携帯キャリア決済現金化は安全なサービス


現金化と聞くとネガティブな発想をされる方が多いと思います。
ですが「携帯キャリア決済現金化」と言うサービスは法律に違反していない安全なサービスです。

現金化のイメージが悪くなったのはキャッシュバック方式で現金化サービスを提供していた一部の業者の摘発事件がきっかけです。
キャッシュバック方式とは「商品を購入してもらう代わりに購入代金の一部をキャッシュバックする」と言う事です。
商品を購入してもらうわけですから業者側は利用者に対して商品を発送する必要がありますよね?
ただ、摘発された業者はこの発送作業をおこなっておらず、いわゆる「カラ決済」をおこなっていたのです。
また、現金の振込み作業に何日も掛かったり、後から手数料を引いて振込み金額を下げたりなど、悪質な行為をおこなっていたようです。
正直、摘発されて当然ですよね?
ですが、この一件で真っ当にキャッシュバック方式での現金化サービスを提供していた業者は多大な影響を受ける事になりました。
閉店に追い込まれた業者もあるようですね。
ごく一部の悪質業者のおかげで現金化業界に多大な被害が出る事となりました。
そのため「現金化=違法」と言うイメージが定着してしまったのです。

ただ、全ての現金化業者が違法行為をおこなっているかと言えばそんな事はありません。
少なくとも弊社で提供している携帯キャリア決済現金化は法律に基づいた安全なサービスになります。

その理由について下記より詳しく説明させて頂きます。

ポイント① 現金化システムは買取方式

弊社クイックチェンジで提供している携帯現金化システムは買取方式となります。
買取方式とは弊社の指定する商品をお客様ご自身で購入して頂き、弊社にてその商品を買取らせて頂くシステムです。

【キャッシュバック方式の流れ】
手順① 現金化業者のサイト内お申し込みフォームから手続き
手順② 業者の運営するショッピングサイト、指定されるショッピングサイトから申込み金額分の商品を決済
手順③ 業者側で決済を確認した後、申込者の指定する口座に現金をキャッシュバック
手順④ 購入した商品が申込者の指定の住所に発送される
※手順③と④は逆になる場合もあります。

【買取方式の流れ】
手順① 現金化業者のサイト内お申し込みフォームから手続き
手順② 業者の指定する商品をショッピングサイトから購入
手順③ 業者に購入商品の買取依頼
手順④ 業者側で商品を確認した後、申込者の指定する口座に買取代金の入金

キャッシュバック方式との大きな違いは商品の発送のやり取りがないと言う点です。
キャッシュバック方式では購入商品に対して現金を還元しますので、購入商品を必ず利用者に受け取ってもらう必要があります。
でなければ上記で説明した通り「カラ決済」の扱いとなってしまいます。
ですが、買取方式の場合、商品発送のやり取りは一切必要ありません。
お客様の購入した商品を弊社で買取らせて頂くだけなので手続き自体も数分で完了します。
また、買取方式で現金化サービスを提供している業者の摘発事例は今現在ありません。
この点に関しては一番安心出来るかと思います。

ポイント② 古物営業法に基づいた運営形態

買取ビジネスをおこなう上で古物営業法を守る事は常識です。

【古物営業法】
盗品等の売買の防止、速やかな発見等を図るため、古物営業に係る業務について必要な規制等を行い、窃盗その他の犯罪の防止を図り、及びその被害の迅速な回復に資することを目的として制定された法律。

一般的には、古物営業をビジネスとしておこなう場合、公安委員会から古物商許可を受理してもらう必要があります。
代表的なビジネスとしては「質屋」「リサイクルショップ」「金券ショップ」が上げられますね。
古物商許可を受理してもらった業者は公安委員会から受理番号を受け取る事となります。
店舗を構えて取り引きをおこなう業者はその店舗に受理番号を掲げる必要がありますが、インターネット上で取り引きをおこなうオンライン業者はサイト内に受理番号を掲げる必要があります。
また、公安委員会に古物商許可を申請する際にオンライン業者はサイトのURLも届けなければいけません。

