キャリア決済現金化の注意点


以前もお伝えしたキャリア決済現金化の注意点ですが、今回は最新版として、新たに重要となったポイントをいくつか含め、再度、注意すべき点をまとめました。

初めてキャリア決済現金化サービスを利用される方は、以下の点を必ず注意して下さい。

間違った知識で業者選びをおこなってしまうと後のトラブルにも繋がり兼ねません。

そのような事がないよう、事前に正しい知識を身に付け、安全にサービスを利用しましょう。

問い合わせ先がフリーメールの業者は利用しない

キャリア決済現金化の注意点1

まず先にお伝えしますが、問い合わせ先がフリーメール(Yahoo!メール、Gmail)になっている業者は利用しないで下さい。

何故、現金化の問い合わせ先にフリーメールが使われているのか気になりますよね?

フリーメールは、誰でも無料で簡単に取得出来る事は既にご存知かと思います。

もちろん、複数のメールアドレスを作成する事も可能ですよね。

ですが、このフリーメールをサービスの問い合わせ先として利用している業者の事をどう思いますか?

一般企業ならありえないですよね?

フリーメールは誰でも簡単に取得出来ますが、その反面、いつでも削除する事が出来ます。

悪質なサービスを提供している業者は、定期的に新しいフリーメールを取得し、使いまわしているのです。

また、今まで使っていたアドレスは、証拠隠滅のため、すぐに削除してしまう傾向にあります。

この点から考えると、フリーメールが問い合わせ先として設定されている業者は危険と判断出来ますよね。

それ以前に、一般企業なら当たり前に利用している「info@サイトURL」のようなアドレスではなく、フリーメールがメインアドレスになっている業者は信用性に欠けます。

冒頭でもお伝え致しましたが、問い合わせ先がフリーメール(Yahoo!メール、Gmail)になっている業者は利用しないよう注意して下さい。

決済に必要なID、パスワードは絶対に教えない

キャリア決済現金化の注意点2

キャリア決済現金化サービスは買取方式での現金化になります。

そのため、お客様ご自身で指定された商品を購入し、その商品を買取ってもらう必要があります。

ここで注意しなければならないのは、あくまで商品の購入者はお客様ご自身と言う事です。

キャリア決済を利用して商品を購入する場合、各携帯会社の提供する「dアカウント」「au ID」「My SoftBank」にログインする必要があります。

その際、ID(メールアドレス、携帯番号)、パスワードを入力するのですが、このID、パスワードは、間違っても第三者に教えてはなりません。

もし、第三者にID、パスワードを教えてしまうと、知らない間に決済手続きをおこなわれ、翌月に携帯会社からありえない金額を請求される事が考えられます。

被害に遭った後、携帯会社に相談窓口に連絡したとしても、事実関係の確認やその他の事務的処理の影響で解決までにある程度の日数が必要になります。

ドコモの場合、「dアカウント」にログインするためには2段階認証をおこなう必要があるため、第三者に悪用される可能性は極めて低いと言えますが、au、ソフトバンクの場合、「au ID」「My SoftBank」にログインするためには、ID、パスワードを入力するだけの簡単手続きとなりますので、第三者を通じたトラブルが起こりやすい傾向にあります。

初めてキャリア決済現金化サービスを利用される方は、お手続きの内容自体に不明な点が多い事から、疑わないまま業者に言われた通り手続きをおこない、安易にID、パスワードを教えてしまう可能性も否定出来ません。

このようなトラブルに遭わないためにも、お客様ご自身の注意力が必要になってきます。

初めてサービスを利用する方は、手続き内容をしっかり把握し、少しでも疑問を感じたら必ず質問するようにしましょう。

また、ID、パスワードを聞こうとする業者に遭遇した場合、有無を言わずにその業者の利用は中止して下さい。

間違っても必要ない情報は伝えないよう心掛けて下さい。

ギフト券は必ず自分のアドレスで受け取る

キャリア決済現金化の注意点3

最近、お客様から頂く問い合わせの中で「指定されたネットショップで商品を購入出来ない」と言う内容を数多く頂きます。

指定先のネットショップは「ピンコム」と言うサイトなのですが、こちらの「ピンコム」は、アマゾンギフト券をキャリア決済から購入出来る日本で唯一のサイトとして、非常に高い人気を得ています。

アマゾンギフト券は、世界的に有名なアマゾンで利用する事の出来るギフト券として、需要がとても高く、高単価で買取をおこなう事が出来ます。

おそらく、キャリア決済現金化サービスを提供している業者の多くは、このアマゾンギフト券を買取商品の一つとして取り扱っているはずです。

ですが、ここ最近になって、ピンコムを利用出来ない方が急増しています。

それは一体何故なのか?

