キャリア決済を利用できる携帯会社とは?


キャリア決済を利用出来る携帯会社とは?

クレジットカードがないとネットショップでの買い物、動画やゲームなどのデジタルコンテンツの購入ができないと思っていませんか?

しかし、スマホの「キャリア決済」を使えば、クレジットカードがなくてもネットで買い物ができます。

キャリア決済は「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の3大キャリアのいずれかと契約していれば利用可能です。

今回は、キャリア決済について知りたいという人のために、3大キャリアのキャリア決済について、それぞれ紹介していきます。

キャリア決済とは?

キャリア決済とは?

キャリア決済とは、商品やサービスの料金を月々のスマホ料金と併せて支払える決済方法です。

パソコンやスマホから暗証番号などを入力するだけで、取扱い可能なネットショップやサービスでキャリア決済ができます。

キャリア決済のメリット

キャリア決済のメリットは、クレジットカードがなくてもネットショップで販売されている商品や、デジタルコンテンツの購入ができるという点です。

一般的には、クレジットカードを持っていないと、ネットショップの利用が不便になったり、デジタルコンテンツの購入ができないなどのデメリットがあります。

例えば、ネットショップで買い物する場合、クレジットカードがなければ代金引換による取引になり、商品の代金のほかに代引き手数料を支払わなければなりません。

デジタルコンテンツにいたっては、クレジットカードがなければ購入できないことも多いのです。

ネットショップでの買い物やデジタルコンテンツの購入がしたくても、18歳未満の方や審査が通らない方など、クレジットカードを作れないという方もいることでしょう。

しかし、キャリア決済を使えば、クレジットカードがなくても代引き手数料なしで商品を購入したり、デジタルコンテンツの購入ができるのです。

つまりキャリア決済は、クレジットカードを持っていない方でも、ネットショップを便利に利用できたり、デジタルコンテンツの購入ができるサービスなのです。

キャリア決済は大手携帯会社での回線契約者が利用可能

キャリア決済は大手携帯会社での回線契約者が利用可能

キャリア決済は、「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の3大キャリアで利用可能です。

ですが、ご自身の契約しているキャリアが提供しているキャリア決済しか利用できませんので、当然、ドコモの利用者がauのキャリア決済を利用することはできません。

この点をよく覚えておきましょう。

携帯会社別キャリア決済の種類

先ほども説明した通り、キャリア決済は、どの携帯キャリアでも利用可能ですが、それぞれに違いや特徴があります。

では、それぞれのキャリア決済にどんな特徴があるのでしょうか?

ここでは、各携帯キャリアで利用可能なキャリア決済について紹介していきます。

ドコモのキャリア決済「ドコモ払い」

「ドコモ払い」は、NTTドコモの回線契約者が利用できるキャリア決済です。

決済時にドコモ払いを選択して、4ケタのネットワーク暗証番号を入力するだけで、ドコモ払いに対応しているネットショップで商品を購入できます。

ドコモ払いは2018年7月時点で、以下をはじめ、16のネットショップで利用可能です。

Amazon(アマゾン)
Yahoo!ショッピング
ネットオフ

またドコモ払いは、以下をはじめ、複数のサービスの料金の支払いにも利用できます。

dTV(ディーティービー)
ニコニコ動画
Hulu(フールー)
Mobage(モバゲー)
GREE(グリー)