【古物営業法(標識の掲示等)】
第十二条
古物商又は古物市場主は、それぞれ営業所若しくは露店又は古物市場ごとに、公衆の見やすい場所に、国家公安委員会規則で定める様式の標識を掲示しなければならない。

但し、これらは実体のある商品を取り引きする場合に限ります。
今現在の古物営業法では、オンライン上で使用出来るバーチャルマネーは適応外となります。
弊社クイックチェンジでは現金化の際にお客様にご購入頂く商品はバーチャルマネーに限定致しております。
そのため、今現在の古物営業法は適応されないと言う事ですね。
ですが、今後、法改正があり、その際にバーチャルマネーにも古物営業法が適応された場合は、その法律に基づいた運営をさせて頂きますので予めご了承下さい。

ポイント③ 換金率を明確にしている

他社でよく見かける高換金率ですが、実際に表示しているパーセンテージで現金化している業者は存在しません。
最大98%や一律95%と言う表示は全て虚偽表示となりますので注意が必要です。
そもそも、現金化をビジネスとして提供している全ての業者は利益の事も考える必要があります。
98%や95%で現金を還元してしまうと利益は見込めません。
それ以前に完全に赤字です。
要するに客引きの文面と言う事ですね。
ただ、利用者の中には高換金率表示を信用して申込んでしまう方もいらっしゃいます。
その場合、後々のトラブルの原因にもなり兼ねません。

【虚偽表示】
意思表示を行う者(表意者)が相手方と通謀してなした虚偽の意思表示のこと。通謀虚偽表示とも言う。
民法上、通謀虚偽表示とは「相手方と通じてした虚偽の意思表示」をいい(94条)、心裡留保や錯誤とともに意思の不存在(意思の欠缺)の一種とされる。

高換金率を表示する多くの業者は、初めに高い換金率で現金化出来ると言いますが、振り込む前になってから手数料関係で無理やり金額を差し引こうとします。
このような業者の場合、実際に振り込まれる金額は60%前後になる事が多いですね。
慌てて利用を取りやめようとしても既に決済手続きをおこなっているためキャンセル自体出来ません。
おそらくこのような被害に遭われた方は数多くいらっしゃると思います。

虚偽表示は刑法ではなく民法で罰せられていますが、あくまで民法です。
被害に遭われた方ご自身が弁護士を通じ裁判手続きをおこなうしかありません。
もちろん費用も時間も掛かります。
そのため、泣き寝入りしてしまう方が多いと言うのが現状です。
このような悪質な業者の影響で現金化業界全体が未だにネガティブに捉えられているとも言えますね。

ですが、弊社クイックチェンジの換金率は表示通りの数字となります。
お申し込み頂く前にお客様ご自身で計算して頂いても問題ありません。
また、後になって手数料関係を差し引くような行為は一切致しませんのでご安心下さい。
お客様に安心してご利用頂けるよう、形に残る証拠として、お申し込み頂いた後にメールにて実際に振り込まれる金額をお送り致します。
お客様の不安を少しでも取り除くため、万全な体制でサービスを提供致しております。

クイックチェンジの現金化サービスは安全

これらの事からクイックチェンジの「携帯キャリア決済現金化サービス」は安全と言えます。
現金化はサービス業となりますので、お客様がいなければ成り立ちません。
もちろん利益の追求も大切ですが、それ以上にサービスを利用されたお客様に満足頂く事の方が重要です。
今までの事からどうしてもネガティブな印象が強い現金化サービスですが、弊社は運営を開始してから今現在までトラブルが起きた事は一度もありません。
また、一度ご利用頂いたお客様の8割の方はリピーターとして再度弊社クイックチェンジの携帯キャリア決済現金化サービスをご利用頂いております。
もちろんご相談だけと言う方にも親身にご対応致します。
どの業者を利用しようか迷われている方は是非一度クイックチェンジにご相談下さい。


サブコンテンツ

このページの先頭へ