キャリア決済現金化と借入の違いとは?現金化の正しい知識を身に付けよう

キャリア決済現金化と借入はお金を素早く用意できるという点で共通していますが、その仕組みは大きく異なります。

それぞれ違ったメリットやデメリットを持っているため、同様のサービスだと考えているのなら意図しないトラブルが起こってしまう可能性だってあるんですよ。

今回はそんなキャリア決済現金化と借入の違いについて詳しく解説していきます。

正しい知識を身に付けた上でキャリア決済現金化を利用しましょう。

キャリア決済現金化と借入の仕組みを理解しよう

手元に資金が無くてもお金が用意できるキャリア決済現金化と借入ですが、お互いシステムは大きく異なります。

どのような違いがあるのかをお伝えするためにも、まずは各サービスの詳細について説明します。

キャリア決済現金化ってどんなサービス?

キャリア決済とは携帯電話を利用して商品を購入し、その購入代金を後払いできるサービス。

多くの場合、ドコモなら「ドコモ払い」、auなら「auかんたん決済」、ソフトバンクなら「ソフトバンクまとめて支払い」といったように、携帯電話会社それぞれ専用のキャリア決済サービスを設けています。

最大の特徴はなんといってもその扱いやすさ。

利用限度額の設定状況は携帯電話会社ごとに異なりますが、上限5万円~10万円程の金額をキャリア決済で利用することが可能。

使用金額が限度額の上限に達しても翌月になれば金額はリセットされます。

またキャリア決済ならではの安全性も大きな魅力の一つ。

キャリア決済は専用のIDとパスワード、そして契約した携帯端末が必要となり、第三者の操作で意図しない不正利用が発生しにくい仕様になっています。

そしてこのキャリア決済の代金が後払いであることを利用し、インターネット上で商品の売買をおこない現金を得るのがキャリア決済現金化。

ゲームソフトやDVDをキャリア決済で購入し、オークションサイトなどに出品することで個人でもキャリア決済現金化をおこなえますが、専門業者を利用した方が買取率は高くなりやすい傾向にあります。

借入の基本的な仕組みについて

では、もう一方の借入はどのような仕組みでおこなわれているのでしょうか?

まず借入の定義ですが、その名の通り「金銭や品物を借用すること」

現代的な意味としては会社や個人が金融機関、業者からお金を借りることを指します。

借入の場合、後払いする形でお金を手にできるという点はキャリア決済現金化と共通していますが、以下の点が異なります。

分割で返済できる

キャリア決済では殆ど一括払いになるので、現金化するにしても計画的に利用しなければ翌月にそのシワ寄せが発生します。

しかし金融機関や消費者金融を利用する借入は分割払い支払日の指定が可能。

金額によっては長期的な返済計画を立てることもできるため、自分のペースや金銭状況に合わせた支払いがおこなえます。

支払いに利息(利子)がプラスされる

借入最大の特徴として挙げられるのが支払いに利息が付いてくること。

月々の返済は「指定した金額」、もしくは「指定された金額+利息」という形で支払うのが基本。

このような仕組みから支払総額はキャリア決済現金化を上回ってしまいやすい傾向にあります。

借入に対する審査が存在する

キャリア決済は一部例外こそありますが、支払料金の延滞などのような問題を起こさず長期的に携帯電話を利用していれば、年齢に応じてある程度の利用限度額が解放され、現金化もスムーズにおこなえます。

ですが借入で金融機関や消費者金融を利用する場合、利用者の信用情報や過去の借入履歴、延滞履歴が細かくチェックされる厳しい審査を通過しなければ現金を手にすることができません。

また借入に対する審査は年々厳しくなっている傾向にあります。

キャリア決済現金化と借入それぞれのメリット・デメリット

キャリア決済現金化と借入の違いについてはご理解いただけましたよね?

