金欠でも中華料理が食べたい!そんなときはキャリア決済現金化が超便利

金欠のときに限ってラーメンやチャーハンといった中華料理を食べたくなりますよね?

気軽に入れるお店が街中にある、至る所にメニューを掲げた看板があるため余計に食べたくなってしまいます。

でも金欠だからと我慢してしまう。

食べたいものを我慢しなければいけない状況はとても切なく感じます。

「全ては金欠のせいだ!」と言いたくもなるでしょう。

どうにか金欠から脱する方法はないのか?

そんなときに是非とも役立ててもらいたいのがキャリア決済現金化。

携帯電話一つで金欠を解決することができる最新のマネーサービス。

審査不要で気軽に利用できる便利なサービスなんですよ。

そこで今回は、金欠時に利用したいキャリア決済現金化の利便性について詳しく解説していきます。

人間の本能には逆らえない!お腹が減ると求めてしまう味の濃い食べ物!

空腹を感じれば感じるほど味の濃いこってりとした食べ物が欲しくなりますよね?

食事は生きるためのエネルギー源なので、脳はお腹が空いたときに「生存の危機信号」を発信。

手っ取り早くエネルギーを摂取するために高カロリーな味の濃い料理を食べたくなるのです。

味の濃い食べ物

これは生きるために身体が勝手に働く作用の一つ。

「別にお腹が空いたくらいで死ぬ訳でもないのに・・・」「ダイエット中には迷惑な話・・・」などの意見もあると思いますが、人は本能に逆らうことはできません。

自分自身に制限をかけて無理やり欲求を抑えることはできますが、過度な自制は心がついていけない状態になってしまいます。

節約、ダイエット、いかなる理由であっても、食事制限したところで「食べたい!」という本心を抑えることはできませんし、食べることに対して「気にならない」ほどの精神状態にすることは不可能なのです。

空腹を満たすために味の薄い食事ばかりしていても、不思議と「食べたい!」の欲求を満たすことはできないでしょう。

本能からの指令である「こってりした味の濃い料理を体に取り入れたい!」という欲求を満たしていないからです。

食事をしたことでお腹はいっぱいのはずなのに、どういう訳か食べ足りないような不満足の状態になってしまう。

満足感を得るためには味の濃い料理でお腹を満たすこと。

味の濃い食事をすることでようやく心も満たされるのです。

から揚げにマヨネーズをたっぷりかけて食べたいとか、脂の滴る肉料理にこれでもかというくらいソースをつけて頬張りたいとか。

このような状況、心境に心当たりがある人も少なくないでしょう。

味の濃い料理はカロリーが高いだけでなく、あっさりした料理よりも値段が高くなることがほとんどです。

「節約、ダイエットのために食事制限しよう!」と固く誓ったのにも関わらず誘惑に負けてしまう気持ちは決して自分に甘いからではありません。

体が欲してしまう自然現象、生きるための生存システムなのですから仕方のないことであり当たり前のことなのです。

お腹が減ってるときに限って中華料理が頭から離れない理由とは?

「空腹=中華料理」と考えてしまうのはなぜなのか?

答えは簡単。

こってりとした高カロリーの料理がメインであること、日本人の口に合った甘辛の味付けが多い料理だからです。

中華料理

お腹が減ると人はいつも以上に食べることに対して関心が沸き上がります。

食べられない状況だからこそ意識の大半を食べ物に持っていかれるのでしょうね。

小腹が空いたような軽い空腹時よりも、お腹が鳴るほどの空腹時のほうが「好きな食べ物」を連想しがち。

お腹が空いていることで食事への意識が高まり、今現在において最も体が求める料理かつ自分の好きな食べ物が頭の中に思い浮かびます。

本能が作り出す欲求であり人として当たり前の現象。

お腹が減ると「何か食べたい」という思考が働き、その感情は「好きなものを食べたい」に変わるのです。

いつも食べている食事がストップしたり極端に減らされることで、体が飢餓状態と勘違いしてしまい「栄養のあるものを摂取したい!」というSOS信号が送られ、その結果「空腹を満たす」「好きな食べ物」「栄養価の高い高カロリーな味付けの食事」、すべての条件を満たせる料理として中華料理が頭から離れない状況を作り出してしまうのです。

一度「中華が食べたい!」となってしまえば、後はエビチリ、春巻き、チャーハン、ラーメン、酢豚、回鍋肉と、中華料理のメニューが頭の中をぐるぐる駆け巡ります。

仕事中でも家にいても、ずっと中華のことが頭から離れなくなってしまうことも珍しい話ではないのです。

多くの日本人に愛されている中華料理は街中でもたくさんのお店を構えているので、いくら考えないように意識を集中させようと思っても、目に飛び込んでくる看板や外に出されているメニュー表によって「中華料理を考えない」ことが不可能になってしまいます。

ただしあくまで頭の中の話なので、周囲の人にバレることはなく恥ずかしい思いをすることもありません。

しかし誰にも言えない悲しい要求を抱える生活は、相当に切ない気持ちになってしまうでしょう。

切ない気持ちになっている自分に対して苛立ちも増え、ストレスも溜まりやすくなってしまう悪循環を引き寄せてしまうのです。

金欠で食事を我慢するのはセンスなし!ストレスを溜めるだけ!

