現金化をもっと知りたい!キャリア決済とクレジットカードの実用的な現金化手法

日常生活の金銭問題1

今月あと50,000円足りない・・・どうしよう・・・

日常生活の金銭問題2

引っ越し費用でまとまったお金が必要になった・・・困ったなぁ・・・

日常生活においてお金が足りなくなることってよくありますよね?

もちろん急な出費を乗り切るための秘策があればいいのですが、そうそう見つかるものでもありません。

 節約する人の考え

借入先も貯蓄もないから生活費を切り詰めないと・・・

このように頭を抱えてしまう人もいることでしょう。

そこで提案。

急な出費で困っているなら使っていないキャリア決済枠やクレジットカードのショッピング枠を現金化してみては如何ですか?

もちろんどちらも違法行為じゃないので安心してください。

「現金化=怪しいサービス」と考える人もいるかも知れませんが、その考えははっきりいって古いです。

今回の記事では、キャリア決済枠やクレジットカードのショッピング枠を現金化するメリット・デメリット、また現金化の実用的な使い方について詳しく紹介していきます。

こちらの記事をご覧いただければ、現金化にネガティブなイメージを持っている人の考えが180度変わりますよ。

現金化は違法じゃない!正しい知識を身につけて安全に現金化を利用しよう

「キャリア決済現金化」「クレジットカード現金化」にどんなイメージをお持ちですか?

どことなく違法なイメージを持っていませんか?

先に結論からお伝えすると、キャリア決済現金化もクレジットカード現金化も違法なサービスではないので安心してください。

詳しくは「 キャリア決済現金化は違法じゃない!その理由について教えます」で解説していますが、現金化といってもあくまで買取サービス。

言葉のニュアンスが違うだけでサービス内容はリサイクルショップとなんら変わりありません。

この点を分かっていない人が多いんですよね。

もし仮に現金化全般が違法なサービスならリサイクルショップも違法だといえます。

なぜなら不用品をリサイクルショップに買取してもらうことで現金化する人が大勢いるから。

「ゲームソフトやDVDを売って現金を手にする。」

これも立派な現金化です。

キャリア決済枠やクレジットカードのショッピング枠を現金化する行為も買取方式で展開されるため、いつでも手軽に利用できるオンライン買取サービスだと認識してください。

キャリア決済現金化とクレジットカード現金化のメリット・デメリット

キャリア決済現金化、クレジットカード現金化は一時的な資金繰りをおこなう上で非常に便利なサービスですが、それぞれのサービスにメリット・デメリットが存在します。

もちろん現金化サービスを利用する前に両方のメリット・デメリットを把握しておかなければなりません。

そこでここからは、キャリア決済現金化、クレジットカード現金化のメリット・デメリットについて解説していきます。

現金化初心者の人は必ず目を通しておきましょう。

キャリア決済現金化のメリット

キャリア決済現金化のメリットは次の4つ。

さっそく順番に見ていきましょう。

1人1台は当たり前!携帯電話を使ってすぐに現金化できる

お手持ちの携帯電話からいつでもすぐに現金化できる点キャリア決済現金化特有のメリットです。

携帯電話を契約した時点でキャリア決済を利用できますからね。

手続きも簡単。

業者のホームページから申込手続きをおこない、指定された商品を購入し、その商品を業者に買取してもらうだけ。

「今日中に現金が欲しい!」など即金を希望したいときに役立つサービスだといえます。

決済枠は最大10万円!使いすぎる心配がない

キャリア決済の限度額は最大100,000円とクレジットカードより少額です。

そのため使い過ぎてしまう心配がないのも嬉しいポイントの一つ。

限度額の上限が決まっているので消費者金融のように借金が膨らむ心配もなく、破産するリスクも限りなくゼロに近いです。

また100,000円なら一般の社会人だと何とか工面できる金額ですからね。

ちなみに限度額の上限を100,000円以下に設定している場合、その設定枠でしかキャリア決済を利用できないので注意してください。

現金化を見越してキャリア決済の限度額をあらかじめ上げておくのもオススメな方法です。

現金化したキャリア決済枠の代金は翌月の携帯電話料金と合算払い

キャリア決済現金化で利用した代金は翌月の携帯電話料金と一緒に支払います。

ということは支払いまで最大一か月間の猶予があるということです。

もちろん手数料は一切不要。

もし仮に消費者金融でお金を借り、毎月ATMで返済をおこなうと、支払うたびに数百円程度の振込手数料がかかります。

ここで注意。

たかが数百円程度と侮ってはいけません。

年間で計算すると数千円にも膨れ上がる可能性だって考えられますよね?

