるのです。

「何とかなる!」といった考えだけでは、子育てを成功させるための材料が少なすぎますし、親としての自覚が足りない状況になってしまうでしょう。

親は常に子供の将来を見据え、状況に合わせた変化を持って対応しなければいけません。

子育てにかかるお金の目安とは?月間、年間別に把握しよう!

「子供にはお金がかかる・・・」と言いますが、実際にどのくらいかかると思いますか?

未就学児から中学生における年齢別必要費の目安を解説していきますので、子供のいる生活をしている人、子供のいる生活を検討される人は参考にしてみてください。

月間、年間の必要費(1歳~3歳)

月間目安53,651円
年間目安643,823円

年間費用の内訳

衣服・雑貨費66,754円
食費166,387円
生活用品149,425円
保育費62,790円
レジャー費97,127円

月間、年間の必要費(4歳~6歳)

月間目安85,777円
年間目安1,029335円

年間費用の内訳

衣服・雑貨費66,462円
食費224,627円
生活用品92,522円
保育費379,407円
学校外活動費43,179円
レジャー費136,383円

※幼児教育無償化に伴い、保育費用の大幅な削減も期待できます。(目安の金額を用意しておき余った分は貯蓄するなど)

月間、年間の必要費(7歳~12歳)

月間目安82,542円
年間目安990,504円

年間費用の内訳

衣服・雑貨費66,970円
食費278,294円
生活用品83,419円
学校費105,242円
学校外教育費106,089円
学校外活動費94,985円
レジャー費167,044円

月間、年間の必要費(13歳~15歳)

月間目安114,638円
年間目安1,375,657円

年間費用の内訳

衣服・雑貨費76,507円
食費356,663円
生活用品97,139円
学校費274,109円
学校外教育費248,556円
学校外活動費57,337円
レジャー費146,710円

必要費に関する補足

高校進学、大学進学となると、入学費や制服代含め初年度から数十万~数百万単位の費用が必要になってきます。

進学する先が国立、公立、私立などの違いによって差も大きくなりますが、最低でも数十万単位のお金が出ていくことは避けられません。

学費について

奨学金を利用して負担を減らす方法もありますが、日本の奨学金制度は「後から返済」が必要なものばかりなので、できる限り即金で用意しておくことが望ましいですね。

なお上記で紹介した金額は、貯金や保険などを含まない最低限の目安費用になります。

将来を見据えた場合、目安金額プラスアルファで月に2~3万円の費用が必要となってくるでしょう。

子供手当をそのまま貯金したり、保険に当てるなどの対策をする家庭も多くあります。

また学校外教育費やレジャー費用を抑えることで節約もできますが、心の教育や高校受験対策のための投資でもあるため、ここはなるべく削減したくないところ。

世帯収入と「子供のために何が必要なのか?」を家族で話し合い、目安を元に自分の家庭における必要経費を算出していきましょう。

子育てにお金は必要だけど自分自身の自制はストレスを溜めるだけ

子供のためになりふり構わず必死になる親の姿は美しいものです。

しかし本当に子供の成長だけで満足できる親はどのくらいいるのでしょうか?

その答えは数パーセントというわずかな値。

表面上では「子供のためなら何でも我慢できる!」という信念を持っている人も、心の中では「どこか自分自身の欲求を満たしたい・・・」といった気持ちを持っているもの。

子育てストレス

この気持ちを持つこと自体、親として失格のような罪悪感を持ってしまう人も少なくありませんが、その気持ちは決して悪いものではないのです。

むしろ人間なら誰でも当たり前に芽生える感情です。

親であっても1人の人間に変わりはないのですから。

子育てには本当にお金がかかります。

実際に子供ができて一緒に生活をしなければ見えてこない「お金の動き」を嫌というほど実感することにもなるでしょう。

また成長に伴ってお金の動きも大きくなることから、不安や焦りを感じてしまうのはどこの家庭でも同じようなもの。

子供のために少しでもお金を用意しようと頑張るのは親の基本の姿です。

しかし本当にそれだけで人生を満足できるかと聞かれれば、本心的にはNOと思っている人はたくさんいます。

「子供のため」を呪文のように自分自身に言い聞かせ、自制をかけ続ける生活はストレスが溜まります。

お金を用意できたとしても、溜まりに溜まったストレスで心のバランスを崩してしまったり、体調を壊してしまうケースも珍しい話ではありません。

ストレスを抱え続けた結果、子供の成長を素直に喜べない気持ちになったり、下手をすれば切ない気持ちでいっぱいになってしまうことだってあるのです。

「子供のため」を100パーセントにするのではなく、せめて2割、3割は自分を大切にする考え方、生き方をしたほうが、子供も自分も幸せを感じることが多い人生、またより幸せな家庭を作ることができるようになるはずです。

