iTunesコードって返金できるの?気になる疑問にお答えします

Apple製品のiPhoneやiPad、MacBookなどから有料アプリ、楽曲を購入する際、安心して使えるiTunesコードを利用する人が増えています。

iTunesコードを使えば「今月ってどれくらい課金したのかな?来月の携帯電話料金が不安だなぁ・・・」なんてことはありませんからね。

必要なときに必要な金額分のコードを前払いで購入しアカウントにチャージする。

購入した額面の金額しか利用できないため使いすぎの心配がないiTunesコード。

ですがここで気になる点が一つ。

もし購入したiTunesコードを返金したいと思ったとき、はたして返金してもらえるのでしょうか?

今回の記事では、購入したiTunesコードの代金を返金してもらえるのかについて詳しく解説していきます。

またiTunesコードの使用期限や国内外での利用についても触れていきますので、iTunesコードに疑問をいだいている人はこちらの記事をぜひご覧ください。

iTunesコードの基本的な使い方と購入方法について

まずはじめにiTunesコードの基本的な使い方から見ていきましょう。

iTunesコードは額面分の金額をApple IDにストアクレジットとして入金し、そのクレジットを使ってApple StoreやiTunes Storeで買い物したり、iCloudストレージをアップグレードすることができます。

もしキャリア決済を使ってiTunesコードを購入したのなら、基本的には自分のApple IDにオートチャージされます。

ギフトカードの購入が完了した時点で画面にiTunesコードが表示され、コードをクリックすることでオートチャージされる仕組みですね。

コードタイプはカードタイプと違い自分でコードを入力する必要がないので、チャージ作業に手間が掛かりません。

ちなみに各携帯電話会社の運営するオンラインショップからiTunesコードを購入できるため、わざわざ店舗まで足を運ばなくていいんです。

下記にて各キャリアごとの購入先を記載しておきますので、気になる人は一度目を通しておきましょう。

ドコモオンラインストア

ドコモユーザーは「ドコモオンラインショップ」からiTunesコードを購入できます。

ドコモ回線で契約中のスマホやiPhone、タブレットから購入手続きを進めましょう。

ドコモユーザーが利用するキャリア決済は「ドコモ払い」です。

spモード決済ではありませんので注意してください。

ドコモオンラインショップでは、500円、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円、バリアブルのiTunesコードが販売されています。

補足説明

バリアブルとは500円~50,000円まで1円単位で金額を指定できるコード。

ドコモ払いで決済をおこなう場合、支払方法の選択画面で「ドコモ払い」を選択します。

ドコモ回線を契約しているスマホやiPhone、タブレットであればキャリア決済を利用できますが、wifi回線ではキャリア決済からの購入手続きができないため、必ずモバイル回線に切り替えてからキャリア決済を利用しましょう。

au Wowma

auユーザーは「au Wowma」からiTunesコードを購入できます。

au回線で契約中のスマホやiPhone、タブレットから購入手続きを進めましょう。

auユーザーが利用するキャリア決済は「auかんたん決済」です。

au Wowmaでは、500円、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円、バリアブルのiTunesコードが販売されています。

補足説明

バリアブルとは500円~50,000円まで1円単位で金額を指定できるコード。

auかんたん決済で決済をおこなう場合、支払方法の選択画面で「auかんたん決済」を選択します。

au回線を契約しているスマホやiPhone、タブレットであればキャリア決済を利用できますが、wifi回線ではキャリア決済からの購入手続きができないため、必ずモバイル回線に切り替えてからキャリア決済を利用しましょう。

ソフトバンクオンラインショップ

ソフトバンクユーザーは「ソフトバンクオンラインショップ」からiTunesコードを購入できます。

ソフトバンク回線で契約中のスマホやiPhone、タブレットから購入手続きを進めましょう。

ソフトバンク、ワイモバイルオンラインショップ

https://www.softbank.jp/online-shop/options/iTunes-code/buy/

ソフトバンクユーザーが利用するキャリア決済は「ソフトバンクまとめて支払い」です。

ソフトバンクオンラインショップでは、500円、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円、バリアブルのiTunesコードが販売されています。

補足説明

バリアブルとは500円~50,000円まで1円単位で金額を指定できるコード。

ソフトバンクまとめて支払いで決済をおこなう場合、支払方法の選択画面で「ソフトバンクまとめて支払い」を選択します。

ソフトバンク回線を契約しているスマホやiPhone、タブレットであればキャリア決済を利用できますが、wifi回線ではキャリア決済からの購入手続きができないため、必ずモバイル回線に切り替えてからキャリア決済を利用しましょう。

iTunesコードの使用期限はいつまで?

iTunes StoreやApp Storeで利用できる便利なiTunesコードですが、使用期限について気になりますよね?

