携帯電話で現金を作るなら即金対応のキャリア決済現金化一択

みなさんはすぐに現金が必要になったとき、どのような対応を考えますか?

一般的には消費者金融からの借入やカードローンを思い浮かべますよね?

ですが最も安全に現金を作る方法として、携帯電話を使った「キャリア決済現金化」が挙げられます。

キャリア決済現金化は、その利便性の高さから年々人気を集めている即金対応の資金繰り手法なんですよ。

そこで今回の記事では、即金に対応したキャリア決済現金化のサービス内容を紹介すると共に、携帯電話からどのような手順で手続きをおこなうのか詳しく解説していきます。

急な出費で困ったときこそキャリア決済現金化をフル活用

急に呼ばれた友人の結婚式のご祝儀、すっかり忘れていたカードの支払いなど急な出費で現金が必要になることはよくある話。

そんな困ったときに活用できるのが今回紹介するキャリア決済現金化。

ここではキャリア決済現金化の利便性について詳しく解説していきます。

必要なのは携帯電話一つだけ

キャリア決済現金化の最大の特徴は携帯電話一つで即日現金を用意できること。

しかも手続きの全てがインターネット上で完結するため、手間もかからずいつでも利用できる手軽さが魅力です。

急な出費に対応できる数少ない資金調達方法の一つなので、「困ったときはキャリア決済現金化」と覚えておいてください。

キャリア決済現金化の仕組み

まずキャリア決済現金化の仕組みについて理解しましょう。

キャリア決済現金化を利用する上で最も重要となるのがキャリア決済。

キャリア決済とは、インターネット上で購入した商品の代金、オンラインサービスの料金などを携帯電話料金と一緒に後払いで支払うことができるサービス。

現在ドコモ、au、ソフトバンクの3社で利用可能となっています。

そのキャリア決済を上手く使うことで現金を調達することを「キャリア決済現金化」といいます。

キャリア決済現金化とは、携帯電話会社の提供するキャリア決済サービスの利用枠を使って商品を購入し、そのあと業者に買取してもらう仕組みのため、リサイクルショップに近いサービスだと認識している人も多いです。

キャリア決済現金化は買取サービス

後払いで購入した商品を買取してもらう、簡単にいってしまえばゲームやDVDを売るような感覚ですね。

携帯電話で現金を作る!キャリア決済現金化の利用手順

「じゃあ具体的にどうすればいいの?」という人のために、携帯電話で現金を作るキャリア決済現金化の手順について解説します。

キャリア決済というのは、商品代金やインターネット上でのサービス料金を支払うためのサービス。

もちろん携帯電話会社から直接現金を受け取るような仕組みではありません。

そのためできるだけ買取率の高い商品を購入し買取してもらう方法を取ります。

購入対象となっている商品の多くはチケットや金券、デジタルコード。

ですがネットショップなどで商品を購入した場合、決済完了から商品が手元に届くまで数日かかるケースがほとんど。

手元に届いてから金券ショップなどに出向き買取してもらうのはムダに時間がかかります。

そこでキャリア決済現金化は、携帯電話から以下のような手順で手続きをおこないます。

  1. キャリア決済で買取率の高い商品を購入する
  2. 買取率の高い商品を業者に買取してもらう
  3. 指定口座に買取代金が即日入金される

このようにたった3ステップで手続きが完了します。(自分が手続きするのは2ステップまで)

しかも手続きの全てはインターネット上でおこなうため、店舗まで出向く手間は一切かかりません。

携帯電話一つでどこからでも手続きをおこなえる手軽さこそ、キャリア決済現金化が人気を得ている秘密の一つといえるでしょう。

購入する商品のメインはiTunesカード

キャリア決済を現金化して即金を得る方法ですが、買取対象となる商品は「iTunesカード」がメインです。

他にもGoogle Playギフトカードやプレイステーションストアカードなどありますが、今回はメイン商品であるiTunesカードで説明していきます。

実はドコモ、au、ソフトバンクの3社ともiPhoneを取り扱っていることから、各携帯電話会社のオンラインショップでiTunesカードの販売がおこなわれています。

iTunesカードは金券とは違いカード自体に価値はなく、裏面に記載されたコードが商品そのものなのです。

iTunesカードの裏面に記載のあるコードナンバーは、取り扱い店舗が販売、決済をした時点で有効となり、ようやく使用することができます。

オンライン上でiTunesカードを購入すると購入者にコードが開示されるため、決済した時点で手元に届いた状態となります。

キャリア決済の利用限度額は各携帯電話会社ごとに設定や条件が異なりますが、いずれも最大10万円まで利用できるため、利用限度額を確認した上で必要な分だけ購入しましょう。

