増税でお金のやり繰りが大変!そんなときはキャリア決済現金化を有効活用

2019年10月1日から消費税が10%に増税となりました。

増税が実施されてからまだ期間が経っていないため、生活への影響はそれほど多くありませんが、これから嫌でも増税の影響を受けることになるでしょう。

今まで生活がギリギリだった人は金欠に陥ってしまう可能性も十分考えられます。

お金の問題はいつ起きるか分かりません。

そんなときのために予めいざというときの金策方法を用意しておくことがベストな考えといえます。

もちろん様々な金策方法がありますが、その中に「キャリア決済現金化」という選択肢も加えてみてください。

下記にて詳しく説明していますが、キャリア決済現金化は大手携帯キャリアを契約している人なら誰でも手軽に利用できる新しいサービス。

即金を手にしたいと考えたとき、キャリア決済現金化は間違いなく使い勝手のよい金策になるはずです。

そこで今回の記事では、増税でお金のやり繰りが大変なとき、キャリア決済現金化を有効活用する方法について解説していきます。

お金のトラブルで困らないためにも、先を見据えた金策の豆知識としてぜひお役立てください。

誰もが望まない増税は家計を圧迫させるだけ

とうとう消費税が10%に増税されました。

多くの議論の末に実施された増税。

国の資金繰りが大変なのは分かりますが、正直な感想として

「私たち一般人にはそんなこと関係ない話・・・」

そう思っている人がほとんどです。

そのため増税はただただ家計を圧迫させるだけの国の金策でしかありません。

増税

それでも日本は法治国家であり政治が国を動かしていることも変えられない事実。

政治家になって発言権や決定権を持たない限り国の決めたことには黙って従うしか道はありません。

納得できなくても決まったことに順応し、何とかやり繰りを考えるしか手立てはないのです。

誰もが望んでいない増税でしたがもう決まったこと。

変えようと思っても変えられません。

前々からそれなりの準備期間が用意されようやく実施された形ではありますが、いざ開始となってみればあまり変化を実感することはありませんでした。

増税といってもまだ始まったばかりなので漠然とした「家計が大変になる」という不安感だけが先行してしまい、実際に影響を受けるまでには至っていないのかもしれませんが、今月末の支出入を計算したときには痛いほど実感する家庭も続出するでしょう。

数年前には5%の消費税が8%に上がり、いつしか増税された生活に慣れも見えました。

しかし8%から10%に上がった生活に慣れるまでにはしばらく時間がかかりそうです。

感覚が慣れるまでのその間、金欠を経験する人が悲しいくらいに増えてしまう現実がすぐそこまでやってきています。

今のうちから何かしらの対策を用意しておかなければ、増税に伴う金欠によってあっという間に借金生活になってしまう可能性も十分あり得る話なのです。

増税に合わせた便乗値上げは本当にうざい

消費税が上がることだけでも家計には大きなダメージがあるというのに、この増税に合わせて便乗値上げをするお店や企業も増えています。

自分たちの利益を守るのも経営者として大切な役目なのかもしれませんが、その負担を消費者でまかなおうとするその発想自体が本当にうっとうしいですよね。

腹立だしいその状況にも本当に欲しいものを提供する相手であれば、泣く泣く従って便乗値上げされた商品を購入しなければいけない消費者の苦しみ。

どの時代でもいつだって苦しい思いをするのは私たち一般人です。

便乗値上げ

その足元を見るような行為には怒りすら覚えてしまいますよね?

それでも自分の住んでいる国のやり方、政治の結果には「仕方ない」の一言で諦めるしかないのも悔しい話。

今のネット社会において何か事が起きる前に情報がいち早くネットで流れる時代なので、欲しいものが増税に便乗して値上がりするとの情報も入りやすいです。

高額商品が便乗値上げ効果でさらに値上げを見せるようであれば、増税前に駆け込み購入するのも一つの対策方法になるかもしれません。

しかし増税前の駆け込み購入には落とし穴があるので要注意。

これから増税前の駆け込み購入の危険性について詳しく解説していきますので、今後の参考にしてみてください。

それ本当に必要?増税前の駆け込み購入は超危険!

増税が決まったとき、とにかく消費税が上がる前にできるだけ今の税率で商品を購入しようと考える人も少なくありません。

増税が始まったばかりの今、まだ増税に戸惑いを見せる消費者の心を掴もうと、多くのお店や企業が増税セールと称してたくさんのイベントをおこなっています。

駆け込みキャンペーン

これも一つの増税対策として、セール期間中に多くの商品を駆け込み購入しようと考えている人が見受けられますが・・・

それ、ちょっと待ってください。

その商品は本当に必要ですか?

