キャリア決済をクレジットカードのように利用する方法


需要が伸びつつあるキャリア決済ですが、対応している店舗が少ないため、不便に感じている方も多いと思います。

たしかに、キャリア決済に対応している店舗の数は少ないですね。

しかも、キャリア決済を利用出来る店舗は全てオンラインストアとなるため、インターネットをあまり利用しない方にとっては、使い勝手の良いサービスとは言えません。

ただ、キャリア決済をクレジットカードのように利用する方法も存在します。

こちらの方法を使う事によって、路面店や飲食店でもキャリア決済枠を利用する事が出来るようになります。

そこで、今回は、キャリア決済をクレジットカードのように利用する方法を詳しく紹介させて頂きます。

興味のある方は是非一度ご覧下さい。

携帯会社の発行するプリペイドカードを有効利用しよう

各携帯会社は事前に残高をチャージする事で利用する事の出来るプリペイドカードを発行しています。

携帯会社が直接発行しているプリペイドカードになるため、チャージ方法も銀行振込、クレジットカードの他にキャリア決済にも対応しています。

ただ、多くの方が、携帯会社でプリペイドカードを発行している事を知らないのも事実です。

こちらのプリペイドカードは、金額をチャージする事でクレジットカードと同等のサービスを受けられる事から、携帯電話でキャリア決済を利用するより使い勝手が優れています。

インターネットをあまり利用しない方で、キャリア決済を利用したいとお考えの方は、1枚だけでも発行しておく事をおすすめします。

プリペイドカードの仕組み

上記でもお伝えした通り、プリペイドカードとは、事前に金額をチャージする事で初めて利用する事の出来る「前払い式クレジットカード」になります。

例として、10,000円をチャージした場合で説明させて頂きますが、チャージ金額が10,000円のため、その金額の範囲内であればカード決済が可能になります。

20,000円、30,000円と言ったチャージ金額を超える利用は出来ません。

そのため、使い過ぎの心配もありません。

残高がなくなれば、その都度、金額をチャージする必要がありますので、一般的な後払いのクレジットカードより安全性は高いと言えます。

クレジットカードを持たない理由で「使い過ぎが心配」と言った声をよく聞くのですが、前払い式のクレジットカードであれば、そのような心配をする必要はありませんよね?

ご自身の財力の許容範囲内で安全に利用出来るクレジットカードが「プリペイドカード(前払い式クレジットカード)」であると覚えておきましょう。

各キャリア専用のプリペイドカードを紹介

各キャリアが発行しているプリペイドカードを紹介したいと思います。

また、残高のチャージ方法やチャージ残高の上限も説明させて頂きますので、これからキャリア専用のプリペイドカードを発行しようと言う方は、是非、今後の参考にして下さい。

dカード プリペイド

ドコモをご利用されている方は「dカード プリペイド」を発行して下さい。

チャージ方法のメインはドコモケータイ払い、クレジットカードからとなります。

但し、チャージ残高の上限は30万円に設定されているため、利用後の残高は常に確認するようにしましょう。

au WALLET プリペイドカード

auをご利用されている方は「au WALLET プリペイドカード」を発行して下さい。

チャージ方法のメインはauかんたん決済、クレジットカードからとなります。

チャージ残高の上限はトータル10万円の設定となりますが、1回にチャージ出来る金額に制限が設けられているため、急いでいる方はチャージ金額に対する注意が必要になります。

1回のチャージ上限額 / auかんたん決済:20,000円
1回のチャージ上限額 / クレジットカード:25,000円

ソフトバンクカード

ソフトバンクをご利用されている方は「ソフトバンクカード」を発行して下さい。

チャージ方法のメインはソフトバンクまとめて支払いとなります。

クレジットカードからもチャージは可能ですが、その場合「おまかせチャージ」を利用する事となるため、個人的にはあまりおすすめは出来ません。

チャージ残高の上限は100万円と他のキャリアより高額な設定になっていますが、ソフトバンクまとめて支払いの上限は最大10万円なので、基本的な利用額も最大10万円になると思います。

おまかせチャージとは?

おまかせチャージとは、事前に金額をチャージする事なく利用出来る後払いサービスになります。

要は一般的なクレジットカードと同じサービスと言う事ですね。

決済サイクルは「毎月末日締切、翌月27日支払い」となります。

クレジット機能も備えたいと言う方には適したサービスだと思いますが、単純にソフトバンクまとめて支払いの決済枠だけを利用したいと言う方には不要なサービスと言えます。

おまかせチャージに関しては、ご自身の利用目的に合わせて利用するか吟味される事をおすすめします。

ワイモバイルについて

ワイモバイルをご利用されている方の発行出来るプリペイドカードは販売はありません。

ソフトバンクとワイモバイルは同一サービスのため、ワイモバイル利用者もソフトバンクカードを発行出来ると考える方もいらっしゃるかと思いますが、ソフトバンクカードの発行条件はソフトバンクとの契約が条件となるため、ワイモバイルでは発行出来ないのです。

そのため、ワイモバイルの場合、他の3キャリアとは異なり、クレジットカードとしての利用は出来ませんので注意して下さい。

メリット、デメリット

プリペイドカードを発行する前に、メリット、デメリットの両方を理解しておく必要があります。

発行した後に後悔しないためにも、以下の内容をご覧頂き、納得出来た方のみ、各携帯会社のプリペイドカードを発行するようにしましょう。

プリペイドカードのメリット

① 発行手数料、年会費が無料。
② 使い過ぎる心配がない。
③ キャリア決済からチャージ出来る。
④ クレジットカードと同等のサービスを受けられる。

プリペイドカードのデメリット

① 残高がなくなったら毎回チャージする必要があるため、若干手間が掛かる。
② チャージ残高に上限が設けられているため、高額商品の買い物には向かない。
③ リボ払い、分割払いは利用出来ない。

まとめ

以上がキャリア決済をクレジットカードのように利用する方法となります。

スマホやiPhoneの普及により、キャリア決済サービスの需要も確実に増えています。

今現在の携帯市場を見る限り、今後、メジャーな決済方法の一つとして定着する可能性も十分考えられるキャリア決済サービスですが、その利用方法は様々です。

ごく普通に携帯電話からキャリア決済を利用するのも一つですし、今回紹介したようなクレジットカードとしての利用も便利です。

インターネットをあまり利用しない方でも、キャリア決済の使い道はありますので、今後の生活に役立てて見ては如何でしょうか?


サブコンテンツ

このページの先頭へ