iTunesカードの買取可能な現金化業者に買取依頼する

iTunesカードを購入したら後は現金化業者で手続きをおこなうだけ。

といっても難しい作業は何一つありません。

購入したiTunesカードのコードナンバーを現金化業者に送信する。

たったこれだけの作業です。(申込手続きは別で考えています。)

実際に店舗へ出向く手間もかかりませんしどこからでも利用できます。

また携帯電話会社の公式オンラインショップから正規の方法で購入するため、購入後に商品が送られてこないといった詐欺に遭うこともありません。

この点においても非常に安全です。

「自分が購入した商品を必要なくなったから現金化業者に買取してもらう。」

その手続きをインターネット上で済ませているだけなのです。

現金化業者にiTunesカードを売却する手順は以下の通り。

  1. 現金化業者のホームぺージから申し込みをする
  2. 各携帯電話会社の公式オンラインショップで商品を購入する
  3. 業者にiTunesギフトカードのコードを送る
  4. 指定口座に買取代金が入金される

オンライン上での買取手続きと聞くと難しそうなイメージを持つ人も多いと思いますが、基本的には業者の指示に従って入力を進めていくだけなのでとても簡単。

買取率も最大80%と非常に高く安全な方法となります。

キャリア決済の支払いは翌日の請求で一括払いのみ

キャリア決済で利用した代金は翌月の携帯電話代金と一緒に請求されます。

クレジットカードとは仕組み自体が異なるため、分割払いやリボ払いは利用できないという点を注意しながら返済できる金額だけ利用しましょう。

返済できずに料金を滞納してしまうと、キャリア決済が使えなくなるのはもちろん携帯電話も止まってしまうことになります。

計画的な利用を心がけてください。

借入は時間が掛かる!即金を希望するならキャリア決済現金化一択

すぐに現金を用意したい場合、消費者金融やクレジットカードのキャッシングローンなどで借入する方法を真っ先に思いつく人がほとんどでしょう。

しかし借入という方法はデメリットが多いため基本的には利用しない方が得策です。

ここでは借入をおすすめしない3つの理由について解説していきます。

借入をおすすめしない理由

借入は時間がかかる

消費者金融やクレジットカードのキャッシングローン、銀行のカードローンなどによる借入には審査があり、入金まで時間がかかるケースがほとんど。

消費者金融での借入は無人ATMからでもできますが、各地どこにでもあるわけではないため現地に出向くまで時間がかかります。

クレジットカードのキャッシングローンや銀行のカードローンは、提供元の会社が休みの場合にはその翌営業日での振り込みとなります。

つまり借入には時間がかかるのです。

即日で現金を用意したいときには利用できません。

またクレジットカードの場合、あらかじめキャッシング枠を利用する設定にしておかなければ利用そのものができません。

もしキャッシングを利用しない設定になっている場合、クレジットカード会社のホームページから利用枠変更手続きをおこなうところから始まります。

利用枠の変更には一定の審査があり書類送付などの手順が発生するため、利用開始まで平均10日前後かかるとされています。

審査状況によってはもっと長引く場合もあり得ます。

手間と時間がかかる反面、即日で現金を得ることは難しいといえるでしょう。

利息が非常に高い

借入は一般的に「借金」と呼ばれ、世間の間でも広く認識されています。

借金と聞いて「利息が高い」というイメージを持っている人も多いことでしょう。

その通り、借入は利息が非常に高いのです。

その利息は年利18.0%であることがほとんどであり、借りすぎてしまうといわゆる「返済しても利息分しか払えていない」状況に陥ります。

そうなってしまったら最後。

そもそも積み上がってしまった借金を一気に返済できる能力があれば、そのような借金をする必要はありません。

「借入」という行為に手を出してしまうと後戻りできなくなってしまいます。

借入できる状況を自分の貯金が増えたと錯覚する人もいるくらいですからね。

当たり前ですが借入には手を出してはいけないのです。

リボ払いは高額な借金をしている感覚が薄れる

借入は基本的に「一括払い」もしくは「リボ払い」のどちらかで返済計画を組みますが、数十万円の借金をする人は一括での返済能力がない場合がほとんど。

そのためリボ払いで返済していくことになるのですが、リボ払いでの返済方法を選択してしまうと「理由②」で説明した「利息の返済地獄」にハマってしまうため、いつまで経っても返済に追われる状況に陥ります。