余計なお金は出来る限り払わないようにするのが上手なやり繰り。

携帯電話料金と合算請求されるキャリア決済なら無駄な手数料を支払わなくて済むのです。

キャリア決済を現金化しても利息はかからない

キャリア決済を現金化しても利息は一切かかりません。

例えば消費者金融から100,000円を年利18%で借入した場合、一か月にかかる利息は1,500円。

1,500円と聞くと僅かにも感じますが、考え方を変えると余計に1,500円も支払うことになります。

もし返済が長引けばさらに利息が加算されますよね?

年間通せば少なくても「1,500円×12か月=18,000円」は絶対にかかる金額なんです。

しかし現金化は借金ではないため利息は一切かかりません。

キャリア決済の最大限度額100,000円を現金化しても、翌月に支払いするキャリア決済の代金は100,000円でOK。

この利息が一切かからない点こそキャリア決済現金化の大きな魅力といえるでしょう。

クレジットカード現金化のメリット

クレジットカードの意見

クレジットカード自体は持っているんだけどショッピング枠はあんまり使わないんだよね・・・

このように考えている人は意外と多いです。

それならお金に換えてしまうのも一つ。

ここからはクレジットカード現金化のメリットについて解説していきます。

カードブランドは関係なし!どのクレジットカードでも現金化できる

クレジットカード現金化のメリットは、カードブランドに関係なくショッピング枠を現金化できる点です。

利用停止中のカードはさすがに使えませんが、普段から買い物に使っているクレジットカードなら何でもOK。

種類やランクも関係なく、いつでも気軽にショッピング枠を現金化できるのは嬉しいですよね?

一時的な資金繰りとしてクレジットカードのショッピング枠を現金化してしまうのも賢い資金繰りの一種だといえます。

ショッピング枠の範囲内なら高額な現金化もできる

現金化するショッピング枠は少額でも高額でも問題ありません。

「毎月半分くらいしかショッピング枠を使わないんだけど・・・」といった状況であれば、残り半分を現金化することだって可能。

もちろん100,000円のショッピング枠から10,000円のみを現金化することだってできます。

利用できる限度額の範囲内で必要なときに必要な分だけ自由に現金化すればいいのです。

もちろん現金化に回数制限なんてありません。

キャッシングするよりも簡単・手軽に利用できる利便性の高さは評価できるポイントといえるでしょう。

現金化したショッピング枠の支払いは分割にすることもできる

現金化したクレジットカードのショッピング枠は無理して一括で支払う必要はありません。

支払いが困難なら分割にすることだってできます。

現金化の疑問1

クレジットカードのショッピング枠を現金化したいけど翌月の支払いが大変になるんじゃないの?

このように頭を悩ませる人もいることでしょう。

必要な現金を一時的に工面できたとしても、翌月、翌々月の支払いが困難になれば本末転倒。

現金化した意味がありません。

しかし、後の支払いを分割払いにすることで、自分の収入状況と照らし合わせながら無理のない支払ができるようになります。

高額な現金化をする場合、支払いを「ボーナス一括払い」にしてしまうのも有効な手段。

クレジットカード現金化には、支払方法の選択肢に「分割払い」があるということを忘れないでください。

キャリア決済現金化とクレジットカード現金化に共通するメリット

キャリア決済現金化とクレジットカード現金化。

似ているようで異なるサービスですが現金化というジャンルは同じ。

そのため共通のメリットがあるのも事実。

両方のサービスに共通するメリットも知っておけば、二種類の現金化をより効率よく扱えるようになるでしょう。

こちらではキャリア決済現金化とクレジットカード現金化に共通するメリットについて解説していきます。

即金なら現金化!審査がないから融資より使いやすい

キャリア決済現金化とクレジットカード現金化。

どちらも「いますぐお金が必要!」というときにピッタリな資金繰り方法です。

もちろん両方のサービスに審査は必要ありません。

消費者金融でも当日の借入はおこなっていますが、申込書類を記入したり審査を受けたりなどさまざまな手続きが必要です。

また審査の一つである在籍確認に抵抗を覚える人も多いことでしょう。

ですがキャリア決済やクレジットカードを現金化する場合、審査不要で即日現金を工面できます。

気まずい在籍確認もありません。

借入よりも手軽で使い勝手がよく便利なのも現金化特有のメリットです。

手続きはネットで完結!誰にもバレることがない

キャリア決済枠やクレジットカードのショッピング枠を現金化しても家族や友人、知人にバレることはありません。

手続きもネットですべて完結します。

消費者金融からお金を借りた場合、自宅に届くハガキなどで家族にバレてしまう、また消費者金融から届いたハガキを自宅に置きっぱなしにしておくことで知人や友人に借入していることがバレてしまうなんてことも実際にある話なんです。

ですが、キャリア決済現金化やクレジットカード現金化ならネットで購入した商品を業者に買取してもらうだけ。

明細には購入した商品名が載るだけなので誰にも怪しまれることはありません。

「現金化したことがバレたらどうしよう・・・」なんて心配は不要ですよ。

借入と違い信用情報に傷がつかないから安心

消費者金融からお金を借りる際、信用情報を気にする人も多いのではないでしょうか?

