キャリア決済で購入出来るギフトカードを紹介!!


各携帯電話会社のオンラインショップでギフトカードが販売されている事はご存知でしょうか?

ギフトカードはアプリの購入代金やゲームで課金した代金を支払う際に利用する事が出来ます。

ギフトカードがコンビニで取り扱われている事は、既に多くの方がご存知かと思いますが、最近では、各携帯電話会社のオンラインショップでも取り扱いが開始されています。

各携帯電話会社のオンラインショップによって取り扱い商品は異なりますが、共通して支払い方法にキャリア決済を選択出来ます。

キャリア決済で購入した商品の代金は、翌月の携帯電話料金と合わせて清算する事が出来るため、後払い感覚で手軽に購入する事が出来ますよね。

そこで、今回は、各携帯電話会社のオンラインショップで取り扱われているギフトカードを紹介させて頂きます。

ご自身の用途に合うギフトカードが、今現在、利用されている携帯電話会社のオンラインショップで販売されていれば、ネット購入されても良いかと思いますよ。

キャリア決済で購入するギフトカードは全てEメールタイプ

各携帯会社のオンラインショップで購入出来るギフトカードは全てEメールタイプとなります。

決済手続きの途中で、ギフトカードが届くメールアドレスを入力する必要があるのですが、その際に、必ず受信出来るメールアドレスを入力するようにしましょう。

Eメールタイプのギフトカードの場合、購入後に送られてくるメール本文にプリペイドコードが記載されています。

オンラインショップでギフトカードを購入したとしても、プリペイドコードをしっかり受け取らなければ、アカウントにチャージする事は出来ません。

そのため、ギフトカードを購入する際に送付先として指定したメールアドレスに関しては、文字の打ち間違いがないよう、入力後に必ず確認するようにして下さい。

キャリア決済で購入出来るギフトカード一覧

ドコモ、au、ソフトバンクのオンラインショップで購入出来るギフトカードを紹介します。

こちらの3社の中で、ギフトカードの種類を一番多く取り扱っているのはauになりますね。

また、3社ともオンラインショップでの販売と言う事で、24時間いつでも好きなときに購入する事が出来ます。

しかも、キャリア決済で購入した場合、購入代金は翌月の携帯電話料金とまとめて精算する事となりますので、お支払い自体に余裕を持つ事が出来ます。

コンビニなどの店舗でギフトカードを購入するより、オンラインショップから購入した方が、全てにおいて便利であると言う事は間違いありません。

下記で紹介しているギフトカードを店舗で購入している方は、この機会に、購入先をオンラインショップ変えた方が間違いなくお得ですよ。

iTunesコード

iTunesコード

iTunesストアでの音楽のダウンロードやアプリの購入に利用する事が出来るギフトカードになります。

店舗で購入する場合「iTunesカード」、オンラインストアで購入する場合「iTunesコード」と名称が分かれるのですが内容は同じです。

iPhoneを契約している方なら一度は利用した事のあるギフトカードですよね。

取り扱いショップは以下の通りとなります。

① ドコモオンラインショップ
② auオンラインショップ
③ ソフトバンクオンラインショップ

Apple Musicコード

Apple Musicコード

Apple Musicのメンバーシップ料金を「3ヵ月 / 2,940円」「12ヵ月 / 9,800円」でチャージ出来るギフトカードになります。

Apple Musicは月額980円となりますが、その料金を月単位でまとめてチャージするために販売されている特殊なカードですね。

iTunesコードからチャージした金額でもApple Musicメンバーシップの料金を支払う事は出来ますが、Apple Musicの月額料金に適した額面が販売されていないため、どうしても残高が残ってしまいます。

Apple Musicだけを利用する場合には、こちらのApple Musicコードが非常に役立つ事を覚えておきましょう。

取り扱いショップは以下の通りとなります。

① auオンラインショップ
② ソフトバンクオンラインショップ

Google Playギフトコード

Google Playギフトコード

Google Playで音楽やアプリをダウンロードする際に非常に便利なギフトカードになります。

予めご自身のアカウントに金額をチャージしておく事で、課金した代金が自動的に引き落とされる事から、使い過ぎを防止するためにも非常に役立ちます。

店舗で購入する場合「Google Playギフトカード」、オンラインストアで購入する場合「Google Playギフトコード」と名称が分かれるのですが内容は同じです。

また、利用方法に関してはiTunesコードと非常に良く似ているのですが、こちらに関してはOSの違いですね。

「iTunesストア / iTunesコード」「Google Play / Google Playギフトコード」になる事を覚えておきましょう。

取り扱いショップは「auオンラインショップ」となります。

ニンテンドープリペイド番号

ニンテンドープリペイド番号

ニンテンドーeショップで利用する事の出来るギフトカードになります。

2017年2月現在の対応ゲームは「Wii U」「ニンテンドー3DS」「Wii」となっていますが、2017年3月3日に発売される「Nintendo Switch」関連の商品にも対応するのではと思います。

利用方法としては、ご自身のアカウントに金額をチャージする事で、オンラインでゲームを購入、ダウンロードしたり追加アイテムを購入する事が出来る前払い式のプリペイドカードとお考え下さい。

人気ゲームを購入する際に非常に役立ちます。

人気ゲームを店舗で購入する場合、在庫が品切れになってしまう可能性も考えられますが、ダウンロード購入する場合、品切れの心配はありません。

そのため、品切れの考えられるゲームソフトを購入する場合の有効な手段として重宝しますね。

取り扱いショップは「auオンラインショップ」となります。

プレイステーションストアチケット

プレイステーションストアチケット

プレイステーションストアで利用する事の出来るギフトカードになります。

PSNアカウントに予め金額をチャージしておけば、いつでも有料コンテンツを購入する事が出来ます。

プレイステーションストアでは、ゲームのダウンロード購入や追加アイテム購入の他に、映画などもダウンロード購入する事が出来ます。

また、PSVR関連の商品もプレイステーションストアからダウンロード購入出来るため、コンテンツ購入に関する幅の広さで言えば、ゲーム業界では断トツだと言えますね。

取り扱いショップは「auオンラインショップ」となります。

注意事項

ギフトカードをアカウントにチャージする際、コード番号を入力する必要があるのですが、ここで注意すべき点があります。

コード番号を入力する場合、入力した文字が一桁でも間違っていればアカウントに反映されません。

十数桁の英数字からなる番号を連続で入力するため、入力ミスが起こりやすいです。

そのため、全てのコード番号を入力した後、再度、見直しをおこなう事が非常に重要となります。

他にも、間違いやすい文字がいくつか存在しますので、正しい文字を正確に入力する必要があります。

【間違いの多い文字】
「Bと8」「DとO」「Eと3」「Gと6」「OとQ」「O(アルファベット)と0(数字)」「Sと5」「UとV」「Zと2」

慌てて入力してしまうと間違ってしまう可能性が高くなりますので、コード番号を入力する際には、慎重に間違いのないよう入力して下さい。

最後に

以上が携帯電話会社のオンラインショップで取り扱われているギフトカードになります。

紹介したギフトカードは全てキャリア決済から購入する事が出来ますので、お支払いにも余裕を持つ事が出来ますね。

今回は、携帯電話会社のオンラインショップで取り扱われている商品に限定して紹介しましたが、他にも、ギフトカードを取り扱っているオンラインショップは複数存在しますので、また別の機会に詳しく紹介したいと思います。


サブコンテンツ

このページの先頭へ