給料日前でお金がない!そんなピンチはキャリア決済現金化を有効活用

登場人物A

給料日まであと5日。財布には残り1,000円。ヤバい・・・どうしよう・・・

登場人物B

今月こんなに支払いあるの?このままだと給料日前に生活費がなくなる・・・

このような状況は誰でも一度は経験したことがあると思います。

でも友達や家族にお金の話はしたくない。

できることなら自分でなんとか解決したい。

ですがお金の問題を自分で解決するにしても、銀行や消費者金融から借入するには時間のかかる審査を受けなければなりませんし、100パーセント審査に通る保証もありません。

また何か売るにしても、取引単価の高い品物が都合よく見つかるなんてこともありません。

では一体どうすればいいのか?

そんなときこそキャリア決済現金化を利用しましょう。

キャリア決済現金化は審査不要の即日サービス。

もちろん何十万円も用意できるようなサービスではありませんが、キャリア決済枠の範囲内であれば現金を工面することができます。

金策の最終手段ともいえますね。

そこで今回は、給料日前でお金がないときの金策として非常に便利なキャリア決済現金化について詳しく解説していきます。

困ったときの金策方法の一つとして覚えておいてください。

給料日までの金策は誰でも一度は考える永遠のテーマ

毎月、給料日が来るたびに「今月こそは節約しよう!」と息巻くのですが、どういう訳か次の給料日近くになると金欠に悩んでしまう人が後を絶ちません。

何度も何度も「今月こそは絶対に節約する!」と誓っても、なぜか毎月お金に悩まされてしまいます。

お金がない

ふとしたときに現実を見つめると、「自分には生活能力がないのではないか?」と不安になってしまうこともあるでしょう。

でも実際このような状況は、誰でも一度は経験していることなんです。

給料日まであと数日というところで残金1,000円なんて話もザラにあります。

節約レシピの天才でもない限り、給料日まで食事を抜いてフラフラになってしまうこともよくある話。

自分一人だけとは思い込まないほうが良いですね。

それでも給料日前の金欠から抜け出すために、生活スタイルを徹底的に見直して改善に取り組んでいる人がいることも事実。

その助けとなる大きなポイントとして、金欠時のお金のやりくりの見直しがあります。

お金のやりくりの見直し

給料日前の金欠を「その場しのぎ」として軽く考えてしまう人は、結果的に問題解決されることなく、また次の金欠で頭を悩ませてしまうでしょう。

金欠を繰り返す人は「何とかなる!」状況を甘く見ていることが多いです。

問題点の見直しができないからこそ、毎回同じ悩みを抱えてしまうのです。

それがなかなかできないからこそ、給料日までの金策は誰にでもいえる永遠のテーマとなるのでしょう。

交際費や急な出費で金欠になることは誰にでも当てはまるケース

節約を心掛けても急な出費で金欠になることは十分考えられます。

急な出費

毎月コツコツ貯金できていればピンチになることもなく、何とか乗り越えることもできるのですが、限られた収入の中では、赤字にならないように節約するだけで精一杯の人も少なくありません。

買い物やギャンブル、異性へのプレゼントなど、生活に必要なお金以外の娯楽をすべて我慢したとしても、どうしようもない急な出費で金欠になってしまうことは事実としてありえることなんです。

金欠になる原因とは?

金欠になる原因はさまざまですが、急な出費の代表例として次のようなものが挙げられます。

付き合いや接待での交際費

会社での接待や取引先との付き合い、また友人やママ友たちとの付き合いなど、どんな立場の人でも生活していく上で「交際費」が急に入用になることもあります。

ここをケチってしまうと「付き合いが悪い」とマイナスイメージが付いてしまい、今後の人間関係に大きなヒビが入ってしまうことも。

楽しむために使うお金ではないけれど、使わなければ面倒な状況になってしまうのでストレスが溜まる出費ですね。

冠婚葬祭

結婚式であれば数か月前から予定が分かるので計画的に準備できるのですが、知り合いが亡くなった場合、こればっかりは本当にどうしようもないケースの出費です。

家族や親戚はもちろんのこと、お世話になった人や仕事関係の付き合いなど、葬儀に出席しなければいけないこともあるでしょう。

仕事の都合などで葬儀に出席することができなくても、「香典」だけは用意しなければいけないのが筋。

給料日前の金欠時であれば相当苦しい状況になってしまいます。

病気やケガ

予測不可能な不慮の事故や病気での手術。

お金よりも大切な「命」「体」がかかっていることなので出さない訳にはいきません。

保険に加入していれば賄える金額であっても、一時的に立替払いするケースがほとんどです。

生活必需品の故障

テレビや洗濯機など、一定期間なくても何とかなる生活品は多数ありますが、仕事で必要なパソコンが急に故障してしまったり、ライフラインのジャンルに含まれる携帯電話の故障、暑い真夏のクーラーの故障など、日常生活に支障が出てしまう必需品の故障時にも緊急な買い替えが必要となり、大きな出費として響くこともあります。