たしかに日用品などの生活必需品に関しては、常に1円でも安いものを求めるのが節約です。

増税が決まった後、増税前や増税セールでの買いだめに走ることで少しでも節約をしようと考えるのは分かります。

ですが増税といっても、実は「お金の支払い方」次第で増税前よりお得に購入できるようになる場合もあるんですよ。

駆け込み購入をする方が実は節約にならないことも実際にあり得ます。

もちろん消費税は上がりますが、購入する場所によっては「クレジットカード決済」、お店独自のカードにお金を貯めてから支払う方法「キャッシュレス決済」を使うことで還元サービスの対象になり、現金で購入するよりもはるかにお得に商品を購入できるようになるのです。

駆け込み購入が節約になると思い込んでいる人ほど、逆に無駄使いになってしまう危険性が非常に高くなる状態であることを把握し、賢い節約術が使えるように知識と情報を集めていきましょう。

補足になりますが、むやみな駆け込み購入のデメリットとして「家の中で物の置き場がなくなる」こともあります。

焦って大量のトイレットペーパーや洗剤などの生活品を購入しても、十分に蓄えられるスペースが確保できない家庭であれば、家の中が物置のような状態になってしまうでしょう。

いくら節約のための行動とはいえ、毎日の生活の拠点となる自宅が備蓄品であふれかえっている環境では落ち着けませんよね?

些細な事と思われるかもしれませんが、家の中が汚くなったり生活しにくい環境になることで人の心の中にはストレスが芽生え始めます。

小さなストレスも毎日の積み重ねで大きなものになり、増税前の節約購入のために良かれと思って取った行動のせいで、家庭不和を作り上げてしまう可能性も考えられます。

本当に「家庭のこと」を考えるのであれば、お金のことだけ考えるのではなく、節税対策のための情報収集に合わせ、自分の環境とのバランスを見る視野の広さも求められるようになってくるでしょう。

増税で家計が圧迫される前に金策を用意しておく

節約を意識した生活をすることで、確かに毎月の必要経費も抑えることができるようになります。

しかしすべての支出において節約を完ぺきにできる人は少ないはず。

「これくらい・・・」と思って購入した商品でも、その購入金額を月末に計算してみれば結構な額になっているケースも少なくありません。

お金のやり繰り

またキャッシュレス決済を使うことで、節約できる安心感からクレジットカードを使いすぎてしまう心配もでてきます。

キャッシュレス決済は細かい小銭を考える必要がなく、手持ちがなくても欲しいものがその場で購入できるメリットもありますが、見方を変えれば「いくら使っているのか分からなくなる」というデメリットも生み出しているのです。

気が付けば翌月の支払い時に想像をはるかに超えるような金額が請求されることも大いに予想できます。

キャッシュレス決済を主流にしていない生活をしている人でも、「クレジットカード使いすぎ事件」はよくある話。

キャッシュレスは便利ですがお金の動きが非常に見えにくいため、常に家計簿に記入したり使った分をその都度メモしたりしない限り、どのくらいお金が動いているのか見えなくなってしまいがち。

またお金が不足しても引き出しにいく手間がない分、いつでも「気軽に買えてしまう」状況に心の余裕ができてしまい、買いすぎてしまう現実も引き寄せてしまうでしょう。

生活のメインをキャッシュレスにすれば、多くの機会で増税対策ができる環境になりますが、その分、今まで以上に金欠になりやすい環境を作ってしまう危険が隣り合わせです。

これも増税が原因で家計が圧迫される結果に繋がるでしょう。

金欠になったとき、すぐに対応できる金策を複数用意しておくことが賢明です。

金欠時のことを考えていなければ、いざ金欠になったときに慌てて金策に走らなければいけなくなってしまいます。

焦って考える金策は失敗することが多く、損失も大きくなってしまう可能性が考えられます。

追い詰められた状況でないときに冷静な思考で金策を考えておくことがベストなのです。

金策の最終手段はキャリア決済現金化で決まり!

お金に困る状況に追い詰められたとき、金策としていくつかの方法を思い浮かべるはず。

主に知り合いや金融業者から借りる、副業などでお金を作る、節約して支出を抑えお金を作る。

基本的にはこのようなパターンになりますよね?

金欠対策

ですがどの金策方法にもリスクはあります。

お金を借りる場合には「信用」「利息」が必要になることがほとんど。

審査に時間のかかるケースもあり、即金を手にすることができない場合もあります。

また副業でお金を作る場合、「体力」「気力」、そして給料の支払いが日払いでもない限り、実際に現金が手元に入るまで「時間」が必要になることから、この方法も即金を用意する金策としての力が弱いです。

節約してお金を作る場合、食費を削ることから始めるケースが多いですが、体力や思考力の低下を引き起こすため、生活そのものにダイレクトな影響を与えてしまう危険性が見えてきます。

一時的な金策として考えるならそれくらいのリスクは仕方ないと割り切る人も多いですが、もっと効率よく金策できる「キャリア決済現金化」を利用した方がよっぽど簡単ですし負担も少ないです。

キャリア決済現金化は新しい金策術。

最近広がり始めた方法なのでまだまだ知らない人も少なくないでしょう。

ドコモ、au、ソフトバンクといった大手主要キャリアの携帯電話を使っている人なら簡単に利用できる金策。

誰にも知られることなく即金でお金が用意できるそのシステムは非常に嬉しいです。

支払いは翌月の携帯電話料金と合算されるため手間もかかりません。

増税の影響により金欠になる機会も増えてくるでしょう。

そんなときの最終手段として「キャリア決済現金化という金策方法がある!」ということを知っておくだけでも、いざというときの事前準備になります。

困ったときはぜひ活用してみてください。

クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部は、キャリア決済現金化に関するさまざまな知識、携帯電話のお役立ち情報をいち早くお伝えするために日々活動しています。こちらの記事に対し、ご意見、ご要望など御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。お送り頂いた内容を確認した後、次回の更新時に反映させて頂きます。