キャリア決済現金化は「借りる」ではなく「換える」だから安心・安全

どうしてもすぐに現金が必要だけどお金がないとき、あなたならどうしますか?

普通なら「日雇いで稼ぐ」、もしくは「お金を借りる」のどちらかを思い浮かべるでしょう。

しかし日雇いで稼ぐにしても働く時間がなかったり、そもそもそんな仕事は見つからない場合が多いので、ほとんどの人は借入という方向で考えることになると思います。

実はそんなときにこそ役立てたい新しい選択肢があるんです。

その選択肢というのがキャリア決済現金化。

キャリア決済現金化は「現金を借りる」ではなく「決済の利用枠を現金に換える」という新しい考え方の資金調達方法です。

今回は貸金業者から借入をすることで起こる恐怖、また「キャリア決済の利用枠をお金に換える」というキャリア決済現金化の安全な考え方について解説していきます。

貸金業者を頼るな!お金を借りる行為はリスクだらけ

お金に困ったとき、最終手段として貸金業者からお金を借りるという方法を取る人が後を断ちません。

しかし貸金業者からお金を借りるという行為こそ、実はリスクだらけで何も良いことはないんです。

その理由について詳しく見ていきましょう。

貸金業者のリスク

無審査・即日融資なんてありえない

ネットで貸金業者について調べていると、「無審査・即日融資OK」という言葉をよく見かけます。

収入が不安定な人、過去にお金を借りた際に返済で問題になった人にとっては嬉しいことですよね。

しかしそんな甘い誘い文句に乗ってはいけません。

なぜなら無審査でお金を貸してくれるような正規の業者は存在しないからです。

貸し付けをして本当にお金を返してくれる人なのかどうか分からないのに、無条件でお金を貸す会社があるでしょうか?

また「無審査・即日融資」という魅力的な条件を提示している業者は闇金である可能性が極めて高いです。

闇金業者は「私たちは闇金です!」などとは言いません。

あくまで普通に営業している金融業者と同じように装うため初見で見破るのは困難です。

だからこそ闇金業者に騙される被害が後を絶ちません。

甘い言葉には裏があるという典型的な例でもありますね。

利息が高額

貸金業者からの借入は基本的に高額な利息が設定されています。

なぜなら貸金業者はお金が商品であり利息が利益だから。

当然ボランティアでお金を貸してくれるわけではないので、その利益を最大化するために利息を高く設定して取り立てます。

気づけば借りた金額と同じかそれ以上の金額を返済しなければいけない状況に陥ることもあるんです。

分かりやすい例として返済額が優先的に利息の返済に当てられる「リボ払い」を思い浮かべてください。

「リボ地獄」という言葉もあるくらい恐ろしいことなんですよ。

在籍確認で職場にバレる

正規の貸金業者でお金を借りた場合、あなた自身に返済能力があるかどうかを調べるための審査に入ります。

その審査の一つ「在籍確認」

あなたが本当に働いているのか、本当に収入を得ているのかを確認するため、職場に在籍確認の連絡を入れることがあります。

当たり前ですが会社の人が電話を受けますよね?