節約できない生活費

さきほど紹介したものはあくまで一時的な出費のため、乗り越えることができればその後の生活は元に戻すことができます。

ただし貯金があればの話。

毎月必要になるお金以外の急な出費に関しては、貯金がなければ他の生活費を切り詰めなければいけません。

ですが生活費には節約できない費用もあります。

家賃

家賃は毎月引き落とされるので節約しようにも節約できません。

敷金、礼金なしの賃貸物件契約では、未納があれば即退去となる厳しい案件だったりもするので気を付けてください。

管理会社が徹底して管理している物件では、泣き落としの「温情」は通用しません。

光熱費

光熱費の支払いが引き落としの場合、すぐに止めて節約するということが難しい案件です。

延滞時には再請求の支払いを忘れがち。

急に電気やガスが止まってしまう経験をする人も少なくありません。

携帯電話料金

携帯電話料金に関しても、家賃や光熱費同様に引き落としであれば節約が困難な支払いです。

また近年では携帯電話がライフラインとなっている人も多く、延滞、未納となってしまった際、急に使えなくなって生活に大きな支障がでてしまうこともあるでしょう。

食事より携帯電話が使えなくなる方が困るという人の割合は多いそうですよ。

動かせない支払いは節約の対象外

生活に支障が出るような「動かせない支払い」は、節約の対象として考えることはできませんよね。

最悪の場合、未払いとしてやり過ごすこともできますが、いずれにしても延滞金がかかります。

それ以上に固定費の未払いは社会的信用を失うので、家や車を買うときに審査が通りにくくなるデメリットも。

「1回くらい平気だよ!」と軽く考えるのはNG。

固定費の未払いに味を占めてしまう可能性が高くなるからです。

「催促が来た後で払えばいいや・・・」という考えに慣れてしまい、未払いを繰り返すことで催促請求の支払いも忘れがちになる可能性も。

その結果、「延滞者のブラックリスト」に載ってしまい信用情報に傷がついてしまいます。

急な出費は本当にどうしようもないアクシデントですが、ここでのピンチの乗り越え方が今後の人生を左右する結果になってしまうので要注意です。

貯金がないのは仕方ない!すべては給料が上がらないのが原因!

年々、日本人の所得は減っています。

これは認めたくないけれども変えられない現実なのです。

自分で起業して年商を上げるくらいの力がない限り給料アップは見込めません。

そのため職業・所得に関係なく、常に「今の給料では満足できない」状況になる人がほとんど。

年代別給料平均

貯金なんてもってのほか。

今の一般サラリーマンの収入で貯金を持っている人なんて本当に一握り。

誰も口にしないだけで家計状況は似たりよったりです。

加えて不景気な世の中が与える影響も非常に大きいため、これではそこまで贅沢したつもりがなくても、金欠になってしまう人は後を絶たないでしょう。

だからといって現実から目を背ける訳にはいきませんし、金欠の状態を無視する訳にもいきません。

もちろん給料が上がらないことが金欠の原因ではありますが、変えられない事実に不満をいっても何の解決にもなりません。

金策の悩みから脱出するには、変えられない現実をしっかり受け止め、変えることのできる「お金の使い方」、「ピンチになったときの金策方法」を見直していくしか方法はないのです。

給料日前でお金がないけど消費者金融は利用したくない!

「給料日が来たら返済できるでしょ!」といって消費者金融を利用する人は多いですが、実は金利の高い消費者金融を利用したくないと考えている人もたくさんいます。

それでも金策できずに仕方なく消費者金融で借入してしまうケースもあるでしょう。

金策で困る

少し前までは、薄暗い雑居ビルに店舗を構えるような消費者金融のイメージはとても悪く、「借りたら終わり」なんて強迫観念さえもあるくらいでした。

しかし近年では、明るいCMや見通しのいい駅前の店舗を用意する会社も増え、若い人でも「借金」に対する抵抗が低くなり、簡単に借入するようになってきましたよね。

無職でも学生でも借入できる金融会社があることから、「とにかく金融ブラックにさえなっていなければいい」と割り切ることで消費者金融への敷居が一気に低くなり、消費者金融から借金する人を急増させたともいえます。