それに比べキャリア決済現金化は、買取率の高い商品を業者に買取してもらうことで借入するリスクより遥かに安全で少額運用できる上、一括払いのみなので使いすぎる心配もなく安心です。

キャリア決済現金化は使い過ぎの心配がないから安心・安全

キャリア決済の利用限度額はどれだけ高くても最大10万円までとなっているため、一か月の間に10万円以上使うことはできません。

そのため使いすぎてしまい借金地獄にハマってしまうような事態は起こらないのです。

キャリア決済現金化は使いすぎる心配がない

借入だと利用限度額が20万円や40万円、100万円など非常に高額。

一度に返済できないような金額だからこそ、年利18.0% という高額な利息を付けた上で分割返済する形になってしまうのです。

人はお金を借りるとき、その金額の大きさを頭では理解していても、目先のメリットに目がくらみつい借りてしまうことがあります。

しかし一度に返済できないお金を借りてしまうと、返済が苦しくなる度に借金を増やしてしまう負のスパイラルに陥ります。

キャリア決済は限度額が低く、さらに翌月の一括払いのみの対応となっているため使いすぎる心配はありません。

また無理のない金額に設定されていることから、返済できなくて困るケースも少なく安心安全なのです。

キャリア決済現金化は誰にも知られることなくすぐに現金を用意できます

キャリア決済現金化は安心・安全だとはいえ、前倒しで現金を得ている事実を他の人に知られたくはないですよね?

しかし安心してください。

キャリア決済現金化は誰にも知られることなく即日で現金を用意できます。

ではなぜ誰にも知られることなく即日で現金を用意できるのか?

これまで紹介した内容を基にその理由を2つにまとめていきます。

携帯電話から全ての手続きが完結する

キャリア決済現金化は携帯電話から全ての手続きが完結します。

そのため誰かに見られてしまうようなリスクは皆無。

自室や外出中、電車の中やトイレの中など場所を選ばず手続きできます。

翌月の携帯電話料金をしっかり支払えば普通に買い物しただけの扱いとなり、不自然なことは何一つありません。

商品の配送がないので家族にバレない

キャリア決済現金化はiTunesカードを各携帯電話会社のオンラインショップから購入し、その購入したギフトコードを業者に買取してもらう方法なので現物の配送はありません。

そのため自宅に大量のiTunesカードが届くこともないので、一緒に暮らす家族にバレるような心配も一切不要。

もし大量の金券や何かしらの商品を購入し買取してもらう方法を取ったのであれば、自宅に大量の商品が届くため家族からも不審がられます。

ですが携帯電話からインターネット上で全ての手続きをおこなえば、家族に不審がられてしまうようなリスクを避けることができます。

携帯電話で現金を作るなら即金対応のキャリア決済現金化一択

ここまで紹介してきた内容をご理解いただけたのであれば、即金を希望する場合の選択肢としてキャリア決済現金化がベストだとお分かりいただけたことでしょう。

キャリア決済現金化はカードローンなどを使った借入のように「お金を借りる」という行為ではなく、「商品を買取してもらう」だけなので信用情報に傷がつくこともありません。

またお手持ちの携帯電話一つでいつでもどこでも手続きできるため気軽に利用できます。

急な出費で困るときというのは想定外の出来事が起こってしまい、すぐに現金を用意しなければいけないシチュエーションが多いと思います。

手持ちがないにも関わらず、ある程度まとまった現金が必要になるという経験をしたことがある人も多いことでしょう。

そんなとき最も気軽で安全に即日現金を用意することができる方法として「キャリア決済現金化」をおすすめします。

自分自身のキャパシティを超えない範囲で利用することを心掛け便利に活用しましょう。

クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部は、キャリア決済現金化に関するさまざまな知識、携帯電話のお役立ち情報をいち早くお伝えするために日々活動しています。こちらの記事に対し、ご意見、ご要望など御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。お送り頂いた内容を確認した後、次回の更新時に反映させて頂きます。