「お金がないから食事を我慢してお金を作る!」

正直賢い金策方法とはいえません。

というよりセンスが全くないですね。

「お金のやり繰りにセンスも何もない!」「金欠時には体裁なんて構ってられない!」と思うかもしれませんが、資金繰りの手段は食事制限以外にいくらでもあります。

食事制限は心持ち一つですぐに対応できる手段。

ある意味楽に節約できるという安易な考えを引き起こしますが、それが大誤算であることを分かってほしいですね。

食事制限は心と体に大きな負担をかけてしまいます。

下手なストレスが溜まってしまい、場合によっては鬱病に繋がったり体を壊してしまうリスクもあるのです。

体を壊すリスク

「たった数日や数週間で・・・」と軽く考えてはいけません。

心の病気も体の病気も最初は小さなきっかけから始まることがほとんど。

悪化した状態で症状が現れることはありません。

体は資本。

自分の心と体に支障がでるような状態になれば、今後の生活に支障が出るくらいの負担を作る引き金になってしまうことだって十分考えられます。

だからこそお金がないときでも食事制限に頼らない金策方法を考えるべきなのです。

しっかり食事をとっていつでも頭がフル回転できる状態にすることこそ、金欠を乗り越えるために必要な最善の一手になります。

賢い金策を考えたときに欠かせないポイントともいえますね。

食事制限をしない他の金策方法には「短期のアルバイト」「業者や身近な人からの借入」があります。

仕事の都合上、副業をすることが難しい人、頼れる人が周りにいない人、業者から借入できない理由がある人もいるでしょう。

そんなときでも心配しないでください。

実は食事制限、副業、借入よりも楽に、そしてすぐにお金を用意できる金策があります。

それが「キャリア決済現金化」というサービスです。

即日で資金繰りできるキャリア決済現金化が便利すぎる件について

昔はお金を工面すると言えば「借金」「質屋」でした。

今の時代でも借入や質屋販売はよく使われる金策方法です。

昔に比べてどれも利用しやすくなりましたよね?

ネット環境さえあればいつでもどこでも借入審査を申し込みすることができますし、売りたい商品を写真に撮ってメール送信するだけで大まかな査定もできるようになりました。

お金に困っても何かしら金策ができる環境は整っているのです。

ただし仕事がなかったり学生だったり、消費者金融のブラックリストに載っているなどの理由で業者から借入できない人も少なくありません。

また売れる物がなくて質屋でお金を作ることができない人もいます。

他の手段として残っているのは親や家族からの借入、友人からの借入など、「身近な人たちに頭を下げてお願いするしかない・・・」と考えてしまう人も多いでしょう。

しかし借入できない条件が揃っている人でも即日で資金繰りできる方法がまだあるのです。

その方法が「キャリア決済現金化」

ドコモ、au、ソフトバンクといった主要キャリアを持っている人なら簡単に現金を用意することができる嬉しいサービス。

ネット環境さえあればいつでも即金を作ることができます。

キャリア決済現金化

こんな便利な金策方法は他にないですよね?

条件さえ揃っていれば誰でもすぐに利用できます。

携帯電話料金の未納や遅延があったり、また格安SIMといった主要キャリア以外では利用できないため気を付けてください。

今後の金欠のために携帯電話を変える、携帯電話料金の未納分、延滞料金はきっちり払っておくなど、いつでもキャリア決済現金化を利用できる環境にしておくことで、金欠時の保険として扱うことのできる金策になるでしょう。

手軽に使える資金繰り手段ですから是非とも有効活用したいところです。

下手な我慢はストレスの原因!困ったときに役立つキャリア決済現金化!

生きていくにはお金がかかります。

もちろんお金では買えないプライスレスなこともたくさんありますが、お金がなければ困ってしまうことの方が多いのも事実。

お金の重要性

お金がなくなったとき、人から借入したり何かしら生活費を節約しなければいけない状態になってしまう場合もあります。

親や家族からの借入、親しい友人からの借入は信頼を失ってしまい、大切な人間関係にヒビをいれてしまう危険が付きもの。

消費者金融といった業者からの借入には、個人情報の提出や審査があるため不安と時間を取られてしまいます。

このようなリスクを避けたいと思う人が次に考える金策は、「自分のできる範囲で乗り越える」ことですよね?

手軽に、そして気兼ねなく手を出しやすい金策として食事制限を考えるようになるでしょう。

食事制限は誰でもすぐにできる節約手段であることは間違いありません。

自分の欲求を抑え込めさえすれば、ある程度のお金を貯めることができます。

しかしそのリスクとして、お金では買えない大きな代償を払うことにもなり兼ねません。

一番の問題は食を満たせないことから心が不安定になること。

「自分の問題なんだから別に構わない!」と割り切ってしまう人もいますがそれは大きな間違いです。

精神状態は確かに自分自身の問題ですが、不安定な心で周りの人と接しなければいけない環境にトラブルの種が生まれます。

ギスギスした雰囲気やトゲのある言葉で周りの人を不愉快な思いにさせたり、傷つけてしまうこともよくある話。

下手な我慢でストレスを溜め込んでしまうのはデメリットでしかないのです。

金欠だからと食事制限に頼るのではなく、まずはキャリア決済現金化を選択できる状態にしておくことがベスト。

世の中にある便利なシステムの中から安全性の高いものを選び、ピンチの時に有効活用する賢明な判断ができるよう心掛けましょう。

クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部は、キャリア決済現金化に関するさまざまな知識、携帯電話のお役立ち情報をいち早くお伝えするために日々活動しています。こちらの記事に対し、ご意見、ご要望など御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。お送り頂いた内容を確認した後、次回の更新時に反映させて頂きます。