また早ければ数日以内に現金を手にすることができる審査スピードも要因の一つ。

「簡単、便利、即日融資」の三拍子が揃っていることで、給料前の金欠時には誰でも一度くらい消費者金融の利用を考えてしまうもの。

金利が高いということも忘れて・・・

一度でも消費者金融を利用すれば、また必ず二回目の借入をします。

お金がないピンチを簡単に乗り切れたという経験が癖になってしまうからです。

繰り返し利用することでその便利さが癖になり、結果的に支払う金利の総額がかなりのものになることを考える気持ちなんてないのでしょう。

積もる金利の支払いによって限られた給料がどんどん減っていくことも実感できずに、毎月給料日前になると「なぜかお金が足りなくなる」という負のループに巻き込まれていくのです。

「消費者金融は利用したくない!」と豪語している人に限って、一度でも手を出してしまうと何度も利用する常連客になってしまうのがオチです。

金欠から抜け出すためには、まず消費者金融を利用した金策をやめることが重要になります。

ピンチを乗り切るならキャリア決済現金化サービスが一番便利

登場人物A

お金の問題は誰にも知られずに解決したい。できれば即日で・・・

登場人物B

すぐに現金が欲しいけど借入なら審査に何日もかかるんでしょ?他に方法はないのかな?

と考える人は多いと思います。

ですが急な資金繰りにそんな都合よく対応できるサービスは普通に考えるとありませんよね?

そんなときこそキャリア決済現金化が役立ちます。

キャリア決済現金化とは、携帯電話に備わっているキャリア決済枠を現金化(買取)してもらうサービス。

既に携帯電話を契約している時点でサービスを利用するための審査は必要ありません。

審査が必要ないということは時間がかからないということでもあります。

もちろんキャリア決済枠内での利用になるため、何十万円も用意できるようなサービスではありませんが、それでも金欠のときに数千円~数万円を工面できれば助かりますよね。

コアなサービスなので認知度は低いですが、一部のユーザーから根強い人気を得ているサービス。

給料日前の金欠でどうしても困った場合は利用を考えてみるのも一つですよ。

クイックチェンジで提供するキャリア決済現金化の利用手順

最後に弊社クイックチェンジで提供するキャリア決済現金化の利用手順について説明します。

混雑状況にもよりますが、申込手続きから現金が振込まれるまで最短15分。

年中無休で対応しているため、GW、お盆、年末年始も利用可能な便利なサービス。

ご利用いただく際は次の手順を参考にお申込みください。

補足説明

下記にて紹介するのは全キャリア決済共通の現金化手順になります。各キャリア決済別の詳しい現金化手順について知りたいという人はリンク先からご確認ください。

ステップ① 申込フォームに必要事項を入力し弊社宛に送信する

お申込みフォームに必要事項を入力し送信ボタンをタップしてください。その後、弊社より折り返しのメールが届きます。

ステップ② 弊社から届く返信メールに沿って手続きをおこなう

折り返しのメールにキャリア決済で購入いただく商品の詳細が記載されています。そちらを参考にキャリア決済から商品をご購入ください。

ステップ③ 指定商品購入後、弊社までメールを送る

商品購入後、弊社までメールにてご連絡ください。その際、ご購入された商品の送付もお願い致します。

ステップ④ 弊社にて商品を確認後、買取代金が入金される

弊社の方でもお客様のご購入された商品を確認させて頂きます。無事確認が取れましたらお客様のご指定されるお振り込み先に買取代金をご入金いたします。

お申込みはこちらから

LINEからのご連絡も可能です。
友だち追加数

お知らせ:ワイモバイル、UQモバイルではキャリア決済現金化に対応することができません。ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願いいたします。

振込手数料、入金反映時間に関しては各金融機関の入金反映時間よりご確認下さい。尚、各金融機関の営業時間に準ずるものとします。

お名前(必須)
フリガナ(必須)
電話番号(必須)
メールアドレス(必須)
利用端末(必須)
決済種類(必須)
初めてのご利用ですか?(必須)
申込金額(必須)
金融機関名(必須)
支店名(必須)ゆうちょ銀行の場合は店番、記号のどちらかを入力して下さい。
口座番号(必須)
振込名義(必須)
ご質問・ご要望ご質問、ご要望などがあれば記入下さい。

私は18歳以上です。

上記の内容で宜しければチェックを入れて送信ボタンを押して下さい。



クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部は、キャリア決済現金化に関するさまざまな知識、携帯電話のお役立ち情報をいち早くお伝えするために日々活動しています。こちらの記事に対し、ご意見、ご要望など御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。お送り頂いた内容を確認した後、次回の更新時に反映させて頂きます。