携帯キャリア各社に存在するブラックリストとは?


携帯キャリア各社には、ブラックリストと言うデータが存在している事をご存知でしょうか?

このブラックリストに登録されてしまうと、新規契約、機種変更、機種代金の分割払い、キャリア決済をおこなう際に制限を設けられてしまいます。

また、最悪の場合、現在使用中の携帯電話が強制的に解約となってしまう事もあります。

今回は、携帯キャリア各社に存在するブラックリストについて詳しく説明させて頂きます。

こちらの記事をご覧頂ければ、万が一、何かしらのトラブルが起きた場合でも、携帯電話の強制解約と言う最悪の事態は避ける事が出来ますので、是非、一度、目を通して頂ければと思います。

携帯キャリア各社に存在するブラックリストとは?

携帯キャリア各社に存在するブラックリストとは、契約、利用において何かしらのトラブルを起こした方が登録される要注意人物リストです。

クレジットカードのブラックリストと似たような形で覚えておきましょう。

このブラックリストに登録されてしまうと、携帯電話を契約、利用する上で、携帯電話会社から様々な規制を設けられてしまいます。

状況次第では、同一キャリアの契約が半永久的に不可となってしまいますね。

ブラックリストに登録される条件

では、どのようなトラブルを起こせばブラックリストに登録されるのか?

ブラックリストに登録される条件は複数のパターンに分かれています。

そこで、下記にて、ブラックリスト入りする可能性の高いトラブルを紹介します。

このようなトラブルを起こさないよう注意して下さい。

携帯電話料金の滞納

携帯電話料金の滞納と言っても、一か月、二か月なら問題ありません。

契約している携帯電話会社から督促状が届く程度で大きなトラブルにはなりません。

ここで問題になるのは、携帯電話料金を踏み倒そうとする行為です。

要は、携帯電話料金の支払い自体を飛ぼうと考える事ですね。

利用した代金をお支払いするのは当たり前です。

ですが、利用者の中には、使うだけ使って後は知らないふりをする方もいらっしゃいます。

ここで考えて頂きたいのは、携帯電話会社側に利用履歴が残っていると言う事です。

利用履歴が残っていると言う事は言い逃れは一切通用しません。

裁判になれば間違いなく利用者側が負けてしまいます。

もし「電話料金を踏み倒したくらいで裁判は起きないだろう。」と考えているのであれば、それは大きな間違いです。

携帯電話会社は何ヵ月も料金を滞納している方に対して、内容証明を送ったり、少額訴訟を起こしたりと法的処置をおこないます。

そうなってしまうと、問答無用でブラックリストに登録されます。

カード会社と同様に、支払いを滞納する方に対しては、法律に基づいた厳しい対応をおこなうと言う事を覚えておきましょう。

携帯電話(契約済み)の譲渡

契約済み携帯電話の譲渡は、法律で禁止されています。

また、携帯電話を契約する上での禁止事項にも記載されています。

その決まりを守らなかった場合、自動的にブラックリストに登録されます。

契約済み携帯電話を第三者に譲った場合、名義貸しに該当しますし、もし、その携帯電話が犯罪に利用された場合、組織犯罪処罰法により、携帯電話の契約者も一緒に処罰される事になります。

そもそも、名義貸しは犯罪です。

間違っても契約済み携帯電話を第三者に譲り渡さないように注意して下さい。

携帯電話の不正利用

携帯電話の不正利用と言っても、どのような行為が不正利用に該当するのか曖昧に感じる方は多いと思います。

ここでの不正利用と言うのは、Twitter、FacebookなどのSNSサービスにおいて不適切なコメントを投稿する行為や、恐喝紛いのメール、迷惑メールを相手側に一方的に送り付ける行為を言います。

相手側が携帯電話会社に通報した場合、IPアドレスや個体識別番号から投稿者を割り出し、そのままブラックリストに登録されます。

ネット上での行為なのでバレる事はないと安心している方は、認識自体が間違っていますので、絶対にこのような行為はおこなわないように注意して下さい。

虚偽情報での携帯電話契約

携帯電話を虚偽情報で契約した場合、間違いなくブラックリストに登録されます。

下手をすれば詐欺罪にも該当しますので、このような行為はやめましょう。

もし、その場で携帯電話を契約出来たとしても、虚偽情報である事が発覚してしまえば、トラブルでは済まされない大きな問題に発展します。

携帯電話会社を欺いて契約する訳ですから詐欺と判断されても文句は言えません。

必ず正規の情報で契約するようにして下さい。

ブラックリストに登録されるとどうなるの?

携帯キャリア各社に存在するブラックリストに登録されてしまうと、どのような制限を設けられてしまうのか説明させて頂きます。

複数のパターンが存在しますので、このような制限を設けられる可能性があると言う事を覚えておきましょう。

強制解約

今現在利用している携帯電話を強制的に解約されてしまう処置となります。

強制解約なのでこちらの事情は一切受け付けてもらえません。

強制解約の処置は下記に記載している「同一キャリア契約不可」と一緒になる事が多いです。

携帯電話を強制解約され、尚且つ、同一の携帯キャリアでは、今後、契約自体が出来ないと言った流れですね。

キャリア決済の残高減額、利用停止

キャリア決済で利用した代金の支払いを滞納した場合にこちらの処置が下ります。

一か月程度の滞納であればキャリア決済枠の残高減額で終わるのですが、何ヵ月も滞納してしまった場合、キャリア決済自体が利用停止となります。

また、クレジットカードと同様に信用情報機関にも登録されますので注意して下さい。

分割払いが出来なくなる

携帯電話料金を何ヵ月も滞納してしまうと、携帯機種を購入する際に本体の代金分割支払いが出来なくなります。

理由は単純に信用性に欠けると言う事でしょう。

そのため、高額な携帯機種本体を一括で購入するしかありませんので、経済的にも非常に厳しくなります。

もちろん、信用情報機関にも滞納履歴は登録されますので、滞納した代金を全額支払ったとしても一定期間は分割払いをおこなえませんので注意して下さい。

同一キャリア契約不可

一番重い処置がこちらの「同一キャリア契約不可」になります。

例としてドコモで説明しますが、要は「ドコモは●●様との契約を今後一切受付けません。」と言う事です。

強制解約とセットになる事が多い処置ですね。

こちらの処置を受けてしまうとどうする事も出来ません。

諦めて他のキャリアを契約するしかないのですが、もし、携帯キャリアにおけるブラックリストを各社が共有していた場合、他キャリアであっても契約出来ない可能性もありますので、このような事態にならないよう注意する必要があります。

常識ある利用を心掛けよう

日常生活の中で携帯電話を普通に利用していれば、このようなトラブルが起きる事はありません。

ですが、疚しい事をしてしまうと、それ相応のリスクを背負う事になります。

携帯電話は普段の生活の中で欠かす事の出来ない大切な所有物です。

当たり前ですが、真っ当な常識ある利用を心掛けて下さい。


サブコンテンツ

このページの先頭へ