幸せな家庭

親が苦悩している姿を見て幸せだと言い切れる子供もいないでしょう。

ほんの少しでも「自分のために使う時間」「自分のために使うお金」を考えた生活のほうが、より満足感を得られる人生になるものです。

子育てにはお金が必要という現実から目を背けないために

独身や子供のいない家庭と比べた際、当たり前ですが子供のいる家庭のほうが絶対的にお金がかかります。

金欠や借金に悩んでしまう家庭の多くは、子供ができても「何とかなる精神」といった安易な考えを持っているケースが非常に多いです。

この気持ちを切り替えない限り、金欠との縁が切れない生活を続けるようになってしまいます。

子供ができたらとにかく「これからどんどんお金が必要になる・・・」という自覚を持った生活にシフトしていきましょう。

もちろんストレスを溜め過ぎないように自分へのご褒美を考えることも必要なので、子供と自分、そして必要になってくるお金のバランスを考えられるような意識改革が求められます。

「何とかなる!」を口癖にしてしまう家庭が多く見受けられますが、「何とかなる!」という曖昧なフレーズは、見方を変えるとお金が必要な現実から目を背けていることにもなります。

何でもざっくりとしたどんぶり勘定で毎日、毎月を乗り越えているようでは、お金に多少の余裕がある状況であってもいつか金欠になってしまうでしょう。

金欠

金欠になってもまだ「何とかなる精神」を持ったままでいると、どんどん負債が大きくなり金欠から借金生活へ負のグレードアップをしてしまいます。

元金の返済に加え利息の返済も付いてくる借金生活は、1度落ちてしまうとなかなか抜け出せない悪循環な状況になってしまうでしょう。

目の前の現実と向き合えない場合、このような「生活悪化」に陥ってしまうリスクが非常に高くなるのです。

子育てをしながらより良い生活を目指したいのであれば、まずは目の前の現実と真っ向から向き合う姿勢が必要になります。

お金にどうしても困ったらキャリア決済を現金化しよう!

子育てをしていると一時的な金欠に陥ってしまう機会が増えるのも事実。

ある程度の貯蓄を持っている状態であれば何とかやり繰りできるかもしれませんが、子育てをしながら貯蓄をするのは本当に大変です。

金欠にこそならなくても、貯金には手が届かない人も少なくありません。

自転車操業のように毎月何とかこなしていく生活は、いつ金欠になってもおかしくない状況でもあるのです。

「今月も何とか生活できた・・・」と胸をなでおろす生活のその先には、常に「来月は金欠になるかも・・・」という不安が付いてくるもの。

お金の不安

危ない状況であってもやり繰りを続けられるのであればそれでも良いです。

ただ金欠という現実を目の当たりにしたときには、金策を考えていないことからパニックになってしまうことも十分考えられます。

パニックになったときの金策はデメリットやリスクについて考える暇もなく、初めに思い浮かんだ安易な金策に走りがち。

安易な金策のせいで翌月以降の支払いが大きくなり、さらなる金欠を引き起こす負の連鎖を招く可能性が高くなります。

金策には様々な方法がありますが、特におすすめしたい金策は「キャリア決済現金化」。

無職の主婦や育児休暇中のママでも気軽に金策できる方法なので、いざというときに役立つ対処法です。

携帯電話とネット環境さえあればリスクもなく即金を用意できる何とも便利なシステム。

誰にもバレることなく金策できるため、いざというときに本当に便利です。

限度額の設定もあることから、「使いすぎることなく安心して金策できるメリット」を大いに活用してみてください。

キャリア決済現金化ならクイックチェンジ一択

弊社クイックチェンジはキャリア決済現金化の専門店です。

お客様の期待にいつでも応えることができるよう、年中無休で営業しています。

キャリア決済現金化専門店「クイックチェンジ」

急な出費で資金繰りに困っているときなどに重宝する便利なキャリア決済現金化。

ですが初めてキャリア決済現金化というサービスを利用される人にとって不安は付きもの。

もしサービスに対する不安など御座いましたらお気軽にお問い合わせください。

弊社スタッフが詳しい内容を説明し、お客様に十分ご納得いただいた上でご利用いただきます。

不安を抱えたままだとサービスの利用中であっても心配事が尽きませんからね。

もしキャリア決済の現金化に興味があるという人は、是非ともクイックチェンジにお声がけください。

真摯な対応、万全のサポートをお約束いたします。

お申込みはこちら

LINEからのご連絡も可能です。
友だち追加数

お知らせ:ワイモバイル、UQモバイルではキャリア決済現金化に対応することができません。ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願いいたします。

振込手数料、入金反映時間に関しては各金融機関の入金反映時間よりご確認下さい。尚、各金融機関の営業時間に準ずるものとします。

お名前(必須)
フリガナ(必須)
電話番号(必須)
メールアドレス(必須)
利用端末(必須)
決済種類(必須)
初めてのご利用ですか?(必須)
申込金額(必須)
金融機関名(必須)
支店名(必須)ゆうちょ銀行の場合は店番、記号のどちらかを入力して下さい。
口座番号(必須)
振込名義(必須)
ご質問・ご要望ご質問、ご要望などがあれば記入下さい。

私は18歳以上です。

上記の内容で宜しければチェックを入れて送信ボタンを押して下さい。



クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部は、キャリア決済現金化に関するさまざまな知識、携帯電話のお役立ち情報をいち早くお伝えするために日々活動しています。こちらの記事に対し、ご意見、ご要望など御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。お送り頂いた内容を確認した後、次回の更新時に反映させて頂きます。