ドコモケータイ払いとspモード決済の違いとは?


ドコモケータイ払いとspモード決済の違い
ドコモが提供しているキャリア決済サービスの「ドコモケータイ払い」と「spモード決済」ですが、これら2つの決済機能における違いをご存知でしょうか?

ドコモのキャリア決済には「ドコモ口座」を含めると3つの決済サービスが用意されています。

「ドコモ口座」に関しては、利用方法が特殊なため分かりやすいサービスと言えますが、「ドコモケータイ払い」と「spモード決済」は、利用方法が非常によく似ているため、同一サービスだと間違った認識を持っている方も多くいらっしゃいます。

そこで、ドコモケータイ払いとspモード決済の違いについて、誰でも簡単に理解出来るよう分かりやすく説明したいと思います。

こちらをご覧頂き、サービスに関する正しい知識を身に付けて下さい。

ドコモケータイ払いとは?

ドコモケータイ払い
ドコモのケータイ払いに対応しているサイトの支払いに利用出来る決済サービスが「ドコモケータイ払い」になります。

代表的なサイトを例として上げるならモバオクやDeNAショッピングですね。

ドコモケータイ払いの利用代金支払い方法は「電話料金合算払い」「dカード/その他クレジットカード決済」「dポイント充当」「ドコモ口座充当」の4パターンになり、決済種類の選択画面からご自身にとって一番都合のよい方法を選ぶ事が出来ます。

spモード決済では「電話料金合算払い」しか選ぶ事が出来ないのですが、ドコモケータイ払いは決済方法の種類が豊富なため、使い勝手がよいと言うメリットがあります。

電話料金合算払い

翌月の携帯電話料金と合わせてお支払いする方法になります。

dカード/その他クレジットカード

登録しているクレジットカードで決済をおこなう方法になります。

dポイント充当

利用する事の出来るdポイントを1ポイント1円で計算し、代金の支払いに充てる方法になります。

ドコモ口座充当

ドコモ口座の残高から引き落としをおこなう方法になります。

spモード決済とは?

spモード決済
ドコモのdメニューに掲載されている公式サイトの料金やGoogle Playで課金した代金を支払う際に利用出来る決済機能がspモード決済になります。

正式には「spモードコンテンツ決済」と言われていますね。

決済をおこなう際に4桁のspモードパスワードを入力する必要があるため、自動で決済手続きが完了してしまうと言う事はありません。

ただ、spモード決済の場合、携帯料金合算払いしか選ぶ事が出来ません。

この点がドコモケータイ払いと異なる最大のポイントになります。

クレジットカードでの支払いやdポイント充当には対応していないので注意して下さい。

決済枠の違い

肝心の決済枠ですが、ドコモケータイ払いとspモード決済は同じ金額になります。

そのため、ドコモケータイ払いで50,000円利用出来る場合、spモード決済でも50,000円利用出来ると言う事です。

ただ、50,000円×2ではありません。

ドコモケータイ払いで3,000円利用した場合、残高は47,000円となりますが、spモード決済の残高も47,000円と言う事です。

ドコモケータイ払いとspモード決済の残高は共有されていると言う事をしっかり把握しましょう。

ドコモケータイ払いとspモード決済の違い

上記で紹介した内容をご覧頂ければお分かり頂けると思いますが、ドコモケータイ払いとspモード決済の違いは「決済方法の種類」と「対応サイトの違い」の2点になります。

ドコモケータイ払いはドコモの決済に対応している一般サイトでも利用出来ますが、spモード決済は公式サイトでしか利用する事が出来ないと言う事です。

また、spモード決済の場合、電話料金合算払いしか利用出来ません。

考え方としては、ネットショッピングで利用する場合「ドコモケータイ払い」、アプリの課金などで利用する場合「spモード決済」を利用すると覚えておきましょう。

まとめ

ドコモケータイ払いとspモード決済の違いについてまとめ

ここまでご覧頂いたのであれば、ドコモケータイ払いとspモード決済の違いをご理解頂けましたよね?

似ているようで微妙に異なる2つの決済サービスですが、両方にメリット、デメリットが存在します。

間違った知識でサービスを利用していると、翌月の電話料金の請求額に驚いてしまう場合も考えられます。

そのような事態を防ぐためにも、2種類の決済機能の特徴を十分に理解した上でサービスを利用するよう心掛けて下さい。


サブコンテンツ

このページの先頭へ