キャリアメールのブラックリストを携帯各社で共有


携帯大手3社がキャリアメールのブラックリストを共有し、迷惑メール対策を強化する事を発表しました。

今までは情報の共有がおこなわれていなかったため、ドコモで迷惑メールのブラックリスト入りしたアドレスでも、auやソフトバンクでは通常通り受信出来ていました。

ですが、キャリアメールのブラックリストを共有する事によって、一度ブラックリストに登録されてしまえば、各携帯会社でその情報が開示される事となり、全てのキャリアで迷惑メールがブロックされると言う事になります。

今現在の主流はLINEアプリのため、各携帯会社が協力してキャリアメールの利便性を向上させようと考えているのだと予想出来ますね。

ただ、今回おこなわれるキャリアメールのブラックリスト共有は、迷惑メール対策にかなりの効果をもたらすのではと思います。

メッセージのやり取りにおいてキャリアメールからLINEアプリが主流になったとは言え、今現在も迷惑メールは多数送信されている事実は変わりありません。

ギャンブルサイト、アダルトサイト、懸賞サイト、おこずかいサイトなどに登録してしまうと間違いなく迷惑メールが毎日大量に送られてきます。

メルマガ程度の配信頻度であれば問題ないのですが、毎日大量にメールが届くとそれだけで嫌気が差しますよね。

このような迷惑メールにおける被害も、今後は少しでも減少してもらえると助かりますね。

そこで、下記より各キャリアでの迷惑メール情報を提供するための手続き方法を紹介したいと思います。

今後の迷惑メール対策に是非お役立て下さい。

ドコモの場合

ドコモのキャリアメールに届いた迷惑メールは、そのまま転送する事が出来ます。

いちいち通報窓口のアドレスを手入力する必要がないので手間が掛かりません。

転送方法に関しては分かりやすいよう画像を掲載致しますので参考にして頂ければと思います。

※設定方法の手順について※

【ステップ①】
ドコモメールの「受信ボックス」をタップして下さい。

【ステップ②】
受信ボックスの中にある対象の迷惑メールを選択し「サブメニュー」をタップして下さい。

【ステップ③ 】
サブメニューの中にある「迷惑メール報告」を選択して下さい。

【ステップ④】
確認画面が表示されますので、その画面にある選択肢の「ドコモ」に必ずチェックを入れ「OKボタン」をタップして下さい。

【ステップ⑤】
「ドコモに報告」と言う宛先になるので、そのまま送信して下さい。

docomo1

docomo2

また、転送を利用せず、直接通報する場合は「imode-meiwaku@nttdocomo.co.jp」まで送って下さい。

メールの内容はそのままで「受信日」「受信時刻」「送信元のアドレス」を追加で入力し送るようにして下さい。

auの場合

auの場合、迷惑メールの報告と削除を同時におこなう事が出来ます。

そのため、メールの受信ボックスにいつまでも迷惑メールが残ってしまう事はありません。

下記より画像にて設定方法の説明をおこないますが簡単なので安心して下さい。

※設定方法の手順について※

【ステップ①】
迷惑メールの受信画面で「メニューボタン」をタップしましょう。

【ステップ②】
メニューの中から「迷惑メール報告」をタップしましょう。

【ステップ③】
「迷惑メールとして報告します。よろしいですか?」と言う文面が表示されたら「迷惑メール報告」をタップして下さい。

【ステップ④】
「報告したメールを削除します。よろしいですか?」と言う文面が表示されたら「削除」をタップして下さい。

au1

au2

また、転送を利用せず、直接通報する場合は「au-meiwaku@kddi.com」まで送って下さい。

auの場合、メール内容などに一切の手を加えず、届いたメールをそのまま通報するよう注意して下さい。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクの場合、他のキャリアより少し手間が掛かってしまいますが、難しくはないので下記を参考にして下さい。

また、通報が無事に完了すると「情報提供有難う御座います。」との折り返しメールが届くので、他のキャリアと違い、無事に処理されたと言う安心感もあります。

手順については下記を参考にして下さい。

※設定方法の手順について※

【ステップ①】
メッセージボックスに届いた迷惑メールを表示し、そのメールの本文を長押しして下さい。

【ステップ②】
ポップアップメニューが表示されますので、その中の「その他」をタップしましょう。

【ステップ③ 】
メッセージの編集画面にるので、この画面の右下にある「転送のアイコン」をタップしましょう。

【ステップ④】
メッセージ送信画面になりますので、宛先に「a@b.c」と入力し送信して下さい。

【ステップ⑤】
通報が完了するとソフトバンクから「情報提供有難う御座います。」との折り返しメールが届きますので、この時点で通報が完了した事になります。

softbank1

softbank2

情報を提供する際の注意事項

携帯会社に情報を提供したからと言って、その全てのアドレスがブラックリストに登録される訳ではありません。

正式に迷惑メールと認定される必要があります。

携帯会社は送られた情報を基に迷惑メールかどうかの審査をおこなうため、アドレスだけを提供しても迷惑メールとは判断されません。

どのアドレスで、どのような内容のメールを送信しているのかが重要なポイントになります。

携帯会社の方でも、提供されたアドレスを全てブラックリストに登録してしまえば大問題となるため、適当な処理はおこないませんし、それ以前に、情報の有効性を見極める一定の基準をしっかり設けています。

そのため、この迷惑メールの情報提供を悪用しようとは考えないで下さい。

嘘の情報を提供した場合、ご自身に何らかのペナルティを課せられてしまう可能性も考えられますし、場合によっては提供した情報自体を信用してもらえなくなる恐れもあります。

もし、迷惑メールの情報を提供する場合は、嘘偽りの無い事実のみを提供するようにして下さい。


サブコンテンツ

このページの先頭へ