信用情報には利用者の氏名や生年月日・住所だけでなく、今までの借入情報もしっかり記録されています。

例えば消費者金融で滞納や遅延を繰り返していた場合、そのすべてのおこないが記録されてしまうのです。

最近では奨学金の滞納まで記載されるようになりました。

消費者金融はお金を貸す際、信用情報を必ず確認します。

もし過去に滞納や遅延などの「金融事故」を起こしているなら審査に通ることはまずありません。

しかし現金化だと信用情報は一切関係なし。

すでに携帯電話の契約時、クレジットカードの発行時に審査を受けている状態なので、そこからさらに再審査する必要はありません。

携帯電話、クレジットカードが手元にある状態ならキャリア決済枠やショッピング枠を現金化できるということなのです。

キャリア決済現金化のデメリット

さきほどまではキャリア決済現金化、クレジットカード現金化のメリットについてお伝えしてきましたが、もちろんデメリットも存在します。

このデメリットをしっかり押さえておくことで、トラブルの心配もなく、より便利で実用的な現金化が可能になるでしょう。

ここからはキャリア決済現金化、クレジットカード現金化のデメリットについて触れていきますが、まずさきにキャリア決済現金化のデメリットから見ていきましょう。

SIMフリーではキャリア決済を現金化できない

キャリア決済現金化の最大の弱点、それはSIMフリー対応不可ということです。

なぜならSIMフリーの携帯電話がキャリア決済に対応していたとしても、現金化できる商品そのものを購入することができないから。

ようはSIMフリーの携帯電話が提供するキャリア決済は利用範囲が狭いということです。

mineoや楽天モバイル、LINEモバイルなど、たくさんのSIMフリー携帯電話がありますが、残念ながらキャリア決済現金化には非対応なので注意してください。

キャリア決済現金化を利用できるのは大手携帯キャリア、ドコモ・au、ソフトバンクのみだと覚えておきましょう。

携帯電話会社の定める利用規約に違反する可能性がある

キャリア決済現金化を法律的な視点で判断した場合、違法性のない正規のサービスであることに間違いありません。

ですが携帯電話会社の定める利用規約に違反してしまう可能性があることを理解してください。

詳しくは「 携帯キャリア決済現金化の極意!キャリア決済を安全に現金化する方法について教えます」で解説しています。

とはいえ、携帯電話料金を何度も滞納するような悪質行為をしない限り、キャリア決済現金化を利用していることはバレません。

キャリア決済で購入した商品をどのように扱うかは各自の自由ですからね。

ただし「携帯電話料金は滞納しない」「使った代金は必ず払う」この2点を必ず守らなければ、キャリア決済そのものが利用停止になるケースや利用制限を受けてしまう可能性もゼロではありません。

常識をわきまえた上で正しくキャリア決済を現金化してください。

クレジットカードのような分割支払いはできない

現金化したキャリア決済の代金は分割払いできません。

翌月の携帯電話料金と合算して一括で支払う必要があります。

つまり100,000円のキャリア決済枠を現金化した場合、その100,000円を翌月に一括で支払わなければいけないのです。

もし遅延、滞納を起こした場合、さきほどの項目でもお伝えした通り、キャリア決済そのものが利用停止になるケースや、利用制限を受けてしまう可能性も十分考えられるため注意しましょう。

