キャリア決済を利用するにあたっての注意点


使い方次第でとても便利に利用する事が出来る携帯電話のキャリア決済機能ですが、利用するにあたり以下の事を必ず守るように心掛けて下さい。

利用した決済枠の料金は必ず支払う

当たり前の事なのですが、ご自身で利用したキャリア決済枠の使用料金は必ず携帯会社にお支払いするようにして下さい。
使用した決済枠の料金は一月後に携帯電話料金と一緒にお支払いする事になります。
その際、ご自身で使用したにも関わらず、携帯会社に電話をし「この月にキャリア決済は使っていない」と話す方も中にはいらっしゃいます。
ですが、キャリア決済を利用する場合、ネットワーク暗証番号が必要になるため、その暗証番号を知る方でなければ利用出来ない仕組みとなっています。
一般的に考えてネットワーク暗証番号を第三者に教えると言う事自体ありえないですよね?
携帯電話のキャリア決済とはクレジットカードで言うショッピング枠の扱いとなるので、決済関係でトラブルになると即利用停止、もしくは携帯電話の強制解約に繋がります。
また、最悪の場合、トラブルとなった携帯会社で二度と契約出来なくなってしまいます。
このような事態を起こさないためにも常識ある利用を心掛けて下さい。

携帯電話料金を滞納しない

携帯電話料金を滞納してしまうと、使用出来るキャリア決済枠の上限が下がってしまう場合やキャリア決済機能自体が利用停止になる場合があります。
また、決済枠の上限を上げようとしても断られてしまいます。
これらは利用実績の問題ですね。
携帯会社は「料金を滞納する可能性のある方には厳しく」と考えています。
他にも新規契約や機種変更の際に端末購入の分割払いが通らなくなります。
一か月遅れ程度であれば問題ないと思いますが、数か月の滞納となってしまうと上記のような問題が起こる可能性があります。
何一つ良い事はありませんよね。
そのため、携帯電話料金は滞納しないように注意して下さい。

携帯現金化業者にネットワーク暗証番号などは教えない

こちらは必ず守るようにして下さい。
携帯現金化を利用する場合、業者の指定する商品を購入し買い取ってもらう流れとなります。
もちろん商品の購入はお客様ご自身でおこなうのが当たり前なのですが、悪質な業者だと商品購入を名目に通常の暗証番号やネットワーク暗証番号を聞き出そうとします。
間違っても応じないようにして下さい。
携帯現金化業者はあくまで「買取業者」となりますので、お客様から不要な情報を聞く必要はありません。
もし、業者側に通常の暗証番号やネットワーク暗証番号を教えてしまうと、勝手にキャリア決済枠を利用される恐れがあります。
今ある全ての業者が優良店とは限りません。
悪質な業者を利用しないためにも安易に通常の暗証番号やネットワーク暗証番号を教えないようにして下さい。

キャリア決済現金化は計画的に利用する

使用した決済枠の料金は必ず支払う事になりますし毎月の生活費との兼ね合いも考えなければなりません。
もちろん携帯電話一つで気軽に資金を工面出来るキャリア決済現金化サービスは便利ですが使い過ぎには注意して下さい。
後先考えず決済枠を使ってしまうと後々苦労する事になりますので、自分自身の身の丈にあった利用を心掛けましょう。


サブコンテンツ

このページの先頭へ