そうなるとお金を借りようとしていることが職場にバレてしまいます。

職場にバレてしまうと周りからは「お金にだらしのない人」と後ろ指を差されることになり、会社に通うのが憂鬱になってしまったり居辛くなってしまうことでしょう。

それだけは絶対に避けたいという人が多いのも事実です。

融資の営業がしつこい

貸金業者はお金を貸して返済の利息を受け取ることで利益を得ています。

つまり貸せば貸すほど儲かる仕組みなのです。

一度融資を受けた人はお金の管理にだらしない人とみなされ、何度でもお金を借りる「カモ客」だろうと思われてしまいます。

そのため電話、もしくはハガキで追加融資の営業攻撃を受けることになります。

一度貸金業者から融資を受けた場合、たとえ返済できたとしてもこの先ずっとあなたの生活にチラついてくるもの。

人間は苦労せずに大金を手にする経験をすると、その魅力に取り憑かれ借金を繰り返すようになります。

その一線を超えてしまい戻れなくなる人が多いからこそ、借金で悩む人がいつまで経ってもなくならないのです。

このような状況に陥らないためにも借入は絶対にしてはいけません。

信用情報機関に掲載される

お金を借りるということは決して気軽なことではありません。

「自分の生活に必要な最低限のお金は自分の力で稼がなければいけない。」というのが常識であり世の中のシステムでもあります。

そのシステムに対応できないことからお金を借りてしまう。

当然ですがあなたの信用情報にも関わってくることを忘れないでください。

信用情報機関にはあなたが貸金業者からお金を借りたという事実が履歴として掲載されます。

何の問題もなく返済できれば良いのですが、もし少しでも返済の滞りが起こってしまった場合、あなた自身の信用情報に傷がつくことになるんです。

そうなると今後の住宅ローンやクレジットカードの発行、賃貸契約などの審査に大きく影響することでしょう。

闇金業者に引っかかってしまうとどうなるのか?

闇金業者に引っかかってしまうと一体どうなるのでしょうか?

高額な利息でお金を貸付け、返済が滞ると精神的に追い詰めるようなやり方で取り立てをおこなう。

簡単にイメージできますよね?

違法な利息が設定されていることが多く、一度借りると利息分の返済だけに追われてしまい、いつまで経っても元本が減らないという負のループに入ります。

完済するにしても利息分を含めまとまったお金が必要になりますが、気づいたときには一括で返済できないような金額になっているパターンがほとんど。

また闇金業者の手口は巧妙。

いつまでも利息を取り続けられるように仕向けてきます。

具体的には返済分の振込先口座情報を教えなかったり、返済前に連絡するようにという条件を付けながらも電話に出なかったりするようです。

このように支払えない状況を無理やり作り出しわざと滞納させ、延滞料金を騙し取るような手口を使うところもあると噂になっています。

ここまで悪質行為をされるともはや自力での解決はできません。

もはや銀行並み?貸金業者の審査は年々厳しくなるばかり

年々貸金業者の審査が厳しくなっていることをご存知ですか?