ドコモ払いには、月の利用限度額があり、限度額は以下のように回線契約者の年齢によって異なります。

年齢 利用限度額
~19歳 10,000円/月
20歳~ 10,000~100,000円/月

ドコモ払いの月の利用限度額は、未成年は1万円、成人は最大で10万円です。

auのキャリア決済「auかんたん決済」

「auかんたん決済」は、auが提供しているキャリア決済です。

auかんたん決済もドコモ払い同様、パソコンやスマホから購入した商品やデジタルコンテンツの料金を月々のスマホ料金と合算して支払えます。

こちらもドコモ払い同様、ネットショップなどの決済方法にauかんたん決済を選択し、4ケタの暗証番号を入力するだけで決済が可能です。

auかんたん決済は、以下をはじめ、複数のネットショップで利用可能となっています。

楽天市場
ソニーストア
ニッセンオンライン

さらにauかんたん決済は、以下をはじめ、複数のサービスの料金の支払いにも利用可能です。

mu-mo(ミューモ)
ビデオパス
ニコニコ動画
U-NEXT(ユーネクスト)
Hulu

auかんたん決済にも月々の利用限度額があり、限度額は以下のように回線契約者の年齢によって異なります。

年齢 利用限度額
~12歳 1,500円/月
13~19歳 10,000円/月
20歳~ 10,000円~100,000円/月

auかんたん決済もドコモ払い同様、月の最大の利用限度額は10万円となっています。

ソフトバンクのキャリア決済「ソフトバンクまとめて支払い」

「ソフトバンクまとめて支払い」は、ソフトバンクの回線契約者が利用できるキャリア決済です。

ワイモバイルと回線契約している人も、ソフトバンクまとめて支払いでキャリア決済できます。

ソフトバンクまとめて支払いも、スマホなどで購入した商品やデジタルコンテンツの代金を、月々のスマホ料金と合算して支払えます。

ソフトバンクまとめて支払いは、以下のサービスで利用可能です。

Apple Store(アップルストア)
Apple Music(アップル・ミュージック)
iTunes(アイチューンズ)
Google Play(グーグルプレイ)

また、ソフトバンクまとめて支払いは、以下をはじめ、複数のネットショップやサービスでも利用可能となっています。

Yahoo!ショッピング
TOHOシネマズ
Netflix(ネットフリックス)

ソフトバンクまとめて支払いの月の利用限度額も、ドコモ払いやauかんたん決済と同様、回線契約者の年齢によって異なります。

ソフトバンクまとめて支払いの年齢ごとの月の利用限度額は、以下のとおりです。

年齢 利用限度額
満12歳 ~2,000円/月
満20歳 ~20,000円/月
満20歳以上 ~100,000円/月

ソフトバンクまとめて支払いも、他の2社同様、月の最大の利用限度額は「10万円」となっています。

ただし20歳未満の限度額は「2万円」で、1万円のドコモやauと比べると多くなっています。

キャリア決済はSIMフリーでは利用出来ない!

キャリア決済はSIMフリーでは利用出来ない

最近、3大キャリアと契約せずに「SIMフリー」の格安スマホを使っている人が増えてきました。

総務省の発表したデータによると、2017年12月時点でのSIMフリーのスマホの利用者は「10.4%」となります。

SIMフリーのスマホを使うことのメリットは、月々のスマホ料金が圧倒的に安く済むという点にあります。

ただし、3大キャリアと契約していない以上、SIMフリーのスマホでは、当然ここまで紹介してきたキャリア決済は利用できません

買い物にキャリア決済を利用したいという人には、SIMフリーのスマホを使うのはおすすめできません。

各携帯会社のキャリア決済まとめ

各携帯会社のキャリア決済まとめ

キャリア決済とは、ネットショップでの買い物やデジタルコンテンツの購入代金を、月々のスマホの料金と合算して支払う決済方法です。

キャリア決済は、「NTTドコモ」「au」「ソフトバンク」の3大キャリアのいずれかと回線契約していれば利用できます。

それぞれのキャリア決済の名称は以下のとおりです。

ドコモ→「ドコモ払い」
au→「auかんたん決済」
ソフトバンク→「ソフトバンクまとめて支払い」

各社とも大きな違いはありませんが、契約しているキャリアによって利用可能なショップやサービスなどが異なります。

また、SIMフリーのスマホを使っている人は、キャリア決済を利用できないので注意しましょう。

これまでキャリア決済の存在を知らずにネットショップでの買い物などをしてこなかったという人は、ぜひこの機会にキャリア決済を利用してみてはどうでしょうか。


サブコンテンツ

このページの先頭へ