ではそれぞれのメリット、デメリットについても詳しく見ていきましょう。

メリット・デメリット

キャリア決済現金化のメリット・デメリット

キャリア決済現金化のメリット

まずキャリア決済現金化のメリットについて見ていきましょう。

素早く現金が手に入る

キャリア決済現金化業者は対応の早さを心掛けているため、申込情報に誤りがなければ現金を即日振り込んでもらえます。

支払いが簡単

キャリア決済で利用した代金は一部例外を除き、携帯電話料金と合算して支払うことになるのがポイント。

個別に支払いをおこなう必要がないため、意図しない滞納が起きたり請求書の多さに悩む必要はありません。

借入できない人でも利用できる

借入は機関や業者が定めた審査を通過しなければ利用できませんが、キャリア決済は携帯電話の契約がおこなえれば利用できます。

そのため借入できない人でもキャリア決済現金化を利用することができるのです。

ただし借入、携帯電話料金の支払いを過去に何度も延滞したことがある人は信用性が無いと判断され、携帯電話の契約そのものを断られてしまうケースもあるので注意しましょう。

キャリア決済現金化のデメリット

次にキャリア決済現金化のデメリットについて見ていきましょう。

分割払いできない

キャリア決済の仕組み上、分割払いがおこなえないのは利用者を選びやすいデメリットだといえます。

キャリア決済現金化を限度額の上限までおこなったとしても、翌月にしっかり支払えるのであれば問題ありません。

ですが携帯電話料金を滞納してしまえば携帯電話の使用自体に影響します。

契約直後の携帯電話では限度額が少額

キャリア決済現金化でまとまったお金を手にしたいと思っていても、契約してから間もない携帯電話では、キャリア決済で利用できる金額が大きく制限されており、高額な取引はおこなえません。

利用限度額の増額には各キャリア決済の規定に沿った契約年数や信頼性のある利用実績が求められます。

そのため携帯電話を契約して間もない人は、高額な現金化をおこなえるまである程度の期間が必要になります。

借入のメリット・デメリット

借入のメリット

それでは借入のメリットについて見ていきましょう。

利用できる金額が大きい

キャリア決済の利用限度額は最大10万円程度ですが、借入だと100万円に近い金額を希望することができます。

ただしその分支払いが厳しくなりますし、使用目的も入念に聞かれた上で審査されるので安易に高額な借入はしないようにしましょう。

長期的な借入ができる

キャリア決済の支払いとは違い、借入は分割支払いできるので長期的な完済計画を立てることが可能です。

借入のデメリット

次に借入のデメリットについて見ていきましょう。

信用情報は金融機関・業者で共有される

支払いの延滞履歴、借入データなどの信用情報は金融機関や消費者金融で共有されます。

複数の機関・業者に申込んだとしても、過去の支払いに関する延滞情報が共有されている関係で、全ての業者から借入を断られてしまうケースもあるので注意してください。

審査の合否は利用者以外の事柄も関係することがある

借入時の審査は個人だけでなく、家族や親戚の信用情報が原因で落とされてしまうこともあります。

審査基準は業者で異なる上に明らかになっていないケースが殆どなので、人によっては不便さを覚えることもあるかもしれません。

利息が付く分、支払い総額が大きくなりやすい

借入金額に応じて利息が付随する関係から支払総額が高くなりやすいのも借入時の悩みどころ。

長期的に分割払いしていた場合、その日数分の利息も付いてくるので注意が必要です。

支払いを個別におこなう必要がある

借入の返済は機関や業者の定める方法でおこなわなければいけません。

複数社から借入している場合、支払い方法で混乱してしまうこともあるため注意が必要です。

借金が溜まりやすい

前述してきたように借入の利息は支払いに負担が掛かりやすい要素です。

借入はある程度まとまった金額を手にすることができる反面、浪費しやすいリスクもあります。

返済計画通りに支払えず長期的に借金してしまう利用者も数多く存在するんですよ。

手軽さで選ぶならキャリア決済現金化

キャリア決済現金化

このようにキャリア決済現金化と借入にはお互いメリット・デメリットが存在します。

利用者の好みに合わせて選ぶのが一番いいのですが、手軽さという視点で考えればキャリア決済現金化の方が断然優れているのは間違いありません。

キャリア決済現金化は借入のように利息や審査(一部例外を除く)で苦しむこともありませんし、何より手続きが簡単です。

キャリア決済は後払いになるため翌月の支払いを考えておく必要がありますが、その点だけ気をつければ非常に有意義な現金化をおこなえるでしょう。

本記事の内容を踏まえ、この機会にキャリア決済現金化を利用してみては如何ですか?

クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部
クイックチェンジ編集部は、キャリア決済現金化に関するさまざまな知識、携帯電話のお役立ち情報をいち早くお伝えするために日々活動しています。こちらの記事に対し、ご意見、ご要望など御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。お送り頂いた内容を確認した後、次回の更新時に反映させて頂きます。