キャリア決済現金化は違法じゃない!その理由について教えます

疑問男性1

キャリア決済現金化って違法なの?

疑問女性1

現金化を利用したらキャリア決済が利用停止になる理由ってなに?

疑問男性3

キャリア決済現金化は携帯電話会社にバレなければ使っても大丈夫?

このような疑問や悩みを抱えていませんか?

まずこの記事を読んでいる人の多くは、キャリア決済現金化によって即日現金を手にできることを既にご存知かと思います。

そこで気になるのがキャリア決済現金化の違法性についてですよね?

結論からお伝えするとキャリア決済現金化は違法ではありません。

ですがキャリア決済を現金化する上で注意しなければいけない点もあるんです。

この注意点に気をつけなければ最悪の場合、キャリア決済が止められてしまう、もしくは携帯電話の強制解約(ブラックリスト入り)になる可能性も考えられます。

そこで今回の記事では、キャリア決済現金化が違法ではない理由、またキャリア決済現金化を利用する上での注意点について分かりやすく解説していきます。

結論!キャリア決済現金化は違法ではありません

さっそく本題の結論からお伝えしますが、キャリア決済現金化は違法ではなく各携帯電話会社の定める利用規約に違反してしまう可能性があるということです。

各携帯電話会社では、キャリア決済の現金化行為を推し進めるような発言は一切していません。

また利用規約には現金化に関しての注意書きがあります。

ではなぜクレジットカード現金化業者が逮捕された事件もある中で、同じように「現金化」をおこなうキャリア決済現金化は違法ではないのでしょうか?

クレジットカード現金化業者が逮捕された事件を例に、キャリア決済現金化が違法ではない理由について解説していきます。

キャリア決済現金化が違法ではない理由

摘発されたクレジットカード現金化業者でおこなっていた違法行為は、利用者のクレジットカードを自社でカラ決済し、決済金額から手数料(換金率)を差し引いた金額を利用者へキャッシュバックするというものでした。

いわゆる「キャッシュバック方式」というやつですね。

ではキャリア決済現金化はどうでしょう?

各携帯電話会社のオンラインストアからキャリア決済を使って指定された商品を購入し、その購入した商品を現金化業者に買取してもらう。

その買取してもらった代金が利用者に振り込まれる。

クレジットカード現金化とキャリア決済現金化の違いは、「商品の購入・売却をおこなっているか?」です。

クレジットカード現金化ではカラ決済で手続きをおこなっていますが、キャリア決済現金化では実際に商品を購入しています。

ここが重要ポイント。

「商品を買って売る」この一連の流れは、単純な買取行為であり現金化取引において違法性はありません。

そもそもこの買取行為が違法なら、リサイクルショップやゲームの買取ショップも全て違法となります。

ですが気をつけてください。

キャリア決済現金化は携帯電話会社の定める利用規約に違反してしまう可能性もあるんです。

キャリア決済現金化は各携帯電話会社の利用規約に違反する

キャリア決済現金化が利用規約に違反するかどうかは、各携帯電話会社の利用規約から判断する必要があります。

では大手携帯電話会社「ドコモ、au・ソフトバンク」の利用規約を確認していきましょう。

利用規約の詳細が気になる人はリンク先から直接確認してみてください。

ドコモ払いの利用規約

第14条(本サービスの中断・停止)

2.当社は、お客さまが次の各号に該当するときは、本サービスの全部又は一部の利用を停止することがあります。

(5)現金等を得る目的で本サービスを利用したとき。

ドコモ払いの利用規約には現金等を得る目的として使用してはならないと明記されています。

auかんたん決済の利用規約

第1条 (本サービスの内容等)

5.本サービスは、代金の支払手段を提供することを目的としたサービスであり、会員は、現金化を目的として本サービスを使用してはならず、また違法な取引に使用してはなりません。

auかんたん決済の利用規約には現金化を目的として使用してはならないと明記されています。

ソフトバンクまとめて支払いの利用規約

第10条(本サービスのご利用)

1.お客さまが次のいずれかに該当する場合は、本サービスの全部もしくは一部の提供を停止し、または既にご利用を受け付けたものについても取りやめることがあります。

(5)現金類に換金することを目的として対象商品等の購入にご利用可能額を利用していると当社が判断した場合

ソフトバンクまとめて支払いの利用規約には現金類を換金することを目的として利用可能額を利用してはならないと明記されています。

キャリア決済を現金化してもキャリア決済は利用停止にならない

各携帯電話会社では、利用規約内で現金化を目的としたキャリア決済の利用を禁止しています。

ですが商品を買って売るという一連の作業の中で、キャリア決済を現金化したことがバレてしまい、キャリア決済そのものが利用停止になる可能性は決して高くありません。

なぜなら携帯電話会社で把握できる情報は利用者の購入履歴のみだからです。

もし携帯電話会社にキャリア決済を現金化していることがバレるとすれば、「料金の滞納」「現金化を目的とした商品大量購入(不自然な利用)」などでしょう。

またキャリア決済を現金化していることがバレてしまった場合、限度額を下げられる、もしくはキャリア決済が利用停止になる可能性が非常に高いです。

ですが安心してください。

キャリア決済現金化を利用する上である程度のリスクは仕方ありませんが、注意すべき点に気をつけることで最悪の自体を避けることができます。

キャリア決済が利用停止になる理由

キャリア決済が利用停止になる主な原因は以下の3つ。

  • 携帯電話料金を滞納してしまった
  • 利用金額の制限、限度額いっぱいまで使った
  • 急なキャリア決済の高額利用

各項目を順番に解説していきます。

携帯電話料金を滞納してしまった

キャリア決済で使った料金は翌月の携帯電話料金との合算請求になります。

そのため携帯電話料金の支払いが滞った場合、キャリア決済も利用停止となってしまいます。

また料金の支払いを何度も滞納したり請求に関する警告電話を何度も無視していると、支払意思のない利用者と見なされ、携帯電話の契約を強制的に解除されてしまう可能性もあるので十分に注意してください。