ピンコムを利用出来ない方でもキャリア決済枠を現金化する事が出来ます!!」でも説明していますが、購入したギフト券の送付先に原因があるのです。

ピンコムの注意事項の中に「購入商品を第三者に転売する行為は禁止致します。」との一文があります。

要するに「購入した商品は必ずご自身で受け取り利用して下さい。」と言う事です。

ピンコムで購入出来るアマゾンギフト券は「Eメールタイプ」となり、購入手続きをおこなうと、指定したアドレスにプリペイド番号が送られてきます。

アドレス自体は購入手続きの途中で入力する必要があるのですが、このアドレス入力欄に業者から指定されたアドレスを入力してしまうと、ピンコム側に転売行為とみなされる危険が伴います。

購入したアマゾンギフト券をご自身でしっかり受け取り、その後、買取依頼をおこなう事に対しては何の問題もありません。

ですが、ピンコムからアマゾンギフト券を業者に直接送ってしまうと、サイト内にある禁止事項の転売行為に該当してしまうのです。

この点を理解しておかなければ安全な取り引きはおこなえませんので注意して下さい。

キャンセル出来ない業者には要注意

キャリア決済現金化の注意点4

キャンセルについては、商品の買取前であれば可能な業者が一般的です。

申込みをおこなった既に業者側からキャンセル不可と言われた場合でも問題ありません。

違約金やキャンセル手数料は絶対に支払わないように注意して下さい。

そもそも、申込み手続きの段階では、商品の購入や買取依頼はおこなっていませんので、その時点で違約金やキャンセル手数料を請求される事自体がおかしい話なのです。

このような手口の業者は完全に悪質店と判断出来ますので、利用を控えるべきと言えるでしょう。

店舗を構えていても優良店とは限らない

キャリア決済現金化の注意点5

サイト内に「店舗を構えているから安心」と言う文面が記載されている業者を見かけます。

ですが、裏を返せば「店舗を構えている業者は全て安心」とも受け取れますよね?

そもそも、店舗を構えていれば安心と言う発想が間違っています。

現金化業者の他にも、オンラインのみで運営しているサイトは無数に存在します。

楽天やヤフーと言ったオンラインショッピングモールに出店している店舗を見ればすぐにお分かり頂けます。

インターネットが日常化した現代社会においてオンラインのみの店舗の存在は既に常識と言えますね。

ちなみに、店舗を構えている業者特有のデメリットを紹介したいと思います。

店舗まで出向いた場合、密室空間で全てのお手続きをおこなうと言う事です。

隔離された空間を良い事に、納得出来ない条件で現金化をおこなうよう即される場合やキャンセルしようとしても受け付けてもらえない可能性も考えられますよね。

手続きをおこなうまで帰してもらえない事もあるかも知れません。

言い過ぎかもしれませんが、安全性を考慮した場合、このようなトラブルも考えられると言う事を覚えておきましょう。

まとめ

以上がキャリア決済現金化における注意点となります。

トラブルに遭う前にキャリア決済現金化サービスにおける正しい知識、注意点を理解しておく必要があります。

何度もお伝えしておりますが、今現在運営している全ての業者が優良店とは限らない事を覚えておきましょう。

もちろんクイックチェンジでは、お客様とのトラブルは一切御座いません。

何故なら、初めからサービスの内容を全て説明し、お申込みされた金額に対しての振込金額を先にお伝えするからです。

全て分かった状態でサービスを利用出来るため、それだけで安心感がありますよね。

クイックチェンジでは、お客様に安心して現金化サービスご利用頂くためにも、親切・丁寧な対応を心掛けております。

金銭的にお困りの方、利用を迷っている方は、お問い合わせだけでも構いませんのでお気軽にご連絡下さい。

宜しくお願い致します。


サブコンテンツ

このページの先頭へ