そこでAppleの公式サイトを確認して見ました。

Apple公式サイトにあるコミュニティから確認したところ、iTunesコードには特に使用期限が設定されていないようです。

つまり一度iTunesコードを購入、チャージした場合、期間無制限で利用できるということになります。

ただしネット上で情報を集めてみると

「過去には使用期限が6ヶ月と書かれていた。」

「iTunesコードをチャージしてから2年間利用せずにいたら残高が消えてしまった。」

などといった情報が散見されています。

現在の利用規約には使用期限が記載されていませんが、おそらく過去にそのような規約があったということでしょう。

場合によっては今後さらに規約が変更される可能性も考えられます。

使用期限が再び設けられる恐れもありますので、あまり長期間iTunesコードを保持しておくのはオススメしません。

必要になったタイミングでiTunesコードを購入、チャージし、早めに使い切ってしまうのが得策です。

有効期限の落とし穴!コンテンツコードに要注意

先程も説明した通り、iTunesコードに有効期限はありません。

ただしコンテンツコード、いわゆる販促用iTunesコードには有効期限が存在します。

コンテンツコードにはコード自体が記載されている書類が必ずありますので、その書類から有効期限を確認してください。

といってもアカウントにチャージしてしまえば有効期限も無期限に変わるので、チャージ後に使えなくなるような心配はありません。

iTunesカードは購入した国以外では利用不可

ここで一つ、iTunesコードに関する豆知識を紹介します。

iTunesコードは国や地域ごとに番号が異なるため、購入した国でしか使うことができません。

海外で購入したiTunesコードから日本で販売しているゲームアプリ、音楽を購入しようとしても購入そのものができないのです。

海外に住んでいる日本人でこちらの情報を知らない人は、住んでいる地域でiTunesコードを購入するよう注意してください。

返金したい!そもそもiTunesコードって返金できるの?

それでは今回の記事でもっとも重要となるiTunesコードの返金について解説していきます。

コンテンツのダウンロードやゲーム課金に役立つ便利なiTunesコードですが、こんな経験はありませんか?

「間違って不要なアカウントにiTunesコードをチャージしてしまった・・・」

「iTunesコードを買ったのはいいけど金欠だから返金したい・・・」

他にも返金して欲しい理由は色々あるはずです。

では一度購入したiTunesコードをチャージ後に返金してもらえるのでしょうか?

また購入後、未使用の状態のiTunesコードは返金してもらえるのでしょうか?

こちらについて詳しく見ていきます。

iTunesコードを残高にチャージした後は返金できる?

iTunesコードには有効期限がありません。

そのためいつでもアカウントにチャージすることができます。

アプリ課金のため、iTunes Storeでダウンロード商品を購入するためなど、さまざまな理由でiTunesコードを購入したのはいいですが、あとになって返金を考えることもあるでしょう。

また必要のないアカウントに間違ってチャージしてしまうなど、ある意味お金をドブに落とすような失敗談もありえる話。

ですが先ほども触れた通り、iTunesコード自体が料金の支払い後に有効になることからセキュリティ性が非常に高いため、iTunesコードの返金というのはできないんです。

だからこそiTunesコードをアカウントにチャージする際は、細心の注意を心掛ける必要があります。

iTunesコードを登録する前に知っておきたいこと

では先程触れたような失敗を未然に防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか?

iTunesコードはその額面だけの価値が間違いなくあります。

そのため購入する際も注意が必要です。

ですがどうしても返金したいときは次の方法を試してみてください。

それはAppleの公式サイトからiTunes関係の問題として問い合わせることです。

iTunesコードは使用不可などの不備があった場合、製品受領後14日以内に問い合わせることでiTunesコードが交換できます。

また基本的に返品できないiTunesコードですが、状況や理由次第では返金に応じてもらえる可能性もゼロではありません。

ただしあくまで予想なので100%でないことを忘れないでください。

本来は商品に対しての返金・返品がおこなえないiTunesコードなので、アカウントにチャージする際は十分注意しましょう。

iTunesコードは返金不可!登録時は十分に注意しよう

如何でしたでしょうか?

ここまでご覧いただけたのならiTunesコードについて十分ご理解いただけたと思います。

iTunesコードには使用期限がない、また購入した国でしか利用できないなど、知らなかった情報も多かったはずです。

その中でもっとも注意すべき点は「iTunesコードは返金できない」という事実。

iTunesコードは前払いで購入するプリペイドカードのようなものなので、使いすぎる心配もなく安心して利用できます。

ですが購入したあと、またアカウントにチャージしたあとは返金に対応してもらうことはできません。

iTunesコードを購入する前に、今一度そのコードは本当に必要なのかしっかり考えることが望ましいです。

あとになって後悔しないよう十分注意してください。


クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部は、キャリア決済現金化に関するさまざまな知識、携帯電話のお役立ち情報をいち早くお伝えするために日々活動しています。こちらの記事に対し、ご意見、ご要望など御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。お送り頂いた内容を確認した後、次回の更新時に反映させて頂きます。