利用金額の制限、限度額いっぱいまで使った

当たり前ですがキャリア決済には限度額が定められています。

もちろん限度額以上にキャリア決済を利用することはできません。

よくあるケースはキャリア決済の限度額に制限をかけていた、もしくはすでに限度額いっぱいまで使ってしまったの2通り。

キャリア決済は利用金額に制限をかけることができますが、一度制限をかけてしまうと変更するまでその範囲内でしか利用できないため、確認のために自分自身の設定を見直してみるのも一つです。

またすでに限度額いっぱいまで使ってしまった場合、キャリア決済の残高がリセットされる翌月までキャリア決済は利用できません。

この2点を見落としていることでキャリア決済が利用停止になったと慌てる人が多いのも事実なんです。

キャリア決済の利用停止ではなく一時的な制限と考えてください。

各携帯電話会社が設定するキャリア決済の利用限度額については事前に把握しておくようにしましょう。

ドコモ払い限度額
契約期間限度額
19歳まで10,000円/月
20歳以上3か月内10,000円/月
20歳以上24か月内30,000円/月
20歳以上25か月以降最大100,000円/月
auかんたん決済限度額
年齢限度額
~12歳1,500円/月
13~17歳10,000円/月
18~19歳20,000円/月
20歳以上最大100,000円/月
ソフトバンクまとめて支払い限度額
年齢限度額
満12歳未満最大2,000円/月
満20歳未満最大20,000円/月
満20歳以上最大100,000円/月

急なキャリア決済の高額利用

キャリア決済を現金化していることが疑われる行為で一番気をつけなければいけないのは、買取率の高い商品を一度に大量購入する行為です。

今までキャリア決済を利用していなかった人が急に何万円分もの商品を一度に大量購入すれば、当然ながら現金化しているのではないかと怪しまれます。

これが不自然な利用として疑われる代表的なパターンですね。

定期的にキャリア決済を利用している人ならそこまで問題ないのですが、急な高額利用は携帯電話会社に目をつけられやすいのです。

といっても決定的な証拠にはならないため、携帯電話料金の滞納履歴と合わせて判断される場合が多いですね。

キャリア決済を現金化するなら携帯電話料金の滞納に気をつける

キャリア決済が利用停止になる理由は全て料金の滞納から起きることがお分かり頂けたと思います。

安全にキャリア決済を現金化するためにも、キャリア決済で使った代金、毎月の携帯電話料金は忘れずに支払いましょう。

料金滞納を繰り返してると携帯電話会社から厳しくチェックされてしまいますよ。

キャリア決済現金化は違法じゃないけど携帯電話会社の規約違反

先程もお伝えした通り、キャリア決済現金化は法的に違法ではありませんが、各携帯電話会社の利用規約に違反してしまいます。

「クレジットカードが使えない」、「クレジットカードの審査結果まで待てない」など、今どうしてもお金が必要な人は、上記項目「キャリア決済が利用停止になる理由」に注意しながらキャリア決済現金化をおこなってください。

また「違法」なサービスではないため、キャリア決済を現金化することに心配する必要はありませんが、リスクとしてキャリア決済の利用停止(料金滞納経験がある場合)に繋がる可能性があることも頭に入れておきましょう。

ただし「利用規約に違反している」という判断は曖昧な部分が多いため、携帯電話会社から電話・メールで事前に知らされるケースが多いです。

携帯電話会社からの連絡にはできるだけ対応し、最悪の事態を避けられるよう対処してください。

まとめ

今回の記事の重要ポイント
  • キャリア決済現金化は違法ではないが各携帯電話会社の利用規約に違反してしまう。
  • 現金化行為をバレないようにするためにも注意点に気をつける。
  • カラ決済をおこなう「キャッシュバック方式」の現金化は違法である。
  • 商品を買って売る「買取方式」の現金化は合法である。
  • キャリア決済が利用停止になる原因は「料金滞納」、「限度額の関係」、「不自然な商品購入」などである。
  • 携帯電話会社から連絡があった場合は必ず対応する。

今回はキャリア決済現金化が違法ではない理由、またキャリア決済現金化における利用上の注意点について解説してきました。

参考になりましたか?

キャリア決済現金化は違法ではないにしても、携帯電話会社の定める利用規約に違反してしまいます。

ですが注意点に気をつけることで現金化行為がバレてしまうリスクを抑えることもできるんです。

どうしてもいますぐにお金を用意する必要がある人は、今回紹介した注意点に気をつけながらキャリア決済現金化を利用してください。

クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部は、キャリア決済現金化に関するさまざまな知識、携帯電話のお役立ち情報をいち早くお伝えするために日々活動しています。こちらの記事に対し、ご意見、ご要望など御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。お送り頂いた内容を確認した後、次回の更新時に反映させて頂きます。