昔は銀行での融資を断られた人が貸金業者に助けを求めるパターンが多く、今でもその傾向は続いています。

ですが年々、貸金業者から簡単にお金を借りることができなくなっています。

借入

2010年に貸金業法が改正されて以降、年収の3分の1以上は借りられなくなってしまいました。

この法改正以降、貸金業者は信用情報機関への加盟が義務化され、さらに執拗な取り立てもできなくなったことから簡単にお金を貸すわけにはいかなくなったのです。

また貸金業法の改正前と比べ金利も大幅に下げられてしまい、貸金業者の利益率も下がっているのです。

貸した金額以上のお金を確実に回収しないと貸金業者は大赤字。

そのため審査基準を厳しくしなければいけない状況にあるのです。

キャリア決済現金化はお金に換える新しい考え方

そんな審査の厳しい時代に登場したのが「キャリア決済現金化」

キャリア決済現金化は、従来の「お金を借りる」という方法ではなく、「キャリア決済枠をお金に換える」という新しい考え方の資金調達方法です。

キャリア決済とは携帯電話の利用料金と一緒に商品の購入代金を支払うという新たな後払いシステム。

その利用枠は最大10万円となっており、その枠内で商品を購入し転売することで現金を得ます。

各携帯電話会社のオンラインショップでiTunesカード、Google Playギフトカードをキャリア決済で購入しコードを即日発行。

その後、買取業者にギフトコードを買取ってもらうことで取り引きが成立し、その場で現金を振り込んでもらうという仕組みです。

一般的な転売やせどりと異なるのは、「オンライン上で即日完結できる」「利益を得るためのものではない」の2点。

iTunesカード、Google Playギフトカードには、残高として販売価格と同じ金額が入っています。

そのため買取業者は同額以上の金額で買取るメリットはありません。

つまり損得勘定抜きにして、「キャリア決済という後払いシステムで買った商品を業者に買取ってもらうことで即日現金を得ることができる。」という考え方なのです。

一度整理しましょう。

貸金業者からの借入は「直接お金を借りて利息と共に返済する」という方法。

キャリア決済現金化は「商品を購入してお金に換える」という方法。

借入はあらかじめ高額な利息が設定されていますが、キャリア決済現金化は購入した商品の代金を後から支払うだけなので利息という考えがありません。

購入した商品を買取ってもらうオンライン買取サービスだと認識してください。

キャリア決済を現金化するメリットについて把握しよう

貸金業者からの借入ではなくキャリア決済現金化を選ぶメリットについていくつか紹介していきます。

先ほど解説した「お金を借りるリスク」と比較するとその差は歴然。

しっかりと把握しておきましょう。

キャリア決済現金化のメリット

審査不要・即日対応

キャリア決済現金化には審査という概念はなく即日対応も可能になっています。

キャリア決済現金化でおこなう行為は「商品を買って買取業者に買取ってもらう」ということ。

そのため信用情報機関を通す必要はどこにもないため審査そのものが不要なのです。

さらにiTunesカード、Google Playギフトカードを購入し、オンライン上で即日買取してもらう方法なので当日中にお金を振り込んでもらうことができます。

急な出費の資金繰りに最適だといえますね。

在籍確認一切ナシ

キャリア決済現金化はお金の貸し借りではなく商品の買取なので、業者側も勤務先にいちいち在籍確認をする必要はありません。

そのため勤務先に連絡されるということもなく、職場にバレる心配も一切ありませんので安心してください。

いくら借入ではないとはいえデリケートなお金の問題。

キャリア決済現金化を利用していることは秘密にしておきたいですよね?

誰にも知られることなく現金を工面できることも借入より優れたポイントの一つといえます。

支払いは携帯電話料金と合算

商品の購入代金は携帯電話料金と合算して請求されるため、支払いも携帯電話料金と一緒に引き落とされます。

貸金業者から借入をした場合、指定口座への振り込み作業などが必要となるため手間がかかりますよね?

また振り込みをするという行為そのものが家族にバレる原因にも繋がります。

携帯電話料金と合算して引き落とされれば、わざわざこちらから振り込みにいく必要がないので誰にもバレることはありません。

携帯電話料金を滞納しなければ普通に買い物しただけという見え方になります。

信用情報に傷がつかない

信用情報を使ったお金の貸し借りではないので信用情報そのものに傷がつくこともありません。

信用情報とは基本的に貸金業者や銀行などから現金を借りるときに活用されます。

キャリア決済現金化は直接お金を借りるのではなく、商品の購入と買取なので信用情報機関を通す必要はありません。

ただし商品の購入で利用したキャリア決済の請求を支払えないという状況が続けば、携帯電話会社を通じて信用情報に傷がつくことになるため、滞納だけは絶対にしてはいけません。

借入なんてもう古い!お金に困ったらキャリア決済を現金化

今やテレビCMでも当たり前のようにカードローンや大手貸金業者のプロモーションが毎日流れています。

一見いま流行っているのが貸金業者や銀行からの借入だと錯覚してしまいますが、これはメディアと貸金業者の操作によるもの。

お金に困ったときに一番手軽に手を出せるのが借入であるかのように思われますが、実は最も安全で気軽に利用できるのはキャリア決済現金化なのです。

それでは最後に、お金に困ったとき貸金業者を頼るデメリットとキャリア決済現金化を選択するメリットをまとめておきます。

貸金業者を頼るデメリット
  • 無審査、即日融資などの甘い条件は闇金業者の可能性大
  • 借りたときの利息が高額でいつまで経っても返済が終わらない可能性大
  • 職場や家族にバレる可能性がある
  • 追加の借入を誘うような営業がしつこくやってくる
  • 借りた時点で信用情報機関に掲載される
キャリア決済現金化のメリットまとめ
  • キャリア決済現金化は「お金を借りる」ではなく「お金に換える」
  • 借入ではないので審査はない
  • オンライン上での買取行為のため即日振り込みが可能
  • 商品の売買なので職場への在籍確認は不要
  • 信用情報機関も通さないので信用情報に傷つかない

これらを比較するとよりどちらの方法が賢明なのか明確に分かりますよね?

貸金業者を頼る前にキャリア決済現金化に目を向けてみましょう。

クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部は、キャリア決済現金化に関するさまざまな知識、携帯電話のお役立ち情報をいち早くお伝えするために日々活動しています。こちらの記事に対し、ご意見、ご要望など御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。お送り頂いた内容を確認した後、次回の更新時に反映させて頂きます。