新しいスマホ決済「au PAY」ってどんなサービス?

日本にもキャッシュレス化の波が押し寄せ、今までキャッシュレス化に踏み切れなかった中小店舗にもキャッシュレス化の動きが広がっています。

その火付け役と言えるのがスマホ決済。

「PayPay」や「LINE Pay」は特に人気が高いですね。

既に利用されている方も多いのではないでしょうか。

今現在、さまざまな企業がスマホ決済サービスに進出しています。

まさに群雄割拠と言えるスマホ決済サービス。

そんな中、大手携帯キャリアである「au」が2019年4月9日より「au PAY」と言う新しいスマホ決済サービスを開始しました。

ドコモは「d払い」、ソフトバンクは「PayPay」と言った独自のスマホ決済サービスを展開していることから、auユーザーにとって非常に気になる「au PAY」。

この「au PAY」とは一体どのようなスマホ決済サービスなのでしょうか?

今回は「au PAY」について以下3点を考察していきたいと思います。

  • au PAYのサービス概要
  • au PAYの特徴
  • au PAYの今後の動向

「au PAYがどんなサービスなのか詳しく知りたい!」と言う方はぜひご覧ください。

au PAYってどんなサービス?

「au PAY」とは、auが運営する新しいスマホ決済サービスです。

auが提唱する「スマートマネー構想」の一環としてサービスがスタートしました。

スマートマネー構想とは、今現在、ライフラインの一つとなっているスマホを通したサービスを提供することで、私たちの日常生活の決済・金融サービスをより身近に感じてもらうことを目標に掲げています。

日本のキャッシュレス化を進め、また、新しい体験価値を作り出すためのサービスの一つがau PAYだと言えるでしょう。

ドコモでは「d払い」、ソフトバンクが出資して運営にも深く関わっている「PayPay」など、au以外の大手携帯キャリアは既にスマホ決済に参入している状態。

このような状況の中、満を持してauがスマホ決済を開始します。

au PAYの特徴

ここからはau PAYの特徴を紹介していきます。

  • au WALLETの機能として利用可能(ポイントも貯まる)
  • auユーザー以外も利用可能になる
  • リリース初期段階から加盟店が多い
  • 低コストで導入できる
  • キャンペーンで高還元が受けられる

以上、5つの項目をメインに詳しく見ていきましょう。

au WALLETの機能として利用可能(ポイントも貯まる)

au PAYは単独のスマホ決済サービスではありません。

「au WALLETアプリ」の機能の一部として決済画面を表示することで利用可能になります。

au PAYの使い方

なぜ、au WALLETアプリの機能の一部になっているのか?

こちらはスマホの容量が関係しています。

仮にau PAYを単独のアプリとしてリリースした場合、インストール時にスマホの容量を圧迫してしまいますが、au WALLETアプリの機能にau PAYを追加することで、容量を圧迫せずにアプリから機能をサッと呼び出せるようになります。

「LINE Pay」が「LINE」のメニューから表示させて利用できる仕組みと同じですね。

また、お支払いごとにauのポイントサービスである「au WALLETポイント」が貯まります。

通常還元率は0.5%(200円ごとに1WALLETポイントが貯まる)ですが、「auスマートパスプレミアム」会員であれば1.5%(200円ごとに3WALLET ポイントが貯まる)が還元されます。

auユーザー以外も利用可能になる

今現在、au PAYを利用できるのは「au ID」を使えるauユーザーのみに限定されています。

ただし、2019年夏を目途にau IDはau以外のユーザーにも開放される予定です。

今後はauユーザー以外にもau PAYの利用が拡大していくことが予想できます。

リリース初期段階から加盟店が多い

au PAYはスマホ決済サービスの中でも後発のサービスです。

このような後発のサービスの場合、通常、リリース初期の段階では加盟店が少なく、徐々に大手チェーンなどで利用可能になると言ったパターンを取っていました。

しかしau PAYでは、サービスを開始した初期段階から「ローソン」、「ファミリーマート」、「ミニストップ」などの大手コンビニチェーンを始め、実に広い範囲で利用可能になっています。