クレジットカード現金化のデメリット

では次にクレジットカード現金化のデメリットについて見ていきましょう。

キャリア決済現金化のデメリットとどのような違いがあるのか見比べながらご覧ください。

決済枠が大きいため使いすぎてしまう可能性がある

キャリア決済なら限度額は最大100,000円ですが、クレジットカードのショッピング枠は300,000円、500,000円、1,000,000円など高額です。

そのため現金化が便利だからとついつい使い過ぎてしまう恐れがあるため注意しましょう。

分割払いができるからと安心しているならなおさら危険。

ご自身の収入状況を把握しながら計画的に利用するのがポイントです。

クレジットカード会社の定める利用規約に違反する可能性がある

もちろんクレジットカードのショッピング枠を現金化する行為は法的に違法ではありません。

ですがカード会社の定める利用規約に違反してしまう可能性があります。

なぜならクレジットカードで購入した商品は、厳密にいうと支払いが完了するまでカード会社のものという考え方があるためです。

いくら自分の手元に商品があるとはいえ、カード会社がいったん立て替え払いをおこなっている以上、このような考え方になるのです。

ということは、所有権がカード会社にある商品を買取してもらうことになるので、厳密にいえばかなりグレー。

しかし法的には問題がないため、滞納や遅延をしない限りバレることはほとんどありません。

支払いを延滞すると信用情報に傷がついてしまう

クレジットカードで使った代金の支払いが遅れてしまった場合、または支払いを怠ってしまった場合、信用情報に影響が出てしまう可能性が考えられます。

一度でも信用情報に金融事故を起こした情報が記録されてしまうと、完済したとしても長期間に渡ってその記録は残ります。

また信用情報の内容は各機関で共有されているため、他のカード会社やローン会社も簡単に知ることができるんですよ。

将来、住宅ローンやマイカーローンが組めず、人生設計が大きく狂ってしまう可能性だって十分考えられます。

信用情報にキズをつけないためにも支払いはしっかりおこないましょう。

こんなときこそ使いたい!キャリア決済とクレジットカードの実用的な現金化手法

メリットやデメリットはあるものの、キャリア決済現金化、クレジットカード現金化は計画的に利用すると非常に便利です。

使い勝手も優れていますからね。

ここからはキャリア決済現金化、クレジットカード現金化の実用的な使い方について見ていきましょう。

今後の資金繰りの参考にしてください。

ちょっとした生活費の足しに!キャリア決済現金化は日常生活の資金繰りにオススメ

「今月少し生活が厳しくなるかも・・・」といった状況はよくありますよね?

例えば飲み会が続いたときや冠婚葬祭、突然の入院など、金銭的にピンチになる場面は多々あります。

キャリア決済現金化の利用用途1

生活費があと数万円あれば楽なんだけど・・・

キャリア決済現金化の利用用途2

次の給料日まで凌ぐための資金が欲しい・・・

そんなときこそキャリア決済現金化の出番です。

キャリア決済なら最大100,000円まで現金化可能。

審査も在籍確認もなく現金を即日手元に用意できるため実用性に優れています。

限度額の関係から日常のちょっとした出費を埋めるために活用したい資金繰り手法として考えてください。

高額決済できるメリットを活かせ!二桁以上の出費に役立つクレジットカード現金化

クレジットカード現金化の利用用途1

引っ越し費用でお金を使いすぎたなぁ。生活費を別で工面しないと・・・

クレジットカード現金化の利用用途2

車の修理費でまとまったお金が必要・・・どうしよう・・・

このような大きいお金が必要になるシーンでこそ活用したいクレジットカード現金化。

リフォームや車の修理、引っ越し費用など、100,000円以上のお金が必要になるときってありますよね?

ですがキャリア決済は限度額が最大100,000円なので高額な現金化には不向きです。

そんなときはクレジットカード現金化を選択しましょう。

クレジットカード現金化ならショッピング枠の範囲内で現金化できます。

また現金化した後の支払いが困難なら分割払いだって選択できます。

ただしクレジットカードのショッピング枠はキャリア決済より利用可能額が高額になるため、後先考えずに使い過ぎてしまうと後になって痛い目を見ることにもなり兼ねません。

収支のバランスをしっかり考えながら適切に利用しましょう。

キャリア決済現金化とクレジットカード現金化はシーン別の使い分けがベスト

如何でしたか?

ここまでご覧いただけたのなら現金化に対する怪しいイメージは払拭されたと思います。

結論をお伝えするとキャリア決済現金化、クレジットカード現金化は使い分けるのがベスト。

100,000円以下で現金を工面したい場合はキャリア決済現金化、100,000円以上必要な場合はクレジットカード現金化など、そのシーンに合わせて適切なサービスを選択してください。

ただしどちらも使い過ぎには十分注意しましょう。

とくにクレジットカードはキャリア決済より利用可能額が高額なため、無計画に現金化してしまうと後から困ることにもなり兼ねません。

収支のバランスを考えながら無理なく使う。

これが現金化の正しい利用方法です。

とはいえ、キャリア決済現金化もクレジットカード現金化も非常に便利なサービスであることに違いありません。

金欠でピンチなとき、資金繰りに困っているときは現金化サービスをぜひ有効活用してください。


クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部は、キャリア決済現金化に関するさまざまな知識、携帯電話のお役立ち情報をいち早くお伝えするために日々活動しています。こちらの記事に対し、ご意見、ご要望など御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。お送り頂いた内容を確認した後、次回の更新時に反映させて頂きます。