au PAY加盟店

この秘密はauが「楽天」や「メルカリ」などと業務提携を結んだことが関係しています。

楽天は現在、スマホ決済シェア1位の「楽天ペイ」を提供しています。

他にも「楽天Edy」など、スマホ決済サービスで培った豊富なノウハウと多くの加盟店を有しています。

auは楽天と業務提携を結ぶことで、楽天からの決済や物流基盤を提供してもらえるようになりました。

これにより「楽天ペイを利用できる店舗ではau PAYも利用できる」と言う図式が成り立ち、au PAYの利便性が一気に向上したと言えます。

また、スマホ決済サービス「メルペイ」を提供しているメルカリとも業務提携しています。

楽天と同じようにメルペイの加盟店に相乗りし、au PAYをどこでも使えるように施策を取っています。

さらに、飲食店ポータルサイトを運営する「食べログ」とも業務連携。

こちらは食べログの加盟店にau PAYの導入販促をおこなう考えで、今後もau PAYの利用可能範囲はどんどん拡大していくことが予想できます。

低コストで導入できる

キャッシュレス決済を店舗が導入する際にネックとなるのがシステム導入費。

ですが、スマホ決済は特別な機器が必要ありません。

導入費を低コストに抑えることができるため、中小店舗においてもスマホ決済を導入する動きが広がりつつあります。

もちろんau PAYも中小店舗が導入しやすいようにコスト面で工夫をしています。

auでは、スマートフォンやタブレット向けの店舗用アプリ「au PAY for BIZ」を提供しています。

インストールは無料なので、店舗決済用のスマートフォンやタブレットさえ用意できれば、その他のコストを安く抑えることができる上にスマホ決済自体をすぐに導入できます。

また、本来スマホ決済では、クレジットカードなど他キャッシュレス手段と同じく、決済時に店舗側がサービス手数料を徴収されるのですが、au PAY for BIZでは2021年7月31日まで決済手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。

今後、導入費も決済手数料もかからないアプリとして経営規模を問わず数々の店舗へ普及していくことになるでしょう。

キャンペーンで高還元が受けられる

au PAYでは、他のスマホ決済サービスと同じく、今後さまざまなキャンペーンが展開される予定になっています。

例えば、「三太郎の日(毎月3日と13日、23日のつく日に行われるキャンペーン)」 にau PAYを利用すると、auスマートパスプレミアム会員には最大20%、「au STAR」会員には最大5%が追加で還元されるキャンペーンを開催。

また、4月23日から7月31日までは、食べログ掲載のお店でau PAYを利用すると5%が還元されるキャンペーンも開催しています。

高還元を前面に打ち出し、多くのauユーザーにau PAYを利用してもらえるよう色々な工夫をおこなっています。

「d払い」や「PayPay」でも続々と新しいキャンペーンが開催されていますが、au PAYでも顧客獲得のために、今後、さらに大規模なキャンペーンをおこなう可能性も十分考えられます。

今後のau PAYの動向を予想

今後、au PAYはどうなっていくのでしょうか。

まずauでは、既存のauユーザーに対するau PAYへのロイヤルティ(愛着度)を上げ、au PAYをリピートして使ってもらうサイクルを確立しようとしています。

そして2019年の夏以降、au IDをauユーザー以外にも開放することで更なる顧客獲得を目指し、au PAYを通じてauのサービスに対する付加価値をプラスしてauの売り上げ拡大へ繋げることを目標にしています。

楽天やメルカリ、食べログとも業務提携をおこない準備は万端と言えるでしょう。

サービスを開始した初期段階から加盟店舗数が多いことからも、今後、au PAYは急速なペースで利用者を獲得していくことが予想できます。

まとめ

au PAYまとめ

今回はスマホ決済であるau PAYについて以下3点を考察してきました。

  • au PAYのサービス概要
  • au PAYの特徴
  • au PAYの今後の動向

大手携帯キャリアの中ではもっとも後発のスマホ決済サービスとなったau PAY。

しかし、楽天などの競合企業と業務提携したことにより莫大な加盟店舗数を得たことは、au PAYの利便性を向上させる上で大きなアドバンテージになるはずです。

各キャンペーンやau IDが解放された結果、利用者がどれだけ増えるのか注目です。

皆さんもぜひau PAYを利用してスマホ決済の波に乗ってみませんか?

クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部は、キャリア決済現金化に関するさまざまな知識、携帯電話のお役立ち情報をいち早くお伝えするために日々活動しています。こちらの記事に対し、ご意見、ご要望など御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。お送り頂いた内容を確認した後、次回の更新